裏ギャルちゃんのアドバイスは100%当たる「だって君の好きな聖女様、私のことだからね」 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

裏ギャルちゃんのアドバイスは100%当たる「だって君の好きな聖女様、私のことだからね」 1

「オタクくんは【裏(私)】の指南で、【表(私)】を攻略できるかな?」
急川回レ (著者) / なたーしゃ (イラスト)
シリーズ:裏ギャルちゃんのアドバイスは100%当たる(電撃文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

平凡な高校生・土屋文太のささやかな幸せは朝の電車で他校の女子・表川結衣を一目見ること。文太は密かに彼女を“聖女様”と呼び、その清楚な佇まいに癒されていた。そんな彼に話しかけてきたのは聖女様──ではなく、見た目が正反対のギャルだった!?
“裏川”と名乗るギャルは聖女様の大親友──というのはウソで、結衣が変装したもう一つの姿なのだが、文太はまったく気づかない!
 からかわれながらも教えてもらえる“(本人からの)100%当たるアドバイス”で、文太は聖女様と親密になれる……のか?
「ふふっ、私(裏)のアドバイスを聞いて、ちゃんと私(表)を攻略してくださいね?」
 裏と表、二人で一人の彼女に翻弄されるマッチポンプ・ラブコメディ!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 8
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    朝の電車で他校の女子・表川結衣を一目見ることにささやかな幸せを感じていた平凡な高校生・土屋文太。そんな彼に見た目が正反対のギャル裏川が話しかけてくる青春ラブコメ。文太は密かに聖女様と呼び、その清楚な佇まいに癒されていた表川が変装したもう一つの姿・裏川。聖女様の大親友と名乗った彼女の姿で密かに文太の真意を探り、彼に表川へ接触するアドバイスをしていくマッチポンプ展開で、傍から見れば二人で一人の彼女に翻弄されながらも、表川&裏川のどちらにも魅力を感じてしまっている文太と、それを喜ぶ彼女のこれからが楽しみですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★★☆ 平凡な高校生・土屋文太のささやかな楽しみは、毎朝通学電車で一緒になる他校の美少女・表川結衣を一目見る事。決してじろじろと観察する訳ではなく、ただただ一目見て癒され、その日の活力を養うだけ。しかし、日頃から注目されがちな結衣がその視線に気づかない訳はなく…ある日文太に話しかけてきたのは結衣とは似てもに似つかわないギャル。裏川と名乗る彼女は結衣の親友を名乗ってきて… 作者買いした作品。今巻時点ではラブコメのうちコメディ要素が八割程を占める、平凡な男子高校生・文太と、財閥令嬢で眉目秀麗の仮面を被→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    個人的にだけれどもなんかテンポが悪すぎて読みにくかったな。内容的には好みなんだけれども両視点の描写が同じことをもう一回書かれてるので読むのにダレてしまう。片方はもう少し簡潔に書いた方がいいかな~と思いながら読了した。書き方って大事と思わされた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    通学電車で見かける他校の清楚な少女を勝手に崇める少年が、少女の親友だというギャルに話しかけられ始まる物語。―――表と裏、見えぬ心の先に見えるもの。 表と裏、正体に気付かぬ事で三角関係的な要素を醸し出していく中、少女に時に振り回されて振り回していく物語であり、中々目新しい面白さがある物語である。まさしくマッチポンプ、まだまだ気づかぬその正体。果たして少年はいつか正体に気付けるのだろうか。登下校中という限られた時間内での関係は、どんな方向へと進んでいくのだろうか。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク@ぼっち党員

    聖女な表とギャルな裏を使い分ける少女と、勝手に聖女モードを見て癒されていたオタクくんのラブコメ。主人公とヒロインのほぼ二人で繰り広げられるのにまるで三角ラブコメかのような展開になっていて、ストレスフリーに三角関係が楽しめるという狙いはとても良かった。あと両方学生なのに登下校中に特化した作品というのも珍しい読み心地だった。両視点からの描写は基本的に嬉しいけれど、一から十までするとテンポが悪くなるので、大事なシーンだけにするとより効果的かなぁと思った。オタクくんが及び腰でゆっくりな展開なので尚更。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2024/04/10
  • 定価
    770円(本体700円+税)
  • ISBN
    9784049153385

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK