ソードアート・オンライン 28 ユナイタル・リング
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ソードアート・オンライン 28 ユナイタル・リング

再会と新たな出会いが待つ《ユナイタル・リング》編、第七章!
川原礫 (著者) / abec (イラスト)
シリーズ:ソードアート・オンライン(電撃文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

 キリトvs謎多き《銃使い》イスタル。アリスvs皇帝アグマール。宇宙軍基地とセントラル・カセドラルを舞台に繰り広げられる戦いが激化していく中、かつての《アンダーワールド》の守護者たちが、ついに覚醒する。
 整合騎士第二位、ファナティオ・シンセシス・ツー。そして《いにしえの七騎士》が一人、その名は――。
 一方、現実世界の明日奈にも、思いがけない再会が訪れる。
「……ごめん、アスナ。二年間、一度も連絡しなくて」
 新たな出会い、そして再会が待つ《ユナイタル・リング》編、第七章!

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 8
    読みたい

みんなからのレビュー

  • こも 零細企業営業

    物語の舞台が再び広がった。キリトとアリスをはじめとする登場人物たちが新たな敵と対峙する場面は緊張感に満ちていた。宇宙軍基地とセントラル・カセドラルを舞台に展開される戦闘シーンは、読んでいて心が躍った。それぞれのキャラクターが直面する困難に立ち向かう姿には、勇気を獲得するものがあった。しかし、現実世界とアンダーワールド、そしてユナイタル・リングという三つの世界が絡み合う展開は、時に追いかけるのが大変だった。それでも、それぞれの世界が影響し合う様は、このシリーズならではの魅力を感じている。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    現実、UW、そしてURという三つの世界を股にかけ、それぞれの目標に立ち向かっていくキャラたちの姿が実に頼もしい。今回は、UWでは古の整合騎士イーディス・シンセシス・テンが解凍され、そして現実世界では、アスナの同級生でSAOサバイバーのミトこと兎沢深澄がアスナの前に姿を現します。イーディスはアプリ未プレイなので?な感じですが、ミトは劇場番プログレッシブでなじみがあるので登場に感激。さてURとUW双方を行き来できるのは、キリトたち限られたプレイヤーのみのはず。だとしたら、最後に登場した彼女の正体は誰なのか…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ぽてち

    ユナリン7巻目。前巻を読んだのが昨年4月なので1年2ヶ月振りの再会である。あとがきによれば1年8ヶ月空いたそうだ。現実、アンダーワールド、ユナリンと、3つの世界を舞台にして大勢の登場人物が躍動する本作だけに、おっさんが読むには致命的な遅さだ。そもそも冒頭の1行「助けに来たぜ、エオ」から意味不明。マジで1冊飛ばしたかと思った。その後も誰?何処?何?が続く。まあ、わからないなりに楽しく読むことはできた。UW以上の大作となりそうなので、リアルタイムでついていきたい。映画版SAOPのあの人が登場して嬉しかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★面白い。面白いんだけれども、著者の悪い癖がかなり色濃く出てしまっているなという印象を受けた。エオラインの窮地になんとか間に合ったキリトだったが、皇帝アグマール側も配下の命を厭わない機竜突撃によってセントラルカセドラルと機士隊本部の両面に攻勢をかける。そんななか、いにしえの七騎士の一人が目覚めて…というアンダーワールド側に重きを置いた内容。今回のラストの展開で、ようやくアンダーワールドとユナイタルリングを同時進行する意味が見えてきたように思うものの、2つのVRワールドと現実世界をいったりきたりする 続きを読む…

    ネタバレあり
  • らいおねる

    前巻を読み直してからでないと繋がりと状況がわからないくらい新刊出るのが長かったのは流石につらいです。一番初めに読んだラノベなので思い入れはひとしおです。正直、どっちかの世界に集中してくれとか登場人物が多すぎて把握しきれないとかあるんだけど・・・やっぱ好きなんですよね。映画も観に行ったのであれ?なんか設定おかしくないという人物もいたのですがそういう配慮だったんだと後書きでわかります。そういえばプログレッシブの設定もパラレルに近いものもありますしね。うん、思い出した。プログレッシブが一番読みたいんですよ! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2024/06/07
  • 定価
    748円(本体680円+税)
  • ISBN
    9784049155563

関連サイト

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK