骨姫ロザリー 1 死者の力を引き継ぐ最強少女、正体を隠して魔導学園に入学する
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

骨姫ロザリー 1 死者の力を引き継ぐ最強少女、正体を隠して魔導学園に入学する

――この少女、可憐にして最強
死者を操る最強少女の華麗なる無双ファンタジー、開幕!
朧丸 (著者) / みきさい (イラスト)
シリーズ:「骨姫ロザリー」シリーズ(オーバーラップ文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

――この少女、可憐にして最強
死者を操る最強少女の華麗なる無双ファンタジー、開幕!

“魔導”と呼ばれる異能を持つ魔導騎士たちが支配する世界。
人々に忌み嫌われる“死霊騎士”の属性を持つ少女・ロザリーは、死体から情報を得る仕事をさせられていた。
しかし、かつて最強と謳われた死霊騎士・ヒューゴの死体と出会い、強大な力を引き継いだことでその運命は一変!
覚醒したロザリーは居場所を求めて、自身と同じ“魔導”を持つ者たちが集う学園の入学試験を受ける。
死霊騎士として迫害されぬよう目立たないつもりが、実技試験でうっかり周囲を蹴散らし、その可憐な見た目と実力で世間に名を馳せてしまい――!?
死者を操る最強少女の華麗なる無双ファンタジー、開幕!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    魔導と呼ばれる異能を持つ魔導騎士たちが支配する世界。死霊騎士の属性を持つ少女・ロザリーが、かつて最強と謳われた死霊騎士ヒューゴの死体と運命の出会いを果たすファンタジー。霊が見えるゆえに人々に忌み嫌われ、死体から情報を得る仕事をさせられていた時に、ヒューゴから強大な力を引き継いだことで覚醒するロザリー。居場所を求めて真の力を隠して魔導学園に入学し、実力を認められかけがえのない仲間にも知り合えた彼女が、大切な人たちの危機に立ち向かった覚悟が光りましたけど、正体を知られてしまったロザリーの今後が気になりますね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    死者の声を聞ける少女が、死霊術士だった骨に出会いその力を継いで始まる物語。―――厳しさあふれるこの世界、一番の味方は傍らの骨。 歪んで荒んだ環境にいたけれどその純粋さを失わず。しかし死を操るからこそ時に容赦なく。そんな彼女が力をつける為に学校に通う中、社会の縮図にもまれながらも友達を作り力をつける、骨が太目な面白さに溢れている物語である。始まって早々露呈してしまった秘密。王族からも注目され、いつの間にか中心に押し上げられていく中、少女は研修先で何を学ぶのか。生き残れるのか。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク@ぼっち党員

    死霊術の力に目覚めた少女が忌み嫌われる力を持って敵を討つ。ロザリーは過酷な運命に置かれているけど、善良で感性も曲がっていないので普通に学園生活を送れる。友達とのやり取りとかを見ても協調性も共感性もある。それはそれとして死の力を操っているので、必要な場面で人を殺めることにためらいはない。そのギャップが魅力に繋がっていたと思う。しかし死霊術が行使された戦場、仮に生き残ってもトラウマで二度と戦場に立てなくだろ…。隠せないほどの大きな力が、学園を飛び越えて国をどう変えていくのか。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK