すまん! クラスで人気の文学少女がスカートを短くしたのはオレのせいだ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

すまん! クラスで人気の文学少女がスカートを短くしたのはオレのせいだ

清楚な女の子がスカートを短くしたのは俺のせいだ
ヰ森 奇恋 (著者) / うなさか (イラスト)
シリーズ:すまん! クラスで人気の文学少女がスカートを短くしたのはオレのせいだ(富士見ファンタジア文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

清楚な文学少女が大胆に垢抜けしてアプローチしてくる甘々ギャップラブコメ、開幕!

古典的な服装と清楚で純粋な振る舞いによってクラスで絶大な人気を誇る文学少女・古川葉桜。一方で、気怠げで軽薄そうな見た目から「女を殴ってそうな男」としてクラスで避けられている俺には関係ないと思っていたのだが「理比斗くんが私をオトナにしてくれました!」今までと真逆な姿になった葉桜の一言により状況は一変した!
「理比斗くんはオシャレでカッコいいですし、他人を気にせず自分を貫き通しています……私の憧れるオトナそのものです!」俺のアドバイスで垢抜けた姿を恥じらいながらも、『皆みたいに恋愛したい』と俺に大胆なアプローチを繰り返す葉桜。更に彼女との仲が深まるにつれクラスにおける俺の扱いも変わってきて!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 4
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 佐倉惣五郎

    ★★★★☆ 三島由紀夫と石原慎太郎は「男はなんのためになら死ねるか」という問に、揃って「自己犠牲」と答えたと言います。自己犠牲とは男のナルシシズムの極致ともいえる気持ち良すぎる行為であり、またそれをボコボコに破壊してしまう、"男に恰好をつけさせない"のが、女の、ヒロインの役割なのです。  ……この作品、最初また低品質なラブコメ来たよと小バカにしながら読んでたら、あれ意外とヒロインかわいいなと思い始め、ラストには謎の爽快感が残りました。こんなに楽しい読書体験は久々。葉桜の言動にギャルがドン引きしてるの笑う。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK