ウォルテニア戦記 27
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ウォルテニア戦記 27

ウォルテニア軍に迫る難敵! 亮真の銘刀「鬼哭」が唸る!!
保利亮太 (著) / bob (イラスト)
シリーズ:ウォルテニア戦記(HJ NOVELS)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

ウォルテニア軍に迫る難敵!
亮真の銘刀「鬼哭」が唸る!!

ブリタニア王国、タルージャ王国との泥沼の戦いに引きずり込まれようとする、御子柴大公ひきいるローゼリア王国軍。
優勢に戦いを進める亮真だったが、敵軍として姿を現したのはタルージャのさらに南方からやって来た「マニバドラの民」だった。
これまで見たこともない彼らの戦術に動揺する亮真の軍。果たして反撃の術(すべ)はあるのか?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • こも 零細企業営業

    御子柴亮真を抹殺するため、須藤の部下となった元警官の楠田が組織の手駒を使って亮真をミスト王国に誘き出し、約30万の軍勢を亮真に肉薄させた。だがそこは御子柴亮真。大軍が包囲網を形成する前に連合軍の切り札、戦象部隊を壊滅させ、軍を率いている将軍を1人を討ち取り、もう1人は手傷を負わせて退かせて自国のローゼリア国王へと退却して行った。でも、御子柴軍を狙う大軍はまだ多く残っており、ローゼリア王国は存亡の危機。その起死回生の策を亮真は思いつき、飛鳥のツテを使って動き出す。一方、須藤達は亮真を追い込んでワインを嗜む。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2024/06/19
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784798635071

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK