他校の氷姫を助けたら、お友達から始める事になりました
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

他校の氷姫を助けたら、お友達から始める事になりました

他人に冷たい【氷姫】の心は、なぜか《お友達》の俺にだけ溶けていき──。
皐月 陽龍 (著者) / みすみ (イラスト)
シリーズ:他校の氷姫を助けたら、お友達から始める事になりました(電撃文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

 普通の高校生・海以蒼太が乗る電車には、他校の美少女が乗っていた。冷たい態度で他人を寄せ付けない【氷姫】──東雲凪。それが彼女の名前。ある日蒼太は彼女が痴漢に遭っているのを目撃し、勇気を振り絞って彼女を助ける。その次の日、彼の前に彼女が再び現れて……。
「電車に乗っている間、傍にいて……欲しいんです」
 友人がいないという彼女のお願いを断る事が出来ず、蒼太はそれを引き受ける。彼女にとって初めてで、たったひとりの"お友達"になる事を。
「一番は海以君って決めてましたから」
 世界でたったひとり、自分にだけ甘く溶けていく他人に冷たい【氷姫】。蒼太は彼女と"お友達"であり続けられるのか──。

みんなのデータ

  • 9
    評価する
  • 12
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    いつも同じ電車に乗っている他校の美少女で、他人を寄せ付けない氷姫こと東雲凪。そんな彼女が痴漢から救ってくれた海以蒼太に徐々に懐いていく青春ラブコメ。電車に乗る時に傍にいて欲しいというお願いを断れず、一緒に電車に乗るようになって徐々に交流が増えていく2人。想いを試された軽いジャブにカウンターで渾身の右ストレートをぶちかましてみせたり、そこからの甘えるようになってゆく彼女の変貌っぷりは圧巻で、だからこその急転直下の展開にはハラハラさせられましたけど、諦めずにぶつかって乗り越えてみせた2人の結末は良かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 和尚

    容姿と矜持から氷姫と呼ばれる東雲凪。そんな彼女を主人公の海以蒼太が電車で助けたことから距離が縮まり、氷の壁が解けて尊くなっていく様を見守る恋愛物語。 良かったです!文章のリズムも良くてすらすらと読めました。面白かった。 挿絵も綺麗でありコミカルでもあり文章と合っていて、ヒロインの氷が解ける様もとても良い。終わり方も綺麗で、友人たちのいい仕事も含めて、微笑ましく頬が緩む良作でした、優しい純愛もの好きの方には特におすすめ! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サキイカスルメ

    甘い!!一対一ラブコメとしての甘さの描き方がとても好き。イチャイチャ部分を永遠に眺めていたくなるって、恋愛作品では凄く大事なことだと思うんですよね。登場人物全員が優しい良い人たちで、嫌な気持に全然ならないのも良かったです。イラストも女の子の可愛さと、主人公の顔の良さが素晴らしかったです。みすみさんのイラストやはり良い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    いつもの通学電車で見かける「氷姫」と呼ばれる少女を痴漢から助けた少年が、彼女から傍に居て欲しいと言われ始まる物語。―――貴方だけ、自分だけ。ならばその特別を永遠に。正に砂糖100%、友達という言葉への概念が崩壊するかもしれぬ距離の近さで友達から始めていく物語であり、ゆっくりと深めた後最後は一気に距離を詰める、正に心に優しい甘さが尊い物語である。果たしてこの先、二人の関係はどこまで進んでいくのか。まだまだ色々あるだろう中、二人はやってくる試練をどう乗り越えていくのだろうか。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • rotti619

    他校でも有名な【氷姫】と呼ばれる東雲凪を電車の痴漢から救った事から交流が始まるボーイミーツガール物。ヒロインのピンチを救うのがきかっけという、舞台設定自体は珍しい物ではないのだが、主人公海以蒼太と凪が仲良くなっていく様が尊く、日本語の美しい表現・会話の1つ1つが非常に雰囲気をよく醸し出しているのが最大の武器。読んでいて自然と物語へ惹き込まれていった。ラストもこの物語ならではの決着となっており、全編通じて軸のぶれない内容だったのも評価が高い。この辺、みすみ氏のイラストも雰囲気作りに一役買っている。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2024/05/10
  • 定価
    770円(本体700円+税)
  • ISBN
    9784049153392

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK