時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん 8
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん 8

2024年4月よりTVアニメ放送開始!
燦々SUN (著者) / ももこ (イラスト)
シリーズ:時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん(角川スニーカー文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

戸惑いとトキメキが交錯した体育祭を経て、遂に自分の気持ちに気付いたアーリャさん。
一方、政近は約束の誕生日会に向けて準備を進めるも慣れないプレゼントの購入に大苦戦!?
 有希に茶化されながらも背中を押された政近は、誕生日会の当日パートナーに大切な言葉を伝えることを決心して――
「誕生日おめでとう。出会ってくれたことに、心から感謝する」【こちらこそ】
互いに、出会えた奇跡に感謝し祝福し合うアーリャと政近。
しかし、順調に絆を深め合う二人に不穏な影が忍び寄る。日常に溶け込んでいた危険因子が動き始めて……。
 ロシアンJKとの青春ラブコメ、ドキドキなお誕生日会編!

みんなのデータ

  • 21
    評価する
  • 20
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ばたやん@かみがた

    《She is My…》有希の抱えたモノが重い。原因は、幼少からの兄と母・祖父との確執、父母の離婚で彼女が自責する要素は一つも無いのに。綾乃も無表情の下にあるピュアな心情を吐露したが、あの場面と出会うよう誘導されても政近を孤独から救い出そうとするアーリャも神過ぎる。ただ、後二者をそう仕向けたア奴はdevil。エレナ先輩もマーシャに次ぐ聖母。色々読者向けに体張り過ぎるけれども。/さて、以前より燻り続けて来たがいよいよ焦眉の急を告げてきた感あるのが、政近が自身の「トラウマ」と向かい合う必要性である。(1/2) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なっぱaaua

    政近はやっと秘密をアーリャに話したか。もうこれ以上引っ張るとデメリット以外はないから仕方ないよね。乃々亜は悪い人というよりも元々そういう思考なのだよ。雄翔の乃々亜評だけが合っているけど政近は優しい。マーシャさんはやっぱり政近のことを忘れられないのだよね。大胆な攻撃受けたら行動不能となると思うが政近の精神力の強さが際立つね。いろいろな意味で政近が飛び立たねばならぬ状況になっている。最愛の妹:有希の件も含めて。アーリャの恋心が明確になって次なる一歩を踏み出す大切な話となりましたね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    戸惑いとトキメキが交錯した体育祭を経て、遂に自分の気持ちに気付いたアーリャさん。一方、政近は約束の誕生日会に向けて慣れないプレゼントの購入に苦戦する第9弾。有希に茶化されながらも背中を押され、誕生日会の当日パートナーに大切な言葉を伝えることを決意する政近。しかし順調に絆を深めてゆく二人の関係に不安の影をもたらす存在。今回もなかなか楽しいイベントが目白押しでしたけど、一方で自覚し始めて不安定だからこそ、さりげなく不安な状況を作り出す悪意は思っている以上に危険ですね…政近がしっかりフォローできて良かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    かつてこれほどまでアーリャの『喜怒哀楽』が表現された回はあっただろうか、というくらいアーリャの様々な感情が爆発する今回でした。彼女の感情を動かしているのはもちろん政近で、全ては彼が抱える妹・有希への深い愛と彼女に対する罪悪感と後悔に起因するところが何とも切なく感じますね。さて、ラストシーンにて政近がこれまでひた隠しにしてきた真実を伝えられたアーリャは、その事実にどう向き合いどう行動するのか。続を大いに楽しみにしています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 桜庭かなめ

    体育祭からアーリャの誕生日まで。アーリャが政近への好意を自覚したことでラブコメっぽさがより感じられるように。乃々亜がさりげなくアーリャ達を引っ掻き回すなぁ。アーリャが「政近が有希を好き」と勘違いしている状況になりどうなるかと思ったら、ラストに政近が有希が実の妹だと明かすことになるとは思わなかった。次巻では大きく物語が動きそう。シリアスな雰囲気がある本巻の中で、マリヤが酔っ払って政近に絡むエピソードはサービス回という感じで良かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

関連サイト

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK