小鳥遊ちゃんは打ち切り漫画を愛しすぎている
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

小鳥遊ちゃんは打ち切り漫画を愛しすぎている

放課後、部室で密かに行われるのは……打ち切り漫画批評!?
望公太 (著者) / 桶乃かもく (イラスト)
シリーズ:小鳥遊ちゃんは打ち切り漫画を愛しすぎている(MF文庫J)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

俺、月見里司は高校生で漫画家志望。大人気の漫画誌、週刊コメットの漫画賞で最終選考まで残った経験もあり、今日も今日とて漫画部部室で、デビューを目指してネームを悶々と考える日々……なのだが、異様なまでに打ち切り漫画を愛好している部の後輩の小鳥遊がいつもちょっかいを出してくる。「お前……結局趣味が悪いだけじゃねえか。デスゲームやってる貧乏人を、金持ちが安全圏から見て楽しんでる感覚かよ」「ち、違いますよ! 私が求めてるのは散り際の美しさです! 土俵際の美学です! 敗者の生き様です!」「ただただ人間として面倒くさいな!」漫画同好会部室は、相も変わらず他愛のない会話で溢れている。

パートナーのおすすめレビュー(宣伝)

  • 漫画を愛する二人の他愛もない軽快な掛け合いが心地いいよ

    綾乃
    綾乃
    小鳥ちゃんは、漫画が大好きな女子高生。放課後、漫画部に来ては部長の月見くんと漫画の話で盛り上がっているの。でも彼女の漫画の趣味はちょっと変わってて…。

    小鳥ちゃんは人気漫画には全然興味ないんだ。彼女がいつも愛読している漫画はどれも、打ち切られそうな漫画ばかり。月見くんは悪趣味って言うけれど、小鳥ちゃん曰く「打ち切られるか、継続かの境目で戦っている漫画が好き」なんだって!

    このお話は漫画業界をいろんな方向から掘り下げていくから、そういう視点でもとても面白いんだ。打ち切り漫画が時を経て復活するのを「死んだ人は生き返らない」みたいな独自の見解で語る小鳥ちゃんに「大人の事情があるんだよ」と現実的にツッコむ月見くん。ふたりの掛け合いは、テンポよくてずっと笑って読んでいられるの!

    どんな漫画も作者が苦しんで生みだした作品。それ故に、あっさり打ち切られることに納得いかない小鳥ちゃんの熱い思いは共感できたなぁ。面白くないと切り捨てるのは簡単だけど、そこに「打ち切られないように頑張る姿を応援する」という寄り添い方を見出す小鳥ちゃんはすごいね。漫画の楽しみ方の可能性をたくさん教えてもらったよ!
  • 本気で応援しつつもちょっかいをかけちゃう小鳥ちゃんと、真摯に受け止めてくれる月見くんの甘酸っぱい関係♡

    華恋
    華恋
    小鳥ちゃんが部室に来る目的は、打ち切り漫画愛を語りたいからだけじゃないようですよ?

    彼女のお楽しみは、漫画家になりたい月見くんを応援すること。月見くん作の漫画を読んでは「こんな打ち切られ臭がするクソ漫画が描けるなんて最高です!」って……その応援のされ方は複雑です~! でも後輩ちゃんからの愛も棘もあるメッセージを、月見くんも漫画制作の励みにしてるんですよ♪ 彼から「いつも意見をありがとう」と感謝された時には、小鳥ちゃんは目も合わせられないほど動揺しちゃってます! おやおや、かわいいところもあるじゃないですかぁ~。

    放課後には二人で漫画を買いにでかけることも! 小鳥ちゃんが嬉しそうにしているのは、漫画が手に入る喜びだけなんでしょうかね~。お目当ての漫画を探す本屋巡りの締めくくりは、ファミレスでの食事! ずっと幸せそうな小鳥ちゃんの姿に胸がキュンキュンしちゃいます~!

    小鳥ちゃんは漫画のことになると饒舌ですが、月見くんには素直な気持ちを言えません。彼も漫画には詳しいけど恋愛は奥手みたいで…。そんな二人が趣味を通して、ゆっくりと距離を縮めていく様子が甘酸っぱくてたまりませんよ♪

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 12
    読みたい

みんなからのレビュー

  • オセロ

    面白かったですね。 漫画家志望の高校生・夏目と彼の後輩で雑誌の巻末付近で打ち切りと戦う漫画をこよなく愛する小鳥遊(ことりゆう)ちゃんが繰り広げる談義は電子書籍やネット通販、漫画と小説の違いなど、具体的で多岐にわたって耳が痛いものばかり。そんな小鳥ちゃんが打ち切り漫画を愛する本当の理由が明らかになるラストの展開は若干面食らいましたが、たしかにこれは打ち切り漫画もその作者も愛しすぎですね(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★面白かった。プロ作家による短編WEB掲載の賞レース、第二回MF文庫J evoにてPV数1位となったことで長編化された作品。華々しく連載スタートしたものの人気が振るわず掲載順が下がり、それでもなんとかテコ入れして頑張った結果、数巻出して打ち切られるような作品をこよなく愛する小鳥遊(ことりゆう)ちゃんと、漫画の連載を目指してネームを練っている主人公とが、打ち切り漫画を中心にした漫画業界、出版業界についてただただ駄弁るだけの部活モノ。その偏執的なまでの愛と偏見にまみれた思考からくるイジリと、 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    漫画部部室でデビューを目指してネームを悶々と考える日々を送る漫画家志望の高校生・月見。彼と打ち切り漫画を愛好する後輩の小鳥遊の語らいを描いた青春小説。大人気漫画誌の漫画賞で最終選考まで残り担当編集がついたものの、ネームの調整に悪戦苦闘する月見と、打ち切り危機の漫画ばかり注目して熱く語る小鳥遊。漫画アプリで読めてしまう今の漫画事情にも切り込みつつ、メジャー作品派のギャル四月や興味を持てない東海先生といった様々な視点も描きつつ、最後に思ってもみなかったもうひとつのエピソードが明らかになる展開は面白かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 日坂愛衣

    最終章前の日常会話もずいぶん面白い気がすると思う、そしてラストのネタバラシはやはり凄いw 本当に小鳥遊ちゃんは打ち切り漫画もその作者さんも愛しすぎている。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    漫画部の部室、連載の為のネームを只管考える少年と、打ち切り漫画をこよなく愛する後輩が只管に駄弁る物語。―――例え負けの決まった輝きでも愛さぬ理由は何処にもない。 癖の強めな創作論もある中、部室で只管駄弁るだけという今の世の中では逆に珍しい面白さのある物語であり、だからこそほっとするような面白さがある物語である。衝撃的な秘密も明かされその先、二人で今度は変えられぬ結末を変えることは出来るのか。この先の未来にどんな景色が、今度は待っているのだろうか。是非それを見てみたい。 期待を込めて次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

関連情報

MF文庫J『小鳥遊ちゃんは打ち切り漫画を愛しすぎている』キミラノ試し読み

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2024/04/25
  • 定価
    726円(本体660円+税)
  • ISBN
    9784046835406

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK