七つの魔剣が支配する 13
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

七つの魔剣が支配する 13

アニメ化で話題沸騰! 剣花団に訪れる変化の時――!
宇野朴人 (著者) / ミユキルリア (イラスト)
シリーズ:七つの魔剣が支配する(電撃文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

★ゴッドフレイの外伝小説も発売中★
 友を繋ぎとめるため、友と並び立つため、さらなる絆や力を求めたピートとガイ。
 しかし、彼らが覚悟を持って踏み込んだ先は、決して光ばかりとは言えないものだった。それは剣花団のほかのメンバーも同じこと。

 呪者として目覚めたガイは、力の制御が可能となるまで一時的に剣花団を離れることになり、メンバーに動揺が走る。しかも、オリバーたちは上級生として研究室選びの時期を迎え、各々が自分の将来を考えなければならない。徐々に、しかし確実に、彼らの関係性には変化が起こっていた。

 そう――大人に近づき、魔に近づく彼らは、かつてのままではいられないのだから。

 さらに、新任教師ファーカーの不気味なまでの優しさや、この学校では異常とも言える生徒想いな振る舞いは、一部のキンバリー生たちの考え方までも変えていく。一方で、謎に包まれたその真意を確かめるために、オリバーは自ら魔人へと接近し――

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    呪者として目覚めて一時的に剣花団を離れることになったガイ。一方、オリバーたちも上級生として研究室選びの時期を迎え、各々が自分の将来を考え始める第十三弾。岐路に立って友を繋ぎ止めるためさらなる絆を求めるピート、並び立つため力を求めるべきなのか葛藤するガイが抱える何とも複雑な思い。オリバーと共にいる喜びを隠せないカティに、お互いの事情を彼と分かち合うシェラ。剣花団としての絆は強固でも、同時にそれぞれがどうあるべきか考えないといけなくて、いくつもの切ない想いも垣間見えましたが、ファーカーの存在が不気味ですね…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • きんばら いつき

    誰かが欠落することでの人間関係の綻びがよく現れている。誰かが担っていた役割の穴埋めで、別の誰かにしわ寄せがいき、それが新たな歪みを生み…。大賢者という強力極まりない存在の加入も、ある意味では人間関係の変化ではないだろうか。それこそ、独裁体制から別の対抗勢力が生まれるというパワーバランスの変化にも見える 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 如水

    前回でガイが呪者として覚醒。呪樹(イビルツリー)を襲名?した所から。いるだけで呪いを振り撒いてしまう、しかも親しい仲で在れば在る程伝播しやすく…と言う訳で剣花団から離れて生活する事に。又、オリバー達は研究室選びの時期に入り、其々の選択時期に…と言う御話。まぁ確かに男女混合でしかも『一人の人間につき一人の相手、そんなルールは所詮普通人のものに過ぎないと。魔法使いの考え方は…』で分かる様に人の繋がりとは?と言う根本的な所を抉ってくる巻でした。後、新任教師である【大賢者】ファーカー、まさか二つ名が○○とは…😱 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 山川欣伸(やまかわよしのぶ)

    シリーズ第13弾では、ガイが剣花団を一時離れるという事態が展開される。これによりオリバー達の絆に一抹の不安が生じ始めた。一方、4年生になったオリバー達は、研究室選びに奔走する。本作のテーマは「変化と成長」である。オリバー達は大人への階段を上りながら、魔法の世界の厳しさに直面する。かつての無邪気さを失いつつも前に進み続ける様子に、私は彼らの青春期の移り変わりを象徴していると感じた。余韻に長く浸れる作品である。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • どんぐり@京都の何処かで

    結局ファーカーにもオリバー同様にいくつもの顔があるという事なのか。ただクロエを慕っている事実は信じよう。で、異端の本部みたいなのと、トライアングルと、なかなか新しい組織とともにリンネア様を始め、多数の新登場キャラが。でもって剣花団はその絆をさらに強めるが、ミシェーラ推しなだけに辛い。次巻、 この調子で新しい敵や組織が出てきたらちょっと、覚えきれなくてつらいかも。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2023/12/08
  • 定価
    748円(本体680円+税)
  • ISBN
    9784049152760

関連サイト

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK