魔弾の王と叛神の輝剣 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

魔弾の王と叛神の輝剣 3

エレンに続いて戦姫となったリュドミラはアーケンの使徒を退けた。一方ティグルは追手を振り切り、エレンたちのいる西へ向かう。
川口士 (著) / 美弥月いつか (イラスト)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • Amazonで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

エレンに続いて戦姫となったリュドミラは、アーケンの使徒メルセゲルを退けた。
だが、アーケンは二本の竜の牙を手に入れ、神を超える力を求めて、使徒たるセルケトを器として降臨の準備をはじめる。
一方、ついにアーケンの支配から脱したティグルは追っ手を振り切り、エレンたちのいる西へと馬を走らせる。
ヴォージュ山脈の南でアーケンの強さの秘密を知ったエレンたちも、拠点であるヴァンペールへの帰路を急いだ。
再会を果たしたティグルたちはジスタート軍を率いてシレジアへ向かい、キュレネー軍とアーケンに最後の決戦を挑む。
ティグルたちは世界を覆い尽くす絶望の暗雲を払い、未来を切り開くことができるのか。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    エレンに続いて戦姫となり、アーケンの使徒メルセゲルを退けたリュドミラ。一方、ついにアーケンの支配から脱したティグルは追っ手を振り切り、エレンたちと合流を目指す第3弾。二本の竜の牙を手に入れ、神を超える力を求めてセルケトを器として降臨の準備を始めるアーケン。その強さの秘密を知りヴァンペールへの帰路を急ぐエレンたちとティグルの合流とキュレネー軍とアーケンに挑む最後の決戦。アヴィンやミル、セルケトやディエドたちもいい感じに効いていましたし、さすがに今回のティグルは難しい立場でしたがこれはこれでらしい結末でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 彼方

    アーケンの支配を脱したティグルは、エレン達と合を目指し西へと馬を走らせる。竜の牙を喰らい更に強大な力を得ようとするアーケンに対し、ティグル達はティル=ナ=ファの降臨を目指すが…叛神の輝剣、完結。洗脳されたキュレネー軍を打ち破る戦記モノな辺りは良かった…アヴィンとミルといった別の世界の縁者。世界が滅ぶかの瀬戸際でもティグルの狩りを承る自己の再確認であったり、セルケトの野望と悪堕ち的な挿絵が中々印象的だったりと…地道な戦いや人間関係の妙が好みなのでそこは満足。死よりも未来を見ているディエドも良いキャラでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みどり

    やっとのことで、アーケンから自分を取り戻したティグルと3人の戦姫が合流し、最後の戦いに挑む!という感じな終わり方。でも、ラストに意外な展開が待っていて、すんなりと行かなかったのが、かえって良かったかな。いろいろな「魔弾の王」を読んできたけれど、これは短いながらもダレることなくサクッと終わったので良し。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ささじー

    完結!他の世界の魔弾の王シリーズの後日談も含めている! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK