母をたずねて、異世界に。~実はこっちが故郷らしいので、再会した家族と幸せになります~ 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

母をたずねて、異世界に。~実はこっちが故郷らしいので、再会した家族と幸せになります~ 2

竜の背に乗って異世界の街へ。心温まるスローライフファンタジー、第二弾!
藤原祐 (著者) / しの (イラスト)
シリーズ:母をたずねて、異世界に。(電撃の新文芸)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

再会した母さん(魔女)と幼馴染(エルフ)との異世界生活も落ち着いてきた。
ご近所に住む気さくなドラゴンさんの背中に乗せてもらって、いざ街へ!

亡き父の知り合いにあたたかく迎えられ、トリケラトプスそっくりの甲亜竜・ポチも新たな家族の一員に。

森に戻って順調に開墾を進めていたところ――街で出会った友人達が強力な魔物に襲われピンチだとの報が。
規格外の魔力と父から受け継いだ魔剣で、窮地を救いに駆けつけます!
さらには、異世界では未発見だった「旨味」の概念を使い、冒険者たちの食生活改善にも貢献して!?
のんびり気ままなスローライフを送りつつ、家庭料理でささやかに飯テロしつつ、異世界の人々も幸せにしていきます。

父さん、僕、この世界でやりたいことを見つけられそうな気がするよ。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 藤崎

    ほのぼの異世界ライフ(ただし詠唱はしっかり出る)、第2巻。今回は竜や冒険者の街が登場したりして世界を広げつつ、地に足をつけた自然体で大騒動。後犬可愛い。トリケラトプスに触りたい。そして今回個人的にものすごく興味深かったのが、嫌な人の不在、具体的にはコンソメにぎゃふんしてる王様たち。普通にいい人たちなのでざまぁ感はなく、むしろコミカルさが増してる塩梅で、定番の構図から悪意を抜いてなお面白さを表現できる、みたいな手腕がなんともはや。考えてみればこれ、この作品全体にも言えるかなと。そんな感じで、次回も楽しみです 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2024/05/17
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784049156072

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK