佐々木とピーちゃん 8 巡り巡って舞台は学校、みんなで仲良くラブコメ回~真実の愛を手にするのは誰だ?~
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

佐々木とピーちゃん 8 巡り巡って舞台は学校、みんなで仲良くラブコメ回~真実の愛を手にするのは誰だ?~

ここへきて待望のラブコメ回となる、大人気シリーズ第八巻!
ぶんころり (著者) / カントク (イラスト)
シリーズ:佐々木とピーちゃん

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

家族ごっこの成功から人類に価値を見出しつつある十二式。その触手は次なる獲物としてお隣さんが通う学校に伸ばされた。
例によって上司の無茶振りから、佐々木たちは教員として校内へ潜入することに。
機械生命体の存在を重要視する国々や諸団体もこれに追従し、メイソン大佐や犬飼三等海尉、マジカルブルーまでもが身分を偽りやって来る。
教室には宇宙人、魔法少女、悪魔やその使徒が揃い踏み。
クラス担任は異世界の魔法使い。
校内では随所に異能力者や武装組織が目を光らせる。
更にはなにやら魔法少女たちに怪しい動きが見られ始めて……。
果たして佐々木たちは、在校生の学校生活を守ることができるのか――!?
ここへきて待望のラブコメ回となる、大人気シリーズ第八巻!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • なっぱaaua

    なんと今巻は学園モノ。佐々木と二人静の先生役はある意味似合うね。しかし美人局案件、中学ではヤバくない。十二式を巡っての争奪戦。時限爆弾があちこち動き回るのはまずいと思うが、機嫌を損ねたら地球無くなってしまうしなぁ。フェアリードロップスの効果がまた凄くていろいろと真実を吐く事になるのだが、佐々木の立場からするとガッカリ案件だけど、まぁ枯れているから良かったねという事で良いのか。もうスローライフは手にいれられないだろうな。マジカルピンクも近付いてルイス殿下も復活し、予告はユーチューバー。どこに向かうのこの話。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    ピーちゃん成分が足りない…。 十二式さんの学校に通いたいという希望を叶えないと地球が滅ぼされない為、お隣さんの通う学校に教員として潜入することになった佐々木達。メイソン大佐達が加わったかと思えば、悪魔と天使の代理戦争が没発したり魔法少女達の目的が垣間見えたり、更には十二式さんが姫プレイをしたいと言いだしたりと当然のように訳の分からない展開でしたけど、二人静がマジカルピンクや異世界の問題の解決に一役買うとは思わなかったですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こも 零細企業営業

    家族モノの7巻から学園ラブコメ物になった8巻。物語の中心には相変わらず我儘な末娘の十二式を据えての学園ラブコメ。佐々木と2人静は教員として赴任し、他にもUSAから大佐とマジカルブルーが転校。自衛隊からも体育教師が派遣される。そんな騒動を起こした御本人は姫プレーを堪能し、クラスの女子から大顰蹙。それに巻き込まれるお隣さんとアバドン少年。その裏で家族を人質に取られて、ハニートラップを佐々木にする女教員と女子学生。ついでに同じ状況の男子生徒は十二式へとアプローチ。そんな状態で、課外学習でスキーをしに行くのだが、 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サケ太

    なんか学園編がはじまっとる。なんというか、佐々木がひたすらに不憫になる。そして、終わった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 椎名

    十二式さんが学校に通いたいと言い出したことから突然の学園編開始。教師として潜入することになった佐々木と二人静だが、表紙の二人静さんのスーツ姿が新鮮で眩しい。お隣さん的にも担任が愛する佐々木になることで利しかなかったはずだが、それ以上に十二式さんの面倒を見るのが忙しそうでなかなかラブコメには至らなかったのが可哀想。最終的に行き着いた、不特定多数から広く浅く愛してもらうことがコスパがいいという真実の愛に気付いてしまう十二式さんには笑ってしまった。それはまあ……そうだな……。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2024/01/25
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784046820365

関連サイト

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK