放課後はケンカ最強のギャルに連れこまれる生活 彼女たちに好かれて、僕も最強に!? 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

放課後はケンカ最強のギャルに連れこまれる生活 彼女たちに好かれて、僕も最強に!? 3

学園を狙う裏組織。四大派閥総決戦! ケンカの力で彼女を救え!
亜逸 (著者) / kakao (イラスト)
シリーズ:放課後はケンカ最強のギャルに連れこまれる生活(富士見ファンタジア文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

<コミカライズ 月刊ドラゴンエイジにて超話題&大人気!>

「史季、一緒に買い物行くぞ」「うん、夏凛…」「声が小さい」
最近、夏凛の距離が近くてドギマギイベント多発!? 
きっかけは斑鳩派のナマイキ美少女・アリスからの休日のお誘いだった。
それに夏凛はヤキモチ気味なものの……本当は脅されて、賭けの対象として地下格闘技に出場させられただけで!?
(もちろん舐めてる相手を撃破して、破竹の連勝!)

ただ、地下格闘場で勝ちすぎたせいで、学園と敵対する半グレ組織「アウルム」に狙われ、小日向派もピンチに! 
多数の敵がひしめく乱闘を前に、学園全体を巻き込んだ決戦へ――!! 
彼女たちを守るため、史季はついに最強へと至る!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    一年生決定戦を乗り切った史季が、斑鳩派のナマイキ美少女・アリスに目をつけられ、思わぬ弱みを握られたことから思わぬ大騒動に発展していく第3弾。タイマンで様になってきた史季に集団戦闘のイロハを教えることにした夏凛たち。しかし史季はアリスに弱みを握られ、賭けの対象として開催される地下格闘技に出場させられ、勝ち過ぎたせいでその場を仕切る半グレ組織アウルムに目をつけられてしまう展開で、今回は本当にとばっちりでしたけど、多数の敵がひしめく乱闘展開もやはり熱くて、初々しい史季と夏凛の距離感の変化もなかなか良かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 霧月

    読了!地下核闘技場に関わった事により運営している半グレ集団に目をつけられてしまう史季。半グレ集団vs聖ルキマンツ学園にまで発展。そんな中、斑鳩先輩の喧嘩を買う史季。と、見どころたくさんだったけど、何よりも史季も夏凛の関係がどうなるのかが1番気になった(笑)今巻で学園編が終わって一区切り、売れ行き次第では、、みたいな事があとがきに書いてあったけど、続きが出てほしいなー。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク@ぼっち党員

    斑鳩派との派閥争いではない関係が構築されてる感じいいね。アリスに振り回されて地下闘技場へ参戦、それが回り回って学外まで広がる騒動に発展。最終的には三対数百の大立ち回り。結果的に苦手だった集団戦や痛みで止まらないヤク中など、貴重な実戦経験が積めたのでは。しかし史季はキック力よりも、体力と根性が初見殺しなんじゃないか? どれだけやっても倒れない相手とか目のあたりにしたらビビるわ。ドンドンケンカ慣れしているし、守りたい目標と好敵手まで見つかったなら、あとは登りつめるだけ。並び立つまで強くなれるのか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八千

    無事3巻目が刊行されて嬉しい。しかもこれまでよりも更に不良ケンカバトル成分が増して2~3倍くらいになっている印象で、これもまた個人的にとても嬉しい。序盤の地下闘技場の下りも楽しくてコレだけで一本読みたいくらいなのだが、後半に入ってからの半グレ組織を相手にして少数対多数の大乱闘、そしてボーナストラックみたいな四季VS斑鳩のタイマンバトルに至るまで、ヤンキー漫画や極道モノに胸がときめく男の子が大好きな浪漫が詰まりすぎてて堪らない。その合間に挟まるラブコメも邪魔になってないのがまた絶妙。もっともっと続いて。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • zingug

    これが最終巻でも違和感がない、集大成じみた内容。 集団戦のレッスンを受けてからの、地下闘技場から端を発する反社会組織との対決。学園そのものを敵に回したため、かつての敵が自然と仲間になる構図。 そして、夏凛とのラブコメも急接近。彼女に誇れる強さを求め、作中最強クラスのライバルとタイマンする。きちんと、前半にデートしてたのも良いな。 人間辞めたような描写まで出しちゃった以上、この巻を超える展開は至難の技だが、大丈夫か? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK