処刑少女の生きる道 9 星に願いを、花に祈りを
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

処刑少女の生きる道 9 星に願いを、花に祈りを

そして、少女たちは再び巡りあう。彼女が彼女を殺すための物語、運命の第9巻!
佐藤真登 (著者) / ニリツ (イラストレーター)
シリーズ:「処刑少女の生きる道」シリーズ

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

そして、少女たちは再びめぐりあう。

彼女が彼女を殺すための物語、第9巻。

「君たちの願いは、叶わない」
対ハクアの切り札「星骸」。辛うじてそれを確保したものの、メノウたちから逃げ場は失われていた。
最強の【使徒】ミシェルが迫るなか、逆転の一手となる「星骸」の解析を進めるメノウたち。しかし「星骸」起動には、【器】との接触が不可欠であることが判明する。
人間はおろか、魔導兵すらも拒絶する、隔絶した魔導領域。最後の四大人災【器】が潜む、「絡繰り世」の最奥。そこにたどり着いたメノウに突きつけられた極限の選択、それは――。
そして、少女たちは再び巡りあう。彼女が彼女を殺すための物語、運命の第9巻!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    辛うじて対ハクアの切り札「星骸」を確保したものの、逃げ場は失われていたメノウたち。最強の使徒ミシェルが迫る中、逆転の一手となる星骸解析を進める第9弾。星骸起動には器との接触が不可欠であることが判明し、人間はおろか魔導兵すらも拒絶する隔絶した魔導領域。最後の四大人災の器が潜む絡繰り世の最奥。そこにたどり着いたメノウに突きつけられた極限の選択。これでもかとばかりに激動の展開でしたが、お互いのことを諦めないメノウやアカリだけでなく、モモもほんと頑張りましたよね。そんな彼女たちが引き寄せた結末がとても素敵でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    ★★★★ 色々と激動の展開に読んでいるこっちもぶん回されてハラハラしっぱなしだったのですが、それはそれとしてサハラがやたらと雑な扱い受けてるのには笑ってしまった。かなりの確率で廃人になりかねない状況だったのに誰も特に心配しないし、当人も雑に無事に戻ってきちゃうし。いや、なんで特に何の影響も受けてないんだよ!  続きを読む…

    ネタバレあり
  • タイコンデロガ級

    モモ、本当に頑張ったなぁ。メノウの肉体をアカリが回帰させるのはアニメのOPで先んじて映像化されていたという訳でしょうか 『器』の我堂蘭はちょっとやってることが壮大過ぎて、ちょっと一回読んだだけだと理解が及ばないです…。6巻で使徒の『防人』が無限の時間があれば『器』ほど恐ろしいものはないと言ってましたが本当ですね…。で、その『防人』は我堂の人格の1つだったと判明して、アーシュナ殿下の体を乗っ取って活動を始めましたね。グリザリカ関連の話はずっと待っていたので次巻が楽しみです。アーシュナ殿下の精神は無事なのか 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 灰猫

    モモとサハラのやり取りがいい。サハラとミシェルがいい味出している話。白亜を送り返すため、星骸の起動のため我堂に出会いに行くあたり、導力だけの世界を通るあたりの世界の描写がいい。色々な設定が複雑に絡んでいるがうまく料理されている感じ。ミシェルとメノウの戦いもいい。災厄同士の戦いの様相だったが。今回はモモがMVPと思える。彼女のメノウへの思いは揺るがないようだ。メノウもアカリも復活したので、次は白亜との対峙となるのかな。マヤもいい味だしていた。次巻からは設定をたたむことになるそうだ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • フーム

    物語がめちゃくちゃ動いた。5巻くらいかけるかと思ってたところが一気に終わったスピード感。 アカリ、お前がナンバーワンだ モモ、英雄。思い出してもらえてよかったね……。 ミシェル、死ぬな馬鹿 アビリティコントロール、蝶になってかわいい サハラ、死んだかと思った フーズヤード、これから出番ある? ハクア、 マヤ、次万魔殿となんかありそう 我堂、こいつヤバすぎない? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2024/01/14
  • 定価
    935円(本体850円+税)
  • ISBN
    9784815625146

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK