これはあくまで、ままごとだから。
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

これはあくまで、ままごとだから。

恋もキスも、全部本気で、全部嘘。甘くて苦い、高校生の“おままごと”。
真代屋秀晃 (著者) / 千種みのり (イラスト)
シリーズ:これはあくまで、ままごとだから。(電撃文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

 とある事情で地元を離れて親戚の家に身を寄せることになった蒼一朗。そこで再会したのは遠縁にして幼なじみの深紅。小さいころ、「おままごと」に強引に付き合わされた仲だった。
 そんな彼女から、あの時と何一つ変わらないノリで提案されたのは――。
 「久々に恋人ごっこ、してみたくならん?」
 「お、懐かしいな。やろうやろう」
 最初はただ楽しくバカップルを演じるだけだった。だけど徐々に過激さを増していき、抱き合ったり、キスしたりもするようになる。真剣に演じる「ままごと」にのめり込み、やがて本音と建て前の区別がつかなくなっていく。お互いにとってはあくまで「ままごとの好き」だから、決して「本気の好き」は口にできないまま。
 終わりのない恋愛ごっこによって揺れる、二人の隠された想いとは。

みんなのデータ

  • 9
    評価する
  • 10
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    とても歪んでいる。歪んでいるけど、ここに描かれているのは紛うことなき「愛」だ。ままごと「だから」、何なのか。だから、許される?だから、許されない?だから、何をしても良い?作中「だから」に続くべき凡そ考え得る様々な想いや言動が密度濃く、そして疾走感を持って表現されていて、情緒がこれでもかと目茶苦茶にされた感じがします。自分にまだこんな感情の動きがあるのかと思い知らされた作品でした。今後の展開が楽しみな期待の新シリーズです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    とある事情で地元を離れて親戚の家に身を寄せた高校生の枕木蒼一朗。そこで遠縁の親戚で幼馴染の深紅と再会して、高校生の「おままごと」にのめり込んでいく青春小説。幼い頃と何一つ変わらないノリで深紅から提案された恋人ごっこ。最初はただ楽しくバカップルを演じていただけの二人が、徐々にのめり込んでいく中で分からなくなっていく相手への想い。そこに一度距離を置いた深紅の彼氏・赤井先輩や、複雑な想いを抱える親戚の黄純を絡めた関係はさらに迷走して、捻れてしまった関係を取り戻すことができるのか今後の展開が気になるシリーズです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★またとんでもない作品を発表したなと。実の家族にそれぞれ問題を抱えていることから、親元を離れて親戚限定のシェアハウスに住む主人公とヒロイン。実の兄妹以上に仲の良い二人は、バカップルのフリをする「ままごと」遊びに興じていた。そんな折、演劇に情熱を注ぐ彼女の芸の肥やしのためにキスをしたことで、主人公は自分の奥底にある欲望に気が付いてしまって…と始まる純粋で歪んだラブコメディ。序盤はあくまで明るく、秘密の「ままごと」遊びで楽しむ姿が描いていたので、今回はおとなしめだと思ったのだが、ヒロインが実は彼氏持ち 続きを読む…

    ネタバレあり
  • rotti619

    親戚のシェアハウスで暮らす蒼一朗と、遠縁の親戚深紅が、幼い頃の約束をそのまま持ち込んで、お互い好きにならないが恋人のままごとを続けるという、不純で不健全なお話。前作同様、真代屋秀晃氏による人間の本能に根付いた欲望のドス黒さが、これでもかと描かれている。深紅には彼氏がいるのを知っているのに、蒼一朗がままごとを止める事は無いし、途中から登場する親戚・黃純からは彼の持つ醜い感情を暴露された上で性欲だけ満たす相手として選ばれる等、どう着地するのがベストなのかわからない展開だった。ラストも当然不穏に終わっている。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    今作の教訓は浮気や離婚は幼い子供の情操教育に悪いということである! ギクシャクした人間関係を家族間で感じてしまったから、家族像を理想化して想像することしかできない。ありもしない「本当の家族愛」を欲しているのに、実在する性欲しか出せない歪な関係をキャラ全員が抱えている。 単話ごとを繋げていて、1巻内でまとまりのある構成ではないが、ある意味このカオスな展開に合っているといえよう。 社会人であれば呆れと興味の目で見れるが、子供だとどうしても憐憫の目で見てしまう。作中年齢を上げるべきだとオッサンとしては思うw 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2024/04/10
  • 定価
    770円(本体700円+税)
  • ISBN
    9784049153859

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK