真の実力を隠していると思われてる精霊師、実はいつもめっちゃ本気で戦ってます 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

真の実力を隠していると思われてる精霊師、実はいつもめっちゃ本気で戦ってます 1

契約精霊を出さないんじゃなくて、いないんだよっ!――この精霊師、それでも強すぎる!?
アラサム (著者) / 刀彼方 (イラスト)
シリーズ:「真の実力を隠していると思われてる精霊師、実はいつもめっちゃ本気で戦ってます」シリーズ(オーバーラップ文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

契約精霊を出さないんじゃなくて、いないんだよっ!――この精霊師、それでも強すぎる!?
努力だけで最強をも凌駕する、逆勘違い無双ファンタジー!

契約した精霊の力を借り、人々を脅かす悪と戦う「精霊師」。
その育成機関であるユートレア学院2年生のローク・アレアスは、学年次席の実力を持ちながら未だ一度も契約精霊を出しておらず、「真の実力を隠している」と学院中の注目と評価を集めていた。
しかし、当のロークはというと――
「なぜ契約精霊を出さないかって? いない(・・・)からだよっ!」
彼の強さは唯一契約可能な微精霊を駆使した剣術や体術をひたすら鍛えた末に得たものであり、実はいつも死なないために必死に戦っていて……!?
そんな中、危険度が高い《ルナの遺跡》の探索メンバーに選ばれ……!?

パートナーのおすすめレビュー(宣伝)

  • 本当のことがバレたら退学!? 剣術・体術・知識を総動員で全力勝負ッス!

    ディアナ
    ディアナ
    契約精霊を呼び出して共に戦う「精霊師」。ロークはその育成学院に通っているんス。彼はそこで一度も自分の契約精霊を出すことなく、学年次席に上り詰めた実力者なんスよ! さすが能ある鷹は爪を隠すんスね~なんて思っていたら。

    ロークはただ単に、自分のまえに「契約精霊が現れなかっただけ」だったんス! その事実がバレたら、退学待ったなし! これだけでもヒヤヒヤなのに、周囲から「あいつはまだ真の実力を隠している」と盛大な逆勘違いをされちゃったんスよ。事実を隠すほど噂が大きくなって、余計言い出しづらい状況になっていくッス!

    だけど磨き上げた剣術と体術を駆使し、その場限りの仮契約をした微精霊を駆使する戦闘技術はハッタリじゃないッスよ! 火属性の攻撃に氷の刃を向けて相殺し、水蒸気で視界を相手の奪うなんていう策士っぷりにもシビレちゃったッスね!

    誰にも負けない霊力量ももちろん、独力で戦えるだけの剣術と本から得た知識で他の精霊師との能力差をカバーするローク。どんな状況でも自分の力のみで勝利をもぎ取る彼は、正真正銘最強の精霊師ッス! 勘違いが絡み合う物語は、真相を知っている側からしたらニヤニヤが止まらないッスよ!
  • ロークの周りには強くてカッコいいヒロインがたくさん! 彼女達が物語を盛り上げてくれるの!

    ノエル
    ノエル
    女王でありながら学院に通うミーシャは、生徒会長もやっているの。しかも学年1位の成績でとっても強いんだよ! 女王だけどみんなと同じ生徒として見てほしいみたいで、偉ぶったりしないからすてきなんだ! そんな誰もが憧れるミーシャもロークのことが気になっているようで…? 彼の契約精霊が見れなくて残念そうな声を出しちゃうところは、年相応の女の子って感じでかわいかったの!

    でも、学院はロークに好意的な人たちばかりじゃないの…。契約精霊を出して戦わないせいで、侮辱されてるって勘違いされちゃうことも。レイアもそのひとりで、はじめは彼を敵視してたんだけど、精霊師としてのスキルを磨くために向かったルナの遺跡で急接近! レイアのピンチに、ロークがお姫様抱っこで助けてくれたの! 真っ赤にしちゃったレイアに、ロークは怒らせちゃったって考えてるみたいだけど……わたしには嬉しそうに見えたけどなぁ~。

    他にも個性豊かでロークに興味津々な女の子達はまだまだいるよ! そしてカッコよさとかわいさにあふれた、刀 彼方先生のイラストも魅力たっぷりで最高なの~!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 4
    読みたい

みんなからのレビュー

  • オセロ

    精霊師は契約精霊と共に高め合っていく世界で何故か精霊と契約してもらえないローク。必死の努力と師匠の教えで次席まで上り詰めたにも関わらず、周囲からは契約精霊を隠しているのでは…と疑われるという概ねタイトル通りなのですが、いうほどいつも本気を出しているかというと微妙かなと。ですが、コメディとしてもバトルものとしても楽しめました。ただ、戦闘描写がかなり細かいのでそこは好みが分かれそうかも? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    契約精霊の力を借りて悪と戦う精霊師。その育成機関ユートレア学院で学年次席の実力を持ちながら未だ一度も契約精霊を出していない2年生ロークを巡る逆勘違い無双ファンタジー。ロークは契約精霊を出さないんじゃないのではなくいないだけ。その強さは唯一契約可能な微精霊を駆使した剣術や体術を鍛えた末に得たものなのに真の実力を隠していると誤解されて、実はいつも死なないために必死に戦う彼が、大精霊演武祭や遺跡探索メンバーに選ばれてしまう展開で、毎回ギリギリでも持てる力をフル活用して切り抜ける彼の今後が楽しみな新シリーズです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    精霊と契約し悪と戦う精霊師を育成する学園で、何故か精霊と契約できなかった少年が、自分に出来る戦い方で戦い抜く物語。―――配られた手札で戦い抜け、死線のその先へ。 大前提となる力を持たぬからこそ、多彩な戦い方で必死に闘う事で誤解を集めていく物語であり、時にドタバタもありつつも緻密な戦闘描写が魅力となる物語である。精霊が何故か来てくれない、その状況はいつか変えられるのか。良いも悪いも色々な意味で注目を集めていく中、少年は生き残ることはできるのだろうか。 次巻も須らく期待であるべし。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 久利大也

    契約精霊がいないからこその多彩な戦い方が面白かったです。 普通は契約精霊を出さないなんてことないので(そりゃ精霊師なんだからw)、底知れないと評価されるのもナメてるんかと因縁つけられるのも納得感があって良い。 カッコつけが本当になるの好きなんですよ〜 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 小娘とドラゴン

    精霊と契約した者たちが高みを競う学園で、精霊と契約できない主人公が奮闘する物語。この手の物語は、持たざる者と見せかけて、実はそうではないというのが様式美だと思うのだが、そうではなかった。主人公は精霊と契約できないが故に技、知恵、戦略を駆使して何とか戦っている。余力なんて全くない。その余力のないところが、とても私好みな作品。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK