恋する少女にささやく愛は、みそひともじだけあればいい
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

恋する少女にささやく愛は、みそひともじだけあればいい

彼女の綴る三十一文字は好きの溢れる愛言葉だった。これは恋に憧れる少女との甘い青春を描いた恋の物語。
畑野ライ麦 (著者) / 巻羊 (イラストレーター)
シリーズ:「恋する少女にささやく愛は、みそひともじだけあればいい」シリーズ(GA文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

高校生の大谷三球は新しい趣味を探しに訪れた図書館で、
ひときわ目立つ服装をした女の子、涼風救と出会う。
三球は救が短歌が得意だということを知り弟子として詩を教えてもらうことに。
「三十一文字だけあればいいか?」
「許します。ただし十万文字分の想いがそこに込められてるなら」
日々成長し隠された想いを吐露する三球に救は好意を抱きはじめ、
三球の詩に応えるかのように短歌に想いを込め距離を縮めていく。
「スクイは照れ屋さんな先輩もちゃんと受け止めますから」
三十一文字をきっかけに紡がれる、恋に憧れる少女との甘い青春を綴った恋物語。

パートナーのおすすめレビュー(宣伝)

  • 三十一文字で切り取った「ただの日常」、スクイさんには「特別」に見えるようで…?

    つむぎ
    つむぎ
    GA文庫大賞<金賞>受賞作は、短歌を題材にした青春小説ですよ!

    ずっと続けてきた野球を怪我で諦めたサンタさんは、短歌作りには自信があるというスクイさんと出会います。何か新しいことを始めたいというのもあって興味を惹かれた彼は、彼女に弟子入りするんですよ。

    初めての短歌を作るうちに、言葉にできない野球への思いにくっきりと形を与えられたサンタさん。その凄さに気づいて短歌づくりに取り組むものの、初心者ゆえに日常の一コマを切り取っただけのものばかりになってしまいます。特別な意味は何もないはずなんですが……スクイさんには、そうは見えないようですね。

    短歌は短い言葉にたくさんの思いを込めるもの。経験者のスクイさんは、彼の短歌も深読みしてしまうんです。しかもかなりのロマンチストな彼女は、何かと恋愛に結びつけがち。まったくそんな意図はないサンタさんと、想像を膨らませるスクイさんのすれ違いっぷりには、何度もクスッとさせられちゃいます!

    三十一文字という限られた字数の中で思いをやりとりする二人。時には真意が上手く伝わらないこともありますが、そのじれったさを交えつつ、少しずつ進展していく恋模様に引き込まれてしまいました!
  • サンタくんが好きで好きでたまらないスクイちゃんがとっても可愛いんです♡

    華恋
    華恋
    短歌が上手くなりたくて頑張るサンタくんには、頼れる先生が二人いるんです!

    スクイちゃんはサンタくんより一つ年下だけど、短歌に関してはあくまで師匠。ダメ出しもアドバイスもきっちりこなします。でもその一方で、短歌を心から楽しむサンタくんに恋しているのも事実。サンタくんの短歌を、自分への思いを書いたものだと思ってドギマギしちゃうこともあるんですっ! とっても恥ずかしがり屋さんなので、直接口にすることはありませんが、サンタくんへの思いが行動の端々からまるわかりですごくかわいいんですよお~!

    もう一人の先生はVtuberの詩歌マリアちゃん。スクイちゃんに負けないくらい短歌を愛している彼女は、リスナーから短歌を募集してるんです。何気なく投稿するサンタくんですが、彼女はたった一作の短歌から、顔も知らない彼の思いを的確に読み取っちゃうんですよ! さらにスクイちゃんに手直ししてもらった作品を送ってみれば「別の女の匂いがする」とまで!? あまりの勘の鋭さについ笑っちゃいました♪

    実は詩歌マリアちゃんの正体は、サンタくんの身近な人物。彼女に短歌を送っていたことで、スクイちゃんとの関係にも思わぬ影響が…? 波乱の恋の行く末も気になります!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 8
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    負傷で野球部を退部して新しい趣味を探す高校生の大谷三球。訪れた図書館で、ひときわ目立つ服装をした女の子涼風救と出会う短歌青春小説。救が短歌が得意と知った三球が、弟子として詩を教えてもらうことになりLINEで歌会グループで始めた日々のやり取り。一方、ネットで短歌を調べていた三球が知る短歌Vtuberの詩歌マリアの存在と手毬先輩との出会い。期せずして同時期に出会った3人の距離感とそれぞれが抱く何とも複雑な想いや事情があって、存在感があり過ぎる救の家の家政婦・詩織を絡めて描かれる青春模様は甘酸っぱかったですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    大怪我を機に青春を諦め新たな趣味を探す少年が、短歌に思う所のある少女に出会い始まる物語。―――みそひともじに思い込め、貴方の心へ届くよう。 短歌という中々見ない題材を切っ掛けに繋がり心近づけていく物語であり、もどかしくもこそばゆい、頬が緩むような恋路が繰り広げられる物語である。その関係に、今は名前はないけれど。心の根っこ、深い所で繋がって。果たしてこの先、二人の関係はどんな方向へ進むのか。みそひともじに思いを込める二人の会話に、どんな感情の色が色づいていくことになるのか。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ほたる

    きっかけは些細なことだって良い。みそひともじの言葉を交わす日々が、愛おしくて楽しくて仕方がない。劇的なことが日々に起こるのも良いかもしれないけれど、こうしてちょっと険しい山を一緒に乗り越えられるだけで嬉しいもの。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • とってぃー

    感情の触れ方と賑やかな掛け合いが良い!三十一文字の短歌が繋ぐ恋物語。短歌という一見古風なものをSNSや配信の現代物で繋ぐという形式が刺さった!離れていても直接でなくても伝わるという点が好き。この形式を上手く活用したラストの展開は感動モノですよ…。キャラは主人公とヒロイン以外にも短歌VTuberやヒロインの家のお手伝いさんが登場し、賑やかにしてくれたり、時に道標になったりと存在感がすごかったです。大切な人のために動く姿や自分の在り方のために葛藤する彼らの今後がみたいですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク@ぼっち党員

    読む君の顔を浮かべて編む言葉、三十一文字に忍ばす思い。怪我で野球を断念した少年が、短歌に詳しい中学生と出会ったことで始まる師弟関係。文字情報を好む身として、とても面白かった。255文字で伝えるのも大変なのに、それより少ないとなると気持ちを全て伝えるのは難しい。でもその分、試行錯誤し短い文章の中に詰め込まれた思いが心を揺さぶるんだなぁと思えた。直接会って教えるのではなく、画面越しにというのも短歌の歴史と現代らしさを組み合わせた良い演出。短歌も恋愛も、本当に楽しめた。今後も二人の成長を見届けていきたい。期待! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2024/07/14
  • 定価
    770円(本体700円+税)
  • ISBN
    9784815626297

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK