ほうかごがかり 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ほうかごがかり 3

恐怖と絶望、そして熱狂。鬼才・甲田学人が贈る、新たなるメルヘン。
甲田学人 (著者) / potg (イラスト)
シリーズ:ほうかごがかり(電撃文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

僕らの手には『それら』と戦う力はない。だけど。

二森啓は思っていたのだ。もう自分は、いつ死んでもいい存在だと。
だがもう、それは叶わなくなった――。
大事な仲間を立て続けに失い、悲しみと絶望感に覆われた『ほうかごがかり』。そんな時に啓が示した明確な意思をきっかけに、『太郎さん』は隠された事実を明らかにする――「七人目の『かかり』だよ」
どうやら前年から『かかり』でありながらも、ずっと役割を逃れている人物がいるという。それを知らされた啓たちは……。
「…………ほんとに、あれがやってたことを引き継ぐのか?」 
理不尽、そして怒り。追い込まれていく子供たちの、死を決した闘いの記録。鬼才が放つ恐怖と絶望が支配する“真夜中のメルヘン”第3巻。

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • オセロ

    突如知らされた惺の死亡。 親友の死に報いる為に全ての無名不思議に立ち向かうことを決めた啓と彼の熱意に当てられた菊に本気で襲いかかる無名不思。壮絶で絶望的な戦いの結末は流石に予想外すぎですよ… 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    大事な仲間を立て続けに失い、悲しみと絶望感に覆われたほうかごがかり。啓が示した明確な意思をきっかけに、太郎さんは隠された事実を明らかにする 第3弾。太郎さんによって明かされる七人目のかかりの存在。前年からかかりでありながらも、ずっと役割を逃れていた人物と出会うことで明かされるかかりの回避方法と、啓に引き継がれる惺の想い。自分が死を軽く考えていたことに気付かされ、かかりを終わらせるために覚悟を決めた啓が直面する厳しい展開があって、絶望的な状況に追い込まれていく中で最後に救った意外な存在がまた効いていました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    全滅エンドも想定したが、それでも度肝を抜かれたのが惺の死亡である。まさかあんなり唐突で来るとは……絶望した怒りを叩きつけてもなお足りない理不尽さが染みる。 今作の主役が小学生なのは何といっても死に鈍感だからだろう。死に近いといっても良い。だから死の世界をあっさりのぞき込めるし、余計な余所見をしない。太郎さんが嘆いたのは子供たちの潔さなのかもしれない。 そんな子供をつなぎとめたのは母の愛とはベタだが良い。人間は脆いが愛は確かにある。こうやって希望を持たせるから次巻が気になってしまうわけだが。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 啓は生き残ったけど、かかりではなくなったから今回で終わりかと思ったら続くのね。てっきり全滅エンドだと予想してたけど🤣 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 唯月

    うわぁ…、そんな声が心の中で漏れる。なんだろう、満足感と絶望感がエグい。惺、死んじゃったのか、生き残ってくれると期待してたのに。啓は惺と亡くなったかかりの人たちの意思を引き継ごうと、学校全体を絵にする事を決める。一度記録者の名前を日誌に記入すると、怪異達が日常にも現れるため、啓は凄まじい恐怖に苛まれながら日々を過ごす事となる。そして菊もまた、自分を認めてくれた啓の役に立とうと全ての名無不思議を担当する。菊も啓を庇って死んでしまって、残ったのは啓一人(正確には七人目の由加志がいるけど)。コメントに続く。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2024/05/10
  • 定価
    770円(本体700円+税)
  • ISBN
    9784049152005

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK