人類すべて俺の敵
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

人類すべて俺の敵

第28回スニーカー大賞の頂点 一人の少女が為、世界に仇なせ
(著者) / めふぃすと (イラスト)
シリーズ:人類すべて俺の敵(角川スニーカー文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

「人類は、《魔王》によって滅ぼされるだろう」
 突如、全人類の前に降臨した神はそう告げた。  
 1ヶ月ほど前から無差別に発生した不審死により、既に八億人もの命が失われていた。《魂魄剥離》と呼ばれるその現象が、あどけない少女にしか見えない《魔王》によるものと神は言う。
 厄災を阻止すべく、人類を代表する十人の天使が選出され、《人類》対《魔王》――《聖戦》の火蓋が切られる。
 震撼する世界で、ただ独り高坂憂人だけは少女を知っていた。彼女が世界の敵に仕立て上げられ、助けを求め手を伸ばすか弱き存在であると――。
 ひとりの少女が為、世界に仇なせ。

パートナーのおすすめレビュー(宣伝)

  • 一人の少女を守るために何度でも立ち上がるヒーローの姿に胸が熱くなる!

    レオン
    レオン
    舞台は現代。魂魄剥離現象と呼ばれる謎の事象によって何億もの人命が奪われ、人類は滅亡の危機に瀕していた。その現象を引き起こす原因である<魔王>に選ばれた少女・レーヴェと出会った高校生・憂人は、魔王の従者として契約することになってしまうんだ。憂人は人類の敵として、神から力を与えられた人間<天使>達との壮絶な戦いに身を投じることになるんだよ!

    魔王の従者となった憂人が手に入れたのは、尋常ならざる力。石を片手で砕くなんて当たり前だし、ビルより高く跳躍するのも思いのままさ。もし相手が人間なら、何人相手にしたって負けることはないだろうね。……でも、そんな万能感を味わえるのは束の間のこと。

    <天使>達の持つ特殊能力に、憂人は幾度となく追い詰められることになる。紅蓮の炎を操るなんてかわいいほうさ。死んだ人間や動物の魂を使役する能力で包囲戦を挑まれ、空想を具現化する天使に不条理を押し付けられる…。そんな圧倒的な能力を前にしながら、たった一人の少女を守るために何度でも立ち上がり、挑み続ける憂人の姿に胸が熱くなったよ!

    様々な理不尽に立ち向かって戦う非業のヒーローの姿を、ぜひ目に焼き付けてほしいな!
  • 複雑な展開に、憂人よりも先にこっちの心がどうにかなりそうッスよ~~!

    ディアナ
    ディアナ
    人類を滅ぼす魔王の手先となった憂人。いわば人殺しの手伝いをするわけッスから、胸中は当然複雑ッスよねぇ。

    でも魔王が生み出されたのには、重大な理由があったッス。なんと神いわく、魔王が現れなくても、人類は自らの行いで滅びを迎える寸前だったんスよ。紛争、自然破壊、人口爆発…理由なんていくらでも思いつくッスよね?

    そこで神は魔王を生み出すことで人類を間引き、滅亡を防ぐことを思いついたッス。あまりに理不尽な仕打ちッスけど、これは人類に与えられたチャンスでもあったんスよ。なんせ<天使>達が魔王を倒せば、一方的な間引きは回避できるッスから。どっちを選ぶかは人類次第ってわけッス。くぅ~究極の選択ッスねえ!

    憂人は他人の命が無為に奪われて、放っておけるような性格じゃないッス。でも、魔王なんて役割を突然課せられたレーヴェただ一人を、人類の敵にすることもできない…。憂人が苦悩の末にどんな選択をするのか見ものでハラハラしまくりッス!

    人類の敵として追われ悩む暇すら与えられない憂人……。凄惨な戦いの行方がどうなるのか、憂人達に救いはあるのか。息の詰まるような展開の連続に、手に汗握るッスよ~!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 5
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    無差別に発生する魂魄剥離により、一ヶ月で八億もの命が失われた人類。突如、全人類の前に降臨した神は人類は魔王によって滅ぼされると告げ、聖戦の火蓋が切られるファンタジー。あどけない少女にしか見えない《魔王》による厄災を阻止すべく、人類を代表して選出された十人の天使。そんな中で唯一人、高坂憂人だけは魔王とされた少女レーヴェが世界の敵に仕立て上げられた弱き存在でしかないと知ってしまう展開で、なかなかえげつないことを考える神もあれですけど、憂人は最後まで彼女を守り続けることができるのか、なかなか業が深い物語ですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    面白かったですね。 人々の命を奪う魔王の正体はあどけない少女のレーヴェ。そんなレーヴェを狙う天使が神によって十人選ばれ、戦いが没発するが、その裏にとある企みがあることを知った高坂憂人は魔王の眷属となりレーヴェを守ることを決意する…。天使との緊張感のある戦いがもちろん目玉ではあるものの、異なる立場から憂人を支える幼馴染と親友の存在、そして今回戦った天使の人間味溢れる切ないエピソードがこの作品をより面白いものにしていました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    コテコテ厨二感。これぞ『エヴァ』流行時皆が思い浮かべたラノベではないだろうか。増えすぎた人類を削減するため神から選ばれた天使と魔王。魔王を守るコマとして選ばれた主人公は悪魔として世界と戦う。 でも少子化などの衰退を叫ぶ力もなくなり、総力戦でなくテロと内戦とデフォルトに怯える現代において、この構図はあまり魅力的でない。いや調味料を変えれば化けるのかもしれないが、主人公らの境遇は唯一無二とは感じられない。不遇といえばそこまでだろうが、もう少し混乱が欲しい。スニーカー大賞は読者層をどこに見ているのだろうか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    突然人類が一カ月の間に何億人も死んだ世界で、殺人犯の父親を持つ少年が、魔王となった少女に出会い始まる物語。―――世界か君か、選べずともその道を。背負わされたものがあまりにも大きく、それでも決意してその道を行く物語であり、激しく心を揺さぶるように真っ直ぐなそれぞれの感情が激突する、レベルの高い面白さのある物語である。始まったばかりの茨の道、世界か彼女か、その結末は変わらない。世界の数十億人か、それともただ一人の彼女か。あまりにも大きいものを背負い悲しい伏線が待つその先とは。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • たまご

    魔王となった少女と魔王を守護する少年の異色ボーイミーツガール作品。魔王と言えど無垢な少女であるレーヴェ。隠された彼女の真実や人類の敵として命を狙われる未来を思うと暗澹たる気持ちに。そんな全体的に重たい内容も地の文や設定が魅力的で、物語にグイグイ引き込まれます。運命共同体となった二人の過酷な逃避行ですが、レーヴェのピュアなリアクションと憂人の優しさに心癒されます。魔王の加護で力を得た憂人と異能力を駆使し挑んで来る人類代表の天使達とのバトルは読み応え抜群。しっかり完結まで読ませて頂きたい!面白かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

関連情報

スニーカー文庫『人類すべて俺の敵』キミラノ試し読み

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK