双子まとめて『カノジョ』にしない? 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

双子まとめて『カノジョ』にしない? 3

<重版続々!>双子たちと訪れる、海と水着の夏休み!
白井ムク (著者) / 千種みのり (イラスト)
シリーズ:双子まとめて 『カノジョ』にしない?(富士見ファンタジア文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

コミカライズ「アライブ+」で大好評連載中!
CV:青山吉能、田中美海のPV公開中! 公式X @jitsuimo

ーーー
 千影・光莉と付き合い始めて、初めての夏休み! 
海と山に囲まれた別荘へ、3人だけの旅行に出発。
猫と双子の伝説にまつわる町で、人目も気にせずやりたいことをアクセル全開!

「私が眠るまで手を繋いで、あとちゅーしていただければ」
 千影。ドキドキして眠れないからって、もっと無理なやつ……

「お風呂、広いし一緒に入ろ! バスタオル取っちゃうね」
 光莉。下は水着を着てるよね? えっ、着てな…!?(お楽しみに)

 普段できないことを思う存分楽しんでいたら、柚月と真鳥先輩というまさかの組み合わせの2人に遭遇!? 
ネコミミ姿で働く海の家を手伝うことになって……刺激的なイベントの連続!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 4
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    千影・光莉と付き合い始めて、初めての夏休み。海と山に囲まれた別荘へ3人だけの旅行に出発する第3弾。猫と双子の伝説にまつわる町・双子子へ向かう行きの電車で両肩に頭を乗せて寝入る双子だったり、彼とお風呂に一緒に入ろうとする双子にドキドキさせられながら、3人で猫いっぱいの街を満喫する中で猫が苦手な様子を垣間見せる千影。咲人の幼馴染・柚月や真鳥先輩との思わぬ再会や、彼女たちと一緒に猫耳姿でバイトを手伝う様子も微笑ましかったですけど、千影の過去を掘り下げながら意外な相手と仲良くなっていく展開もなかなか良かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    千影と光莉と三人で別荘地に旅行に行く中、千影の抱えている思いに触れていく今巻。 ―――抱えた気持ちの形、それは彼らと同じ形。 不思議な伝説のある別荘地で柚香や真鳥と出会ってドタバタしたりする中、千影の思いに触れていく巻であり。彼女と絆を深めていく、少し不思議な中に面白さあふれている巻である。知った事で絆を深め、また三人で仲良くなって。その裏で柚香の割り切れぬ思いは、咲人の知らぬ所で燻っている。きっとそれはいつか触れねば進めぬ問題。それに触れる時、双子はどう行動するのか。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • leo18

    夏休み旅行編。双子との夏のイベントやイチャイチャ具合は良かったものの、思わせぶりな柚月の話や猫を絡めたエピソードはストーリーとしては弱めだったかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • rotti619

    双子の両方と付き合うお話第3巻。叔母の別荘へ3人で水入らずの旅行だったのが、海の家には真鳥先輩たちが困っていて…という流れで、ややオカルト要素も交えた内容となっている。咲人が双子と付き合っているのは秘密の状態なのだが、幼馴染の柚月からどっちが本命か疑われたり、真鳥先輩は相変わらず真鳥先輩だったりと色々ありながらも基本は双子とのイチャコラがメインとなっている。海の家では全員ネコ耳(咲人含む)を付けたりと、暴走気味なノリが続くのかと思いきや、最後にきっちり全部回収されていたのは上手かった。引きもお見事。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク@ぼっち党員

    双子と一緒に双子に関する伝説が残る双子子町へ。全体的に泣きゲーの舞台っぽい感じで、少し不思議な要素もあり。でも基本的にはイチャイチャがメイン。場所が変わっても愛情は変わらず。開放的な雰囲気のおかげか積極性は増している。特に千影の行動は、光莉に押されたとはいえ今まで以上に積極的。自分の魅力を自覚していない分、光莉より危険なのでは? 猫にまつわる話も過去を精算できたようで良かった。この旅で近づいた距離が日常に戻った時にどう影響するのか。もう双子の心情的に隠せそうにないし、双子ハーレム公言してもいいんじゃない? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

関連情報

ファンタジア文庫『双子まとめて 『カノジョ』にしない?』キミラノ試し読み

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK