勇者殺しの花嫁 2 盲目の聖女
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

勇者殺しの花嫁 2 盲目の聖女

神々の花嫁アリシア、魔族と人間の真相に迫る!!
葵依幸 (著) / Enji (イラスト)
シリーズ:勇者殺しの花嫁(HJ文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

神々の花嫁アリシア、魔族と人間の真相に迫る!!

教会内で新たな連続暗殺事件が発生!! 犯人捜査と聖女護衛のため、アリシアと勇者シオンは聖都へ向かう。
そこで目にしたのは、噂通りの慈悲深い聖女の姿。シオンは不思議と彼女に惹かれていく。
一方、アリシアは暗殺者を名乗る人物から接触され、とある告発を受ける。
その真偽を調査すべく聖女を問い詰めるが、アリシアの前に立ちはだかったのは、まさかの勇者シオンで――
「それでもね、シオン、私は――、貴方に出会えてよかった」
少女の関係が大きく変革する、怒涛の第2巻!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    教会内で新たに発生した連続暗殺事件。その犯人捜査と聖女護衛のためアリシアと勇者シオンは聖都エルディアスへ向かい、魔族と人間の真相に迫る第2弾。世界で一番平和な街と言われる聖都で2人が目にする、噂通りの慈悲深い盲目の聖女ネヴィッサになぜか不思議と惹かれていくシオン。一方、暗殺者を名乗るヴェール・クロイツェンから接触されとある告発を受け、その真偽を調査すべく聖女を問い詰めるアリシアが思わぬ事態に直面する展開でしたけど、いろいろな意味で聖女の存在感が際立っていた中で、孤独な女王に対峙した2人の絆が印象的でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    聖女を護衛するために聖都へシオンと共に向かう中、魔族と人間の真相の一端が明かされる今巻。 ―――人か魔か、境界線は容易く崩れる。 前巻の怪我の治療でアリシアの身に変化が起きたり、慈悲深き聖女、ネヴィッサの護衛をしたりする中、聖都にて殺人事件が起きる巻であり、人の中にいる悪が牙を剥く中、シオンとの関係性に変化がある巻である。得てしまった変化、その力は正に魔の王のよう。そして枢機卿が姿を消す。まだまだ状況は予断を許さぬ中、アリシアの次の敵はどんな敵として現れるのだろうか。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 聖女改め性女さまは良いキャラしてる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • fad

    百合目当てで買った アリシアさんからシオンさんへの矢印が順調にでかくなっていってる感じなのがよかった 俺の人生で買った中で一番エロイ表紙を更新した 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 狗巻

    前巻以上に人間と魔族の対立について描かれていて、まさしくダークファンタジー!って感じ。主人公の語りは読みやすく、またバトルシーンは相変わらず熱かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2024/05/01
  • 定価
    748円(本体680円+税)
  • ISBN
    9784798635286

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK