異修羅 8 乱群外道剣
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

異修羅 8 乱群外道剣

地球最後の柳生・柳の剣のソウジロウvs人工英雄・絶対なるロスクレイ。
珪素 (著者) / クレタ (イラスト)
シリーズ:異修羅

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

“最初からロスクレイに勝てる者などいなかった。”
自らの手を汚さず冬のルクノカを脱落させ、ロスクレイ陣営の勝利はもはや揺るがないように見えた。
だが、なおもその喉笛を噛み切らんとする逆理のヒロト、黒曜の瞳。
それぞれの理想を求める混沌のなか、戦いに飢えた柳の一太刀が“絶対”を斬り拓く。
第十試合。地球最後の柳生・柳の剣のソウジロウvs人工英雄・絶対なるロスクレイ。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • イツキ

    ソウジロウの戦いへの執念とロスクレイの人族の平和への執念がひたすらに凄まじく圧倒されました。少しずつ登場人物たちが退場していき、そして暗躍していたものが表に出てきたり、ここで動いていた者たちが合流したりと六合上覧の決着も含めこの先の展開がどんどん読めなくなっていて続きが気になるところです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • sugsyu

    冬のルクノカとの大戦争から一転、人間・ロクスレイVSソウジロウ戦を中核とした地味で陰湿極まる策謀戦。この世界の官僚とか絶対やりたくねぇ~。前近代なのに霞が関よりブラック確実。なんでこの期に及んでどの陣営とも無関係に市街地でバイオテロする魔王自称者とかが出てくるの!?全然手段を択ばない英雄同士の極限殺し合いがたまりません。もぉ誰もなにも制御できなくなってない?そして終章の「彼女」の復活は喜ぶべきか更なる混沌に戦慄すべきか…アレが騎乗する新たなカタクラフト=超重兵器とは…? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ケロたん

    陰謀渦巻く中、絶対vs柳生 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Hisha_maru

    毎巻1試合は進めてくれるのがありがたい。今回はさすがにどちらかが圧勝する展開になるんじゃないかと思ったら、いつも通りのヒリつく展開だった。ただ、裏切ったり、手を組んだりが激しくて、陣営ごとの目的とメンバーがどうなっているのかが正直あまり把握できていない。。。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • merunonia

    今回も激熱でした。ロスクレイVSソウジロウ。なぜロスクレイが【絶対】と言われるのかが語られる回であると同時に、ヒロト、黄都、黒曜と様々な陣営が入り乱れる第10試合。今までの積み重ねが爆発するような入り乱れ方に試合に、最後まで結末が分からないほどめちゃくちゃ面白かったです。特に、目次が【試合中止】⇒【第10試合】に塗り替えられる演出がゾクゾクしました。また個人的に嬉しかったのが、とうとうツーとキアというW推しが出会ったこと。女王セフィトに会いたい同士がどのような展開になるのか、胸熱すぎます!! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2023/10/17
  • 定価
    1595円(本体1450円+税)
  • ISBN
    9784049151725

関連サイト

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK