杖と剣のウィストリア グリモアクタ -始まりの涙-
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

杖と剣のウィストリア グリモアクタ -始まりの涙-

TVアニメ化決定の大人気コミック前日譚を原作者大森藤ノ自らノベライズ!
大森藤ノ (著者) / 夕薙 (イラストレーター) / 大森藤ノ (原作) / 青井聖 (原作)
シリーズ:「杖と剣のウィストリア」シリーズ(GA文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

それは、物語の始まりを告げる『涙』――
6年前、魔法学院1年生の『前日譚』開幕!

「一緒に『至高の五杖』になって、夕日を見に行こう!」
二人の約束を胸に秘め、ウィルは幼馴染のエルファリアとともにリガーデン魔法学院に入学を果たす。
巡り合うのは様々な魔導士達。そんな中、エルファリアは魔法の才を認められ、瞬く間に魔法世界を束ねる『塔』のスカウトが届く。一方、ウィルは己に才能がないことを知り、少女と引き裂かれてしまう。そして絶望する少年は――剣を執る。
「『塔』に……エルフィのところに、行くんだ」
『杖』を掲げる魔法至上主義世界に今、異端の『剣』が産声を上げる!
大人気コミックの前日譚を原作者自らが描く至極のノベライズ、始動!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    「一緒に『至高の五杖』になって、夕日を見に行こう!」幼馴染エルファリアとともにリガーデン魔法学院に入学を果たしたウィル。魔法至上主義世界に生まれた異端の『剣』の前日譚。学校で巡り合う様々な魔道士候補たち。そんな中で魔法の才を認められ、瞬く間に魔法世界を束ねる『塔』のスカウトが届くエルファリアと、彼女の欺瞞が暴かれてどん底に突き落とされるウィル。執拗に虐げられ心折られかけながらも約束を果たすために諦めず、剣をふるい続けた彼の想いがあって、彼女の窮地を救って垣間見せてくれた可能性には心震えるものがありました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こも 零細企業営業

    面白い。皆が魔法が使え、魔法が強くないと認められない世界。そんな世界で魔法が使えない主人公ウィル。生まれ持っての才能らしく、どんなに頑張っても魔法が使えなかった。だが、そんな彼は陰謀に巻き込まれ、幼馴染のエルフィとリガーデン魔法学院に入学する。エルフィはウィルと共に居るために色々と頑張ったが、、その後、ウィルはエルフィの隣に立つために努力するが、魔法学院では魔法が全て。何も評価されない彼は、ダンジョンへと潜り魔物を剣で屠る。そんな彼にも秘密の力が眠っており、、その代償がまたエグい。漫画買って読もう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク@ぼっち党員

    マンガを読んでなくても楽しめるけど、マンガを読んでいた方が楽しめるのは間違いない。自分は途中までしか読んでいなかったので、続きを読みたくなった。ウィルとエルフィはお互いを本気で思い合う素敵な関係ではあるはずなんだけど、それ以上にツラいよなぁ…。大切な者を守るために、大切な者ですら手放さなければならない過酷さ。この世界、想像以上に詰みかけてるな…。《剣》と《杖》は悲願を成し遂げ、再び共にあることができるのか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 本編コミックの前日譚、というか本編が6年生で小説は入学当初なのでだいぶ前ですね。ウィルの秘密や動機、エルファリアのバックグラウンドが明らかになって、キャラクターの解像度が一気に上がりました。本編読み返したくなります。コレットとの関係もまだ不十分ですし、ルームメイトのロスティや使い魔のキキは全く出てきません。もう何冊か前日譚シリーズが刊行されそう…。ダンまちの本編か外伝の方を先に進めて欲しいです…!こっちもかなり面白いんですけどね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こうじ

    漫画は最新話まで読み、この前日譚も読了。 漫画序盤の印象だと、超絶天才のエルフィがウィルを置いて行って、塔最上階で待ち続けているだけ…といった印象でしたが、そこにどんな物語があったのか、そして予想以上にエルフィがウィルのことしか考えていなくて、ウィルのことを想って塔に登りマギアウェンデになったということがわかって面白かった。 また、ウィルの隠された能力について原作では明かされていない代償が判明した。 原作ではその代償をエルフィが気にしている様子は無いため、既にウィルの成長によって克服済みなんですかね? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2024/07/14
  • 定価
    792円(本体720円+税)
  • ISBN
    9784815626396

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK