死亡遊戯で飯を食う。 6
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

死亡遊戯で飯を食う。 6

「思い出せ。お前が本来、どういう人間だったのかを」
鵜飼 有志 (著者) / ねこめたる (イラスト)
シリーズ:死亡遊戯で飯を食う。(MF文庫J)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

私・幽鬼の前に現れたもう一人の私。
それは、常人離れした私の感覚が作り出した幻影だった。
彼女の言葉に導かれ、私は一回目のゲーム〈メイデンレース〉を思い出す。
今より単純だった当時の私は、ややこしい感情を抱くことなど、なかった。
あのときの自分に還れ――と幻影は私に迫り、襲いかかってくる。
幻ゆえにその攻撃を防ぐことはできず、反撃もすり抜けてしまう彼女への対抗策――それは〈ルール〉に従った〈ゲーム〉以外にありえないと考えた私は、全盲のプレイヤー・鈴々に連絡を取った……。
あるときはアスレチック場で。
またあるときは白い部屋で。
私と私は、死亡遊戯で飯を食う。

みんなのデータ

  • 9
    評価する
  • 8
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 雪紫

    電子書籍にて読了。幽鬼の最初のゲームと、今までのゲームによる幻影に悩まされるカウンセリング的ゲーム。最初のゲーム、「幽鬼。最初からオマエってやつは・・・(白目)。」って某場面も結末も同じこと心で呟いたのに、彼女の素性含めて意味がここまで変わるとは思いもしなかったよ(白目)。それとは別に過去、もしかしたらあのひとが関わってるのかな?とは思ってたけど、ゲームを乗り越える姿と手段にエージェント同様心配、ハラハラしっぱなしだった。最後、まさかそれを選ぶなんて・・・。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    度重なる心身の疲労から精神を乗っ取ろうとしてくる自身の幻影を見るようになった幽鬼。 そんな幻影との対峙を通じて自分との戦いに身を投じることになる今回の物語。 心身になってくれるエージェントの協力の元で繰り広げるられるデスゲームは強力な協力者と幻影による妨害と誘惑によって緊張感のあるものに仕上がっていましたが、ちょっと分かりづらかったかな。 ただ、エージェントと幽鬼との信頼関係が分かる展開はなかなか良かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    目の前に現れた幻影の自分により一回目のゲームの記憶を思い出す中、幻影の自分と鈴々が作った模擬ゲームで戦う今巻。―――かつての自分の幻影を越え、己の今の強さを示せ。 正にデスゲームの素質があり過ぎることを示した最初のゲーム。何も背負うものがなかった自分に戻ることが無いように、と幻影の自分と戦う巻であり、特異な経験を経て更に力高まる巻である。失う代わりに何かで自分を埋め、更に数を重ねていく。改めてゲームに挑む事を決めた幽鬼は、どんなゲームに挑んでいくことになるのだろうか。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 椎名

    今回はこれまでのデスゲームとはまた一味違う、「自分との戦い」。なんでもありに自分自身を殺そうとしてくる幻影を打ち負かすため、ルールを設けた偽のゲームが開催される。そしてそんな幽鬼のゲーム初参加時の姿と、エージェントさんがエージェントさんになるまでのことも描かれるという思ってもみない掘り下げが。弟子と師匠の関係といい、デスゲームと人間関係が密接にあるのがこのシリーズの魅力だ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 冬野

    シリーズ第6弾。ある人を喪ったストレスによる己の幻影に悩む幽鬼。紙幅は幽鬼対幻影の対決に大きく割かれているが、個人的には初回のゲームが印象的だった。最初から幽鬼はやっぱりまともじゃなかったというか、ゲームの捉え方が彼女らしいというか。そしてエージェントの素性には驚かされた。自らの亡霊との対決にけりはついたけれど、幽鬼は一体どこを目指してるんだろうな。彼女は階段をのぼってるわけじゃなくて、どんどん暗い方深い方へ潜っていってるんだよね。幽鬼は果たしてどこに行き着くのか…次からどうなるか、楽しみです。星:4/5 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2024/04/25
  • 定価
    726円(本体660円+税)
  • ISBN
    9784046835444

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK