猫かぶり令嬢アリアの攻防
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

猫かぶり令嬢アリアの攻防

下町育ちの成り上がり貴族令嬢が王都に嵐を巻き起こす!
中村颯希 (著) / イチゼン (画)
シリーズ:猫かぶり令嬢アリアの攻防(KADOKAWA)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

純情可憐なアリアは社交界で評判の男爵令嬢。その裏の顔はある事件で出会った精霊の要請を受け、貴族から呪われた宝石を回収する役目を負った泥棒令嬢であった。
突然の泥棒家業に苦戦する――かと思いきや、強かで世渡り上手なアリアは宝石の回収に次々と成功。しかし冷酷無比な美貌の聖騎士・ラウルに正体を見抜かれてしまい!?
追う聖騎士と逃げる泥棒令嬢、二人の関係は思わぬ方向へ転がり始めて……!?
「求婚しにきた」「いやなんで!?」

パートナーのおすすめレビュー(宣伝)

  • 破天荒な令嬢の大活躍についつい夢中になる!

    宙
    男爵令嬢アリアは、貞淑で淑やか。愛らしい容姿に難癖をつけられてもじっと耐える姿から『鈴蘭の君』と呼ばれているんだ。でも、それは社交界に合わせた仮の姿なんだよ。彼女のもう一つの顔、それは巷で噂の怪盗『烏(ラーベ)』だってこと!

    元々孤児として生き抜いてきた彼女なら、簡単に下働きの兵士やメイドに変装できちゃうんだ。逃げる体力だって十分あるし、ましてや、あの華奢な『鈴蘭の君』がそんなことができるわけない、なんてすぐに思い込ませられるんだ。処世術の猫かぶりがこんなところにまで役に立つなんて、俺には思いも寄らなかったよ!

    スマートなだけじゃなくて、胆力だってすごいんだ。衛兵から追われて高い塔へ逃げ込んだ際は、えいとその場から飛び降りちゃうんだよ! もちろん、夜に紛れる黒い命綱付きだけど、それでも到底できる芸当じゃないよね。

    でも、彼女は私利私欲で盗みを働いているわけじゃないんだよ。その目的は、孤児だったときに手を差し伸べてくれた男爵を守るため。一貫した信条の下、彼女はいくらでも猫を被って、貴族邸へ潜入するんだ。時には謀略を巡らし、時には大胆に、盗みを働く彼女の行動にはついつい夢中になっちゃうはずだよ!
  • 怪盗と騎士としての駆け引きはもちろん、恋の駆け引きも楽しめる作品です!

    つむぎ
    つむぎ
    異世界恋愛小説ではヒーローがヒロインを追い掛け、そんなヒーローから逃げるヒロインという構図がありますよね? 本作のヒロイン・アリアさんもヒーローから追われる身ではありますが、それは宝石泥棒として…。

    ヒーローのラウルさんは冷静沈着で優秀な聖騎士。加えて強い「精霊力」によって男性には畏怖を、女性には魅了を与えてしまう体質の持ち主なんです。彼はアリアさんには「精霊力」が効かないことや些細な変化から彼女の変装を見破り、怪盗の関係者ではないかと疑念を深めます。刑事張りの洞察力の鋭さには驚かされてしまいますね!

    しかし直接彼女に問いただし、攻め込んだとて彼女は真意をなかなか探らせてくれません。そのうち彼は盗みを働く彼女には何か理由があるのでは…と考え始めます。すると彼女へと歩み寄ろうとする庇護心は、彼女の強さと弱さを知っていくにつれて段々と恋心へと開花していくんですよ!

    お互いに鋭く、強かだからこそ起こるやり合いはどちらが最終的に勝つのだろう? とハラハラさせられっぱなし。そして最初は怪盗と騎士として対立していたはずなのに、庇護からやがて隣を歩む者へと変わっていく関係性の変化にも釘付けな一冊なんです!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 5
    読みたい

みんなからのレビュー

  • わたー

    ★★★★★おススメを見かけて読了。メンタルクソザコな女の子も好きだが、この主人公のような、貞淑な淑女のように装ってその実、大胆不敵で強かで愛情が深いメンタルつよつよな女の子もまた良いものだなと。下町の孤児院出身ながらお人好しの男爵に養子に迎えられたアリアだったが、男爵の管理する宝物が破損したことで封じれらた呪いが国中にばら撒かれてしまう。その呪いの宿った宝石を回収するため盗みを繰り返す彼女の前に、泥棒の捕縛を命じられた聖騎士が現れて…という物語。人の認識の隙間をついて巧みに盗みを成功させるアリアと、 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しぇん

    面白かったです。孤児院育ちの令嬢の奮闘記。義父の管理する宝物庫の事件から宝石を盗む事になったアリア。逞しく生きてる彼女ですが、義父や孤児院の仲間、今は亡き恩師等の身内へのやさしさが良かったです。強さだけでなく、脆さも多くより魅力的に書かれてました。ヒーロー役にも結局つかまってますがお似合いの二人だったなと。精霊も小物ぽいけど、なんだかんだ優しいし主人公の事を本気で思っていて良かったです。結構よい一冊でしたが話綺麗にまとまっているので続編はない感じですかね 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サキイカスルメ

    生きてきた環境からちゃんと強かでフィジカルも精神も強いんだけど、自分の大切にしている存在という弱点がでたときにただの女の子になっちゃうの良すぎませんか!?最初は面白いなぁと思いながら読んでたけれど、終盤でどうしてアリアが報告をしたくないのかが明かされた時には涙涙涙でした。だから彼女は自分を傷つけるやり方ばかり選ぶんだなと納得したと共に心から優しい子なんだなとわかったらもうダメだった…。そこからことあるごとに泣いてましたよ、あんなのは涙腺崩壊よ。読めてよかったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nishiyan

    精霊バルトの依頼で貴族から呪われた宝石を回収する泥棒令嬢アリアと彼女を追う聖騎士ラウルが織りなす怪盗ファンタジー。社交界では純情可憐と評判だが、実は孤児院出身でおきゃんなアリアが奮闘する姿の何と楽しいことか。宝石集めが進むにつれて、ラウルとの関係にも変化が出てくるのは怪盗ものの王道でありあがら、首に下げている金貨の意味、三年前に亡くなった恩人との思い出など、アリアの深い心の闇に迫っていく展開はグッとくるものがあった。事件は解決し、今度は別の意味で追われる身となった彼女が返事をする日はいつになるのだろうか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ユウ@八戸

    呪われた宝石を回収している元孤児な男爵令嬢アリアの怪盗系ファンタジー。笑いと涙が混在する、いつもの中村颯希さん。口は悪いけど根性があって優しいお嬢さんは好きですか、私は大好きです。優柔不断でお人好しだけどアリアの危機に決断力を発揮するヨーナスも素敵でした。バルトも可愛い。しかし今回とても好きなのがラウルさん。視線で人々を陥落させて世の中に楽しみを見出だせなかった彼が、初めて興味をもったのがアリアという。最悪の出会いからのラブコメっていいよね。その後の展開めっちゃ読みたい。ベルタさんの愛情深さも好きです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2024/02/28
  • 定価
    1485円(本体1350円+税)
  • ISBN
    9784047377141

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK