魔女に首輪は付けられない
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

魔女に首輪は付けられない

私が望んでいることはただ一つ、『楽しさ』だ。
夢見 夕利 (著者) / (イラスト)
シリーズ:魔女に首輪は付けられない(電撃文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

☆☆☆応募総数4467作品の頂点! 第30回電撃小説大賞《大賞》受賞作!☆☆☆

 貴族階級が独占していた魔術が大衆化するとともに、犯罪率が急増。対策として皇国には魔術犯罪捜査局が設立された。
 捜査官であるローグは上司ヴェラドンナの策略により〈第六分署〉へと転属。そこは、かつて皇国に災いをもたらした魔女と共に魔術事件を捜査する曰くつきの部署だった。
 厄災をもたらすまでの力を有するが故に囚われ、〈首輪〉によって魔力を制限された魔女たち。だが、〈人形鬼〉ミゼリアをはじめ、魔女たちはお構いなしにローグを振り回し――!?

「どうする、ローグ君? 手段を選ばない方向で検討してみるかい?」

 魅力的な相棒(魔女)に翻弄されるファンタジーアクション!

パートナーのおすすめレビュー(宣伝)

  • 第30回電撃小説大賞《大賞》受賞作! 相棒は最強の魔女——

    レオン
    レオン
    貴族階級が独占していた魔術が大衆化するとともに犯罪率が急増した皇国内。対策として設置された魔術犯罪捜査局に勤務するローグは、魔術相手に素手で立ち向かう腕っぷしの強い捜査官なんだ。敵の返り血を大量に浴びることから「血塗れのローグ」なんて呼ばれるんだよ。

    ある時彼は、聞いたこともない第六分署への配属を命じられる。存在自体が秘匿されたそこには、かつて皇国に災いをもたらした魔女たちが収容されていたんだ。ローグはそこで彼女たちと共に魔術事件を捜査することになるんだけど、彼の相棒を買って出たのが〈人形鬼〉ミゼリア。精神干渉系魔術を得意とする彼女によって前任者は自殺に追いやられたなんて聞かされたら、流石に背筋が凍るよね…。

    魔女たちは特殊な首輪によって力を制限されてはいるものの、本気になればたった一人で大量の人間を一度に殺せるほど強力な力の持ち主なんだ。味方にすれば強力だけど、その気になればいつでも人を殺せるってわけ。それでも事件解決には魔女の力が不可欠だからって、彼女たちと向き合いながら事件を解決しようとするんだよ。その正義感あふれる姿はまさに捜査官の鑑! 死の恐怖にも負けない彼の強さに胸が熱くなるよ!
  • 自由奔放な魔女たちに振り回されながらも事件解決へ…!

    つむぎ
    つむぎ
    魔女たちは事件解決に興味がなく自分の欲望のために動き回るため、ローグさんは彼女たちに振り回されてばかりなんです。

    ローグさんの相棒となる〈人形鬼〉ミゼリアさんは、他人をからかうことが大好き。彼女は、捜査に魔術で協力する対価として手の甲へのキスをローグさんに強要するんです。そうして彼が苦悩している様子を見るのを何よりの楽しみとしているのが、悪役の魔女らしいですね。でもその振り回し方はエスコートの要求だったり、昼食の催促だったりと残酷さがないところが、無邪気で憎めないんです!

    〈聖女〉カトリーヌさんは、新任のローグさんにも協力的な内気で優しい魔女です。聖職者でないのにシスター服を着用して歩き回っているため、本物のベテランシスターに説教されて困っているところをローグさんに助けられる、なんてことも。頑張り屋ですがちょっぴり頼りないところが可愛くて癒されますね。

    他にも人海戦術を展開するフマフさんや鑑識担当のアンジェネさんなど個性豊かな魔女たちがローグさんの捜査を手伝ってくれます。彼女たちにかかれば法律だってなんのその。自由奔放な魔女たちの、なんでもありの活躍に驚かされてしまうはずですよ!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 9
    読みたい

みんなからのレビュー

  • オセロ

    大衆による魔術の犯罪が増加した世界で、皇国に仇なした魔女達がいる曰く付きの部署に転属されたローグは人形鬼の異名を持つ魔女・ミゼリアと共に世間を騒がす奪命者の捜査乗り出すが…。奪命者の捜査はアッというところもあったけれどどちらかというと地味、魔法を使っての戦闘は激しいものではなく頭脳戦寄りでイマイチ盛り上がりに欠ける。一歩間違えれば駄作になりかねないけれど不思議な魅力がある作品でした… 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    上司ヴェラドンナの策略により〈第六分署〉へと転属を命じられた捜査官ローグ。かつて皇国に災いをもたらした魔女と共に魔術事件を捜査するファンタジーアクション。魔術が大衆化するとともに、犯罪率が急増する皇国で、厄災をもたらすまでの力を有するが故に囚われ〈首輪〉によって魔力を制限された魔女たち。相棒として組んだミゼリアたちに振り回されながら進める捜査で浮かび上がる思いもよらない大物の存在。そして魔女と呼ばれるゆえんも思い知らされる中で、それでも諦めずに立ち向かうローグと未だ謎も多い魔女たちのこれからが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しぇん

    治安が悪い銃社会をより危険にした魔術が発展した世界で捜査官を行う主人公と危険な魔女達のバディ物語。二大貴族とか魔女とか世界観が結構作り込まれてますね。魔術で結構力尽くな面がありましたが色々楽しめました。結局、貴族達が何なのか?どこまで力持ってるんだろう?とか主人公の過去とか謎が残りましたがそこら辺は続編で明かされていくのですかね 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    ファムファタールとまではいかないけど、恋ではなく目的と行楽を優先するヒロインは面白い。 会話劇は人外系ヒロインが主人公を振り回しながら、主人公の善性に惹かれる王道ラノベ形式でちょっと古臭いけど楽しめる。 しかしヒロインの言動は絆されている感じはあるが本心が分かりにくく(それ自体は悪女っぽくて良い)、主人公が心許していく理由が分からんかった。 彼女の言動はともかく事件を解決しようという嘘の動機をラスト以前に語っておけば、主人公も命を懸ける(ふりをする)彼女に感動する流れも理解できる。(1/2) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 和尚

    キャラが立っているのもそうですけど、やはり面白い!ってなる物語は地の文からとても良いですね。 魔術が広がり、しかして秩序はまだ出来上がっていない世界で、主人公のローグは12人の強力な魔術を扱う魔女と呼ばれる大罪人の少女と共に犯罪者を捕まえる部署の署長に。 一筋縄では行かない魔女達を事件に関わりあう中で知っていく。 良き意味で展開もキャラも文体も懐かしい気配、昔ながらのライトノベルを感じました。 入り、中盤、終わりの流れ、それぞれのキャラクター含めてめちゃくちゃ面白かったです! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

関連情報

電撃文庫『魔女に首輪は付けられない』キミラノ試し読み

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2024/02/09
  • 定価
    748円(本体680円+税)
  • ISBN
    9784049155259

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK