幼馴染は、にゃあと鳴いてスカートのなか 1
読みたい読んだ
読みたい

幼馴染は、にゃあと鳴いてスカートのなか 1

疎遠な幼馴染にネコミミが生えました。気ままな彼女とのふたりだけの時間。
にゅむ (イラスト) / 半田 畔 (著・文・その他)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • Amazonで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

 新しいクラスの名簿にあった『祭原牧』の文字。その名前の引力に、私はどうにも動けなくなる。牧は大切な幼馴染、だけどもう一年以上も口をきけずにいる。

(どうやって牧と話していたんだっけ……)
 同じ教室のすぐ近くにいる幼馴染との距離はとっても遠い。

 ある日、突然牧が家にやってきた。
「一歌、見てほしいものがある」
 その頭には、猫耳があって――
「なんか突然生えた」
 内面も猫らしくなった牧は、隣で寝転んで、身をすり寄せて甘えてきて、離れていた距離はあっという間にすぐそこに――。

 気ままな彼女とのふたりだけの内緒の時間。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK