極めて傲慢たる悪役貴族の所業 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

極めて傲慢たる悪役貴族の所業 3

ルークの“本気”に世界が慄く! 剣聖祭に向けていざ帝国へ――
黒雪 ゆきは (著者) / 魚デニム (イラスト)
シリーズ:極めて傲慢たる悪役貴族の所業(角川スニーカー文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

氷竜を討ち従えた俺を讃え、パーティが開かれることになった。
「今すぐ戦(ヤ)ろうルーク!」「久しぶりルーク……その女(ヒト)、誰?」
エレオノーラにミアも参集するなか、母を誘拐したと宣う賊が現れ……あえてその言葉に乗り敵地を殲滅するも、黒幕の狙いはどうやら俺《ルーク》らしい。
続けざまにリリーも拉致されアベルが事に当たるが、リリー解放の条件は俺を殺害することで――。
その一方、帝国で開催される剣聖祭が間近に。本気で戦える場を渇望していた俺にとって、至上の機会だが――
開宴を前にエルフのテロ組織? 神聖国の暗躍?
どいつもこいつも羽虫のように鬱陶しい。邪魔するなら、ただ排除するまでだ。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    氷竜を討ち従えたルークを讃えてパーティが開かれることになり、エレオノーラにミアも参集するなか、母を誘拐したと宣う賊が現れる第3弾。黒幕の狙いはどうやらルークらしく、リリーも続けざまに拉致されたアベルに、リリー解放の条件として突きつけられたルークの殺害。一方、本気で戦える場を渇望していたルークが参加することになった帝国で開催される剣聖祭。エルフのテロ組織や神聖国の暗躍も絡めた状況で、ルークをライバルとして意識するアベルの成長が描かれていて、だからこそ全てを力でねじ伏せるルークの破格っぷりが際立っていました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こも 零細企業営業

    ミアがルークに陥落し、小説の主人公アベルが、リリーを人質に取られて、ルークを殺せと命じられてしまうが。ルークがアッサリ(力技)で解決。アベル、なんかライバルから舎弟に入ったポイ?残り3割が誰が勇者を殺したかの宣伝だったのが。。買っちゃったw 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    剣聖祭が間近に迫る中、ルークを狙う敵が本格的に動き出す今巻。―――叩き潰す、その裏に芽生えるのは憧れを超える思い。 黒幕が本格的に動き出しまごう事なき敵という実像を持ってくる中、本来の主人公であるアベルの成長回となる巻であり、ルークに強いあこがれを抱く彼が、ルークに危機感を覚えさせる力を発揮する、ライバルの本格的な目覚めとなる巻である。最強同士の戦い、その裏にあるのは国の思惑。面倒事が少しずつ集まり出していく中、ルークは今度も全部まとめて叩き潰す事は出来るのだろうか。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • とってぃー

    各所の思惑が混じり合う本巻。ぶっちゃけ人が多すぎてよくわからなくなった。これも伏線か…と思い読んでました。本巻は本来の主人公であるアベルの努力や心の内が多く語られ、ドMばかりでてくる本作で王道の良さを感じ取れました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク@ぼっち党員

    競い合える者がいるからこそ高みに辿り着くことができる。本来の主人公であるアベルの出番が多め。常にルークならどう動くかを考えてるレベルで意識していて、しかもヒロインズと違ってルークと対峙し、必要であれば剣を向ける必要もある立場。脳を焼かれている度合いであればヒロインズにも劣らない。アベルの成長が結果的にルークの目的にも繋りそうなので、何とか喰らいつけ。それ以外にも純粋に敵対する相手や実力者も出てきて、安泰ではなくなってきた? でもルークの力で全てを捩じ伏せる姿に期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK