ジュニアハイスクールD×D 転校生はサムライガール
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ジュニアハイスクールD×D 転校生はサムライガール

リアスが出会った中等部生はーー宮本武蔵の美少女子孫!?
東雲立風 (著者) / みやま零 (イラスト) / 石踏一榮 (原案・監修)
シリーズ:ジュニアハイスクールD×D(富士見ファンタジア文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

これはイッセーやリアスたちが、サイラオーグ・バアルとのレーティングゲームを制した直後に始まった物語。

宮本絶花。宮本武蔵の子孫である彼女は……剣に人生を振り回されていた。
その元凶は、子供の頃から彼女が持つ刀「天聖」。
この刀は意思を持ち、敵の胸から力を奪う。そして……

絶花の胸を育て、強さに変えるおっぱい好きな刀だった!?

子供のころの絶花は「天聖」と共に最強の剣士を目指し、類稀なる剣の腕を手に入れた。
強くなれば、人気者になれる。友達だってたくさんできると信じて。

しかし……現実は違った。強くなるほど、彼女は孤独になった。
今は戦国時代じゃない。剣が強くても、青春は手に入らない。

「おっぱいなんて大嫌いです! 私は普通の女の子になって、友達が欲しいんです!」

「天聖」が神器と呼ばれる武器だと知った絶花は謎を知るため、友達を作るために、駒王学園中等部の門を叩いた! 

そして彼女は出逢う……紅髪の悪魔リアス・グレモリーに。

おかしな先輩や同級生に囲まれ、剣の腕を見込まれ、駒王学園で青春をおくる新たな「D×D」ストーリー!

パートナーのおすすめレビュー(宣伝)

  • おなじみのキレッキレのギャグに熱いバトル! 最後まで興奮しっぱなしッス!

    ディアナ
    ディアナ
    あの「ハイスクールD×D」のスピンオフは、駒王学園の中等部が舞台! 宮本武蔵の子孫である剣術少女、絶花の物語ッスよ~!

    学園に転校してきた絶花は、神器と呼ばれる不思議な力を身に宿していたんス。そのせいで初日から英雄派と呼ばれる勢力に目を付けられてしまうんスよ。とある理由から剣の道を離れ、穏やかに暮らすことを望んでいた絶花だったんスけど、身に降りかかる危機に神器の力が発動! なんとおっぱいが光り輝いて、そこから日本刀が現れるんスよ! くぅ~これぞ「D×D」って展開でワクワクするッスね!

    彼女の持つ神器「天聖」は、相手の持つ乳エナジーと能力を奪う恐ろしい神器だったッス……! つまり絶花が戦えば戦うほどに乳エナジーを奪い、彼女は際限なく強く、そして巨乳になっちゃうんス!! あ~なるほど……そりゃあ戦いから身を引きたくもなるってもんッスよねぇ。

    このキレッキレのギャグ展開は、まさしく新たな「D×D」の系譜! もちろんギャグだけじゃなく、悪魔や堕天使が入り乱れるいつも通りの熱いバトルもたっぷりと楽しめるッス! 笑いと燃えのアクション青春学園おっぱいコメディは、最後まで興奮しっぱなしになれちゃうんスよ!
  • 普通の青春を謳歌したい絶花ちゃんだけど、世の中は彼女を放っておいてはくれないみたいなの

    綾乃
    綾乃
    充実した学園生活を送りたい絶花ちゃん。彼女の願いは平凡な女の子でありたい。そしてできれば友達がほしい。うん……とってもささやかなものだよね。でもハチャメチャな駒王学園での生活は、毎日がトラブル続きで気の休まる暇もないの!

    そんな時、絶花ちゃんが出会ったのは最弱の上級悪魔を名乗るアヴィちゃん。彼女はオカルト剣究部、通称オカ剣の部長で自分を助けてくれた絶花ちゃんに興味を持って、オカ剣に彼女を誘ってくれるの。そこからは部員集めに勤しんだり、ガールズトークに花を咲かせたり……。少しずつ青春を楽しめるようになっていく絶花ちゃんはとっても楽しそうで、よかったなあって思えるんだ。

    だけど絶花ちゃんを取り巻く状況は、普通の青春とはかけ離れていって…。駒王学園っていう環境は、神器を持つ彼女を放っておいてくれないのかな? 次はどんな事件に巻き込まれるのかって、心配になっちゃうよ~。

    でも、そんな彼女の前に現れたのが意外な人達! あのリアス先輩をはじめとした「D×D」の先輩達が力になってくれるの! こんなに頼もしい事ってないよね。「ジュニア」と「ハイスクール」のキャラが入り乱れる展開は「D×D」ファンも大満足間違いなしだよ!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK