捕食者系魔法少女
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

捕食者系魔法少女

蟲たちよ 喰らい、孕ませ、蹂躙しろ
バショウ科バショウ属 (著者) / 東西 (イラスト)
シリーズ:捕食者系魔法少女(KADOKAWA)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

人間を苗床に増殖する異界の怪物・インクブスの出現によって人類は絶滅の淵に立たされていた。彼らに対抗できるのは、超常の存在から力を与えられた魔法少女(ウィッチ)たち。女子高生の東蓮花もまた、数多の蟲を操る魔法少女・シルバーロータスへと変身し、日々怪物たちとの戦いを繰り広げていた。そんなある日、シルバーロータスはインクブスに襲われていた新米魔法少女のアズールノヴァを救出する。自身のファンを名乗る彼女との出会いにより、孤独なシルバーロータスの日常は徐々に変化し始めて――!? 蟲を操り、怪物を喰らう異端の魔法少女ダークファンタジー、開幕!

パートナーのおすすめレビュー(宣伝)

  • 「異端の魔法少女」が操るのは魔法でも武器でもなく…

    ディアナ
    ディアナ
    人間の女性を襲い、その生命力であるエナを糧とする異世界からの侵略者・インクブス。彼らに対抗できるのは、エナを装備や武器に変えて戦う魔法少女<ウィッチ>だけッス。彼女達は華々しい衣装と武器で戦うまさに正義のヒロイン。だけど蓮花はそうではない異色のウィッチなんス!

    蓮花の戦闘スタイルは使い魔の蟲を操ること。人間を上回る大きさの様々な虫達は、インクブスのエナを食らって増殖し、力を増していくんス。感情のない彼らに情けは一切ないんスよ。クワガタが鋏で首を絶ち切ったり、クモが毒を注入して体を溶かしたり……いや~やることエグいッスねぇ。

    さらに虫達は秘密裏にインクブスの体を苗床にすることで敵側の世界で繁殖し、彼らを襲うこともできるんス! 自分が立ち入れない異世界でさえ敵にダメージを与えるなんて、蓮花にしか思いつかない離れ業ッスよ!

    一般的な魔法少女とはかけ離れた方法でインクブスと戦う蓮花。虫達のあまりの気色悪さに見た者は口を噤み、時には蓮花自身もインクブスと間違えられるッス。でもその容赦のなさが誰より多くの敵を倒し、他者の命を救っているんスよ。どんな状況でも確実に敵を追い詰める蓮花は、異端のダークヒロインに惹きつけられずにはいられないッスね!
  • 敵に容赦なし。味方さえも誤解するほどの冷酷さの裏には、蓮花の愛情深さがあるんだ

    レオン
    レオン
    豊富なエナを持つウィッチは、インクブスの敵であると同時に上質な獲物でもある。インクブスに敗北すれば彼女たちは喰らわれ、悲惨な最期を遂げることになるんだ。ウィッチ達の苦しみを思うと、インクブスへの怒りが湧いてくるよ…。

    実は前世の成人男性としての記憶を持つ蓮花も、犠牲者に心を痛める分だけインクブスを深く憎んでいるんだ。だから絶対に手加減はしない。単独の敵には虫の群れを、敵の群れにはもっと大きな群れをぶつけて、一体も逃さず相手を倒す。その非情さは味方さえも恐れさせるから、誤解を生むんだ。

    だけど手段を選ばずインクブスを倒す蓮花の姿からは、他の誰かが傷つくくらいなら自分が汚れ役を引き受けようという強い覚悟を感じるね。できる限り人目を避けて行動するのも、周囲を不必要に怯えさせないための気遣いだし、本当はすごく情け深い人間なんだ。優しさ故にどこまでも冷酷になれるって、カッコいいなぁ。

    今のところはインクブス達を圧倒している蓮花だけど、彼らは多大な犠牲を出しながらも戦闘のたびに情報を集め、蓮花を倒す策を練っているようなんだ。今後も今までと同じようにいくとは限らない。常に不穏さと緊張感が漂っていて、蓮花の先行きが気になるよ。

みんなのデータ

  • 9
    評価する
  • 9
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    人間を苗床に増殖する異界の怪物インクブスの出現によって絶滅の淵に立たされている人類。超常の存在から力を与えられたウィッチが蟲を操り、怪物を喰らう異端の魔法少女ダークファンタジー。能力もバラバラで単独では非力なことも多く、時には蹂躙されてしまうウィッチ。そんな中で数多の蟲を操り次々とインクブスを屠っていく魔法少女・シルバーロータスである女子高生の東蓮花。大量の蟲を駆使するがゆえに仲間にすらなかなか姿を見せず神出鬼没で、狡猾なインクブスたち相手に駆け引きを繰り広げながら殲滅してゆくその姿はなかなか圧巻でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    ★★★★☆ 廃墟と化した旧首都の地下街で、決死の撤退戦を繰り広げる戦士達が次々現れる巨大な昆虫の群れによって一人また一人と恐怖の悲鳴をあげながら闇の奥へと引きずり込まれていき、大顎に身体を食い千切られ、消化液に内蔵を溶かされ、卵を植え付けられて苗床にされ、断末魔と共に消えていく絶望的な戦い。ここだけ見るともう完全にハリウッドのモンスターパニックスプラッターホラー映画。ただし蹂躙され虐殺されていくのは異世界からの侵略者。地球文明を崩壊させ人類を家畜として犯し弄び孕ませ壊して嗤う人の心を持たぬ魔物たち。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • あさい

    異世界の侵略者により地球が侵略者され人間が狩られ終末世界になりかけている。選ばれた少女が能力を獲得しウィッチになったが世界はともかく日本はウィッチの奉仕によりギリギリ日常生活を送れている。ハーメルンのWeb版の自動推薦から試しに読んでどハマリした。 主人公は自称女神からTS転生させられたが十六年経っているので順応していて今の生活が大切になっているのでTS的なお約束とかはない。日常を守るために虫を使って敵を捕食するというグロさという特殊性から魔法少女たちと馴れあわず単独で戦う。2巻の展開楽しみで続刊希望。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • セント

    良い 続きを読む…

    ネタバレあり
  • sakuuma_ROMer

    怪物には怪物をぶつけんだよ!とでも言わんばかりの魔法少女系異端作。 ニチアサ変身ヒロインものと青年向け魔法少女敗北ものの間を反復横跳びしつつ、それらを諸共呑み込むかの如くモンスターパニックが魔性のものたちに襲いかかる。 悪辣な魔物らが為す術なく蹂躙されていく姿は爽快極まりなく、そして巨蟲を統べる主人公・魔法少女シルバーロータスは禍々しくも美しい。 実に読み味の心地良い名作です。巨蟲らの挿絵が控え目だったのは少し残念ですが、その分虫恐怖症の方でも手に取りやすいかと思われます。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2024/03/29
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784047378469

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK