声優ラジオのウラオモテ #10 夕陽とやすみは認められたい?
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

声優ラジオのウラオモテ #10 夕陽とやすみは認められたい?

2024年TVアニメ放送!渡辺千佳が本心に向き合う、第10弾!
二月 公 (著者) / さばみぞれ (イラスト)
シリーズ:声優ラジオのウラオモテ(電撃文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

――佐藤。泊めて。
 母に一人暮らしを反対され、我慢ならず家出してきた千佳。母は自分が声優として独り立ちすることをどう思っているのか。怒りと不安に苛まれる彼女のもとへ、同じく母親と不和を抱える双葉ミントが現れる。
「声優なんて、俳優になれない人がやる仕事でしょう……?」
 そう言い切るのは、世界的大女優であるミントの母親・双葉スミレ。
 親に声優活動を否定されるミントと自分を重ねた千佳は、どうすれば声優のすごさを見せつけられるか頭を悩ませる。だが由美子は勝負では解決しない、歪な親子関係の『真実』に気づいていて――。
 2024年TVアニメ化も決定の声優青春ストーリー、第10弾!!

みんなのデータ

  • 9
    評価する
  • 5
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    【BW】声優でありたい娘と声優活動に理解を示さない母親はどう歩み寄る?千佳とミントら二組の母娘の関係に焦点を当てる今回。声優として成功し母親に認められたいことが声優を続ける動機の一つである二人が「なぜ声優でありたいのか」について向きあい、それぞれ母との確執を超えて真の「目標」を見出すに至る展開に感激致しました。特に千佳が母親との関係に一つの答えを得たことにより、この作品全体が一つの転換点を迎えたように感じます。千佳と由美子の高校卒業が見えてきたことで、物語はどう動いていくのか。続きを楽しみにしています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    安定の面白さ。 年の瀬に大学になったら千佳の一人暮らしを認めると言っていた母親の心変わり、中学進学を機に声優を辞めることを薦める大女優のミントの母親。このミントの母親が声優を見下す発言をしたことをキッカケに俳優にはない声優の魅力を声優仲間たちと考えるけどなかなか良い案は思い浮かばなくて。落ち込むミントの為にクリスマスや初日の出などのイベントで励ます中で妙案を思いつくのは流石に出来すぎでは、と思いましたが声優の意地を感じましたし、何より親たちの本心は染み入るものがありました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    母に大学進学後の一人暮らしを反対され、我慢ならず家出してきた千佳。怒りと不安に苛まれる彼女のもとへ、同じく母親と不和を抱える双葉ミントが現れる第10弾。親に声優活動を否定されるミントと自分を重ねて、声優仲間たちとどうすれば母親に声優のすごさを見せつけられるか頭を悩ませる千佳に対し、歪な親子関係に隠された想いに目を向ける由美子。千佳が由美子に普通に頼れるようになったんだなあ…と感慨深かったですけど、母親たちも不器用なだけで娘が心配なんですよね。ぶつかって向き合えたそれぞれの結末に彼女たちの成長を感じました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★面白かった。大学進学後の一人暮らしを反対されたことで親子喧嘩に発展し由美子の家へ避難してきた千佳。更にミントまでもが母親との衝突によって逃げてきて…という10巻。特殊な業界で活動する未成年ならではの問題を取り上げていて、親側、子供側どちらの気持ちも理解できるだけにどこに落としどころを持ってくるのか、難しい話を見事に描き切っていたと思う。由美子と同じく、ミント母の言動に違和感を覚えていたのだが、その点についてもキチンと回収してくれていたのもポイント高い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 碧海いお

    母と子供のぶつかり合い。ミントや千佳の母親みたいに自分の子供の将来のことで口出しをしたことがないので難しい問題ですね。今の時代、10代だと声優以外にも個人授業主みたいな仕事も増えているので令和だとこんな会話もあるんかな。ミントに至ってはまだ小学生なのに労働。 由美子と千佳は本当に嫌いなの?という仲になっているように思えました。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2024/04/10
  • 定価
    814円(本体740円+税)
  • ISBN
    9784049155952

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK