灰色の叛逆者は黒猫と踊る 1 闘士と魔女
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

灰色の叛逆者は黒猫と踊る 1 闘士と魔女

灰色の少年は誓った。孤独な魔女を必ず守ると――
虹音ゆいが (著) / kodamazon (イラスト)
シリーズ:灰色の叛逆者は黒猫と踊る(HJ文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

灰色の少年は誓った。孤独な魔女を必ず守ると――

人間と魔獣の戦闘が見世物として扱われる闘技都市アイレム。
常に死と隣り合わせの試合に臨む見習い闘士の中で序列第1位に君臨する少年レーヴェは、正式な闘士への昇格試験で“魔女”として迫害される少女ミィカを殺せと強要される。しかしミィカが自分の同類で特別な存在だと気づいたレーヴェは、彼女を助けるため指令に背き、己が命をも懸ける決意をして――
「一緒に、生きて欲しい。君の為に……そして、僕の為に」
灰色の絆が世界を変革するリベリオン×バトルファンタジー!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    人間と魔獣の戦闘を見世物にする闘技都市アイレム。見習い闘士序列第1位の少年レーヴェが、闘士昇格試験で魔女として迫害される少女ミィカと出会うバトルファンタジー。仲間たちが次々と死ぬ過酷な環境で、自らも魔女と並んで忌避される灰色と呼ばれるレーヴェ。彼が闘士昇格試験で殺し合いを命じられた同じ境遇の対戦相手ミィカ。紆余曲折の末にレーヴェたちと共に過ごすようになり、これまで孤独だったがゆえに戸惑い、様々な思惑に振り回されるミィカでしたけど、お互いの存在が生きがいとなって絆を育んでいく姿がなかなか印象的な物語でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★☆☆☆HJ文庫公式レビュワープログラムにて読了。Not for me.見習いの闘士序列1位でありながら動物と会話のできる「灰色」であることから蔑まれている主人公が、かつて世界に禍をもたらした「魔女」であり「灰色」の少女と出会うことから始まるファンタジーバトルもの。技を繰り出す前の詠唱とルビが振られた単語が大量にでてくるバトルシーンは刺さる人もいるとは思うが、私にとっては目が滑って仕方なかった。また、魔女が疎まれて迫害されているのは理解できるが、動物と会話ができるというだけで白眼視されている 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    人間と魔獣の戦いが見世物として楽しまれる世界で、見習いとしては最強な少年が虐げられる人種の少女に出会い始まる物語。―――同じ痛みを知るからこそ、その身は絶対守り抜く。 中々にシリアスで厳しい世界の最底辺で出会って、同じと知って守ると決意していく物語であり、シリアスが根底にあるからこそ真っ直ぐな決意と足掻きが心に突き刺さる、かもしれない物語である。始まったばかりの叛逆は、何も分からぬ思惑の上で。まだまだ何もかもが足りぬ中、その反逆の牙は果たして何処まで届くのだろうか。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • mag

    "魔女"として人々に迫害され続けてきたミィカと、そんな境遇に共感しミィカを助け出そうとするレーヴェの物語。 迫害されてきたが故に"普通"の生活を知らなかったミィカ。そんなミィカがレーヴェとの出会いをきっかけに"普通"の生活を知っていき、その"普通"にかげかえのないものを感じる。そんなミィカの心境変化がとても良きでした。レーヴェたちの周囲のキャラもまた魅力的で、ミィカを加えた日常シーンでのやり取りを楽しく読ませて頂きました! 魔女や"灰色"などまだまだ明かされてない謎もあるようで。次巻以降が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ユウ@八戸

    見習い闘士序列1位でありながら、まわりに蔑まれる灰色なレーヴェが、昇格試験で「魔女」と出会うバトル系ファンタジー。コロシアムで魔獣と戦い生計を立てて暮らしている感じの世界観。詠唱や二つ名に、キャラ濃いめの女の子たちと、好きな人にはたまらないだろう作品。個人的には正直、わかるようなわからんような感覚のまま読了してしまったのですが。キャラの掘り下げとか感情の表現とかもう一声ほしい。せっかく女の子がキャッキャしてるのにワクワクできない。理事長とかいいキャラしてるのにもったいない。そして、魔女って、結局、なに? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2024/02/01
  • 定価
    748円(本体680円+税)
  • ISBN
    9784798634067

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK