百花宮のお掃除係 転生した新米宮女、後宮のお悩み解決します。 10
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

百花宮のお掃除係 転生した新米宮女、後宮のお悩み解決します。 10

後宮の危機を救うのは、失意から復活した異国の王子!?
黒辺あゆみ (著者) / しのとうこ (イラスト)
シリーズ:百花宮のお掃除係(カドカワBOOKS)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

再びやってきた花の宴の季節。昨年は変態皇子の大偉(ダウェイ)に髪を狙われて散々だったけど、今年は静(ジン)と一緒に満喫しようと雨妹(ユイメイ)は心を躍らせる。なのに、紛れ込んだ東国の刺客のせいで宴は大荒れ!

敵は宮廷だけでなく後宮内にも既に潜んでおり、皇太后派閥の計画をことごとく狂わせてきた雨妹も標的にされてしまい……!?

そのとき、祖国を滅ぼした東国を誅するべく、ダジャ王子が失意から立ち上がる!

阿片事件から続いた東国編、ついに完結!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まき

    ダジャ王子今回は頑張った。王子として持ち上げられて育てられ、何も考えることをしなかったのに裏切られ奴隷に落とされ変なプライドと人間不信になっていたのを意識改革するのは困難だったろうな。雨妹さらわれたり、爆発物投げつけられたり大変な目にあっても、へこたれないねぇ。静との別れにはちょっとしんみりしちゃいました。でも今世を楽しむのだという強さと明るさがいいなぁ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    ★★★★ ダジャ王子見てると教育ってやりようによってはホント怖いなあ、と実感する。同時にこいつどう見ても無能だろうと思ってしまうような人も、見方一つ意識の仕方一つで違う側面が引き出せる可能性を、彼の姿に見いだせた。皇太后もっと揉めるかと思ったのですが、案外あっさりと失脚に追い込めたのはこの場合良かったのでしょう。雨妹変なのに目をつけられましたけど、本格的に皇太后に狙われてたらもっとヤバかったでしょうし。最後らへんの陛下が娘と呼んで褒めてくれた場面はジーンと来てしまいました。この父娘の関係ほんと好きです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ぢぢぃ

    バブちゃん頑張った 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ふうや

    星3。今巻はあんまりWeb版と違いは少なかった印象。長編が終わって静やダジャとの別れが物悲しい最後、二人共良いキャラだったのでまた再登場して欲しいけど宇はムカつくし苛つくだけなので二度と出てきてほしくないな。作者は気に入ってるみたいなので読者がどれだけ離れても気にせず出すのだろうけど。正直宇は今まで読んできた数十万冊の作品の中で一番嫌いなキャラ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2024/02/09
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784040752907

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK