Lie:verse Liars 俺たちが幸せになるバッドエンドの始め方 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

Lie:verse Liars 俺たちが幸せになるバッドエンドの始め方 3

彼の求める幸せ。彼の向かう結末。私が願うのは――
鳳乃一真 (著者) / あるてら (イラスト) / Liars Alliance (原作)
シリーズ:Lie:verse Liars 俺たちが幸せになるバッドエンドの始め方(MF文庫J)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

《偽獣》たちが若者を攫って構築する《偽世界》。特殊な能力に目覚めた《覚醒者》は、その被害者たちを救出するべく、日々《偽世界》の脅威に挑み続けていた。
覚醒者である灰空瑠宇は、非日常と日常を行き来しながら自身の結末を目指していた。そして彼のストーカーを公言する狛芽献は、唯一彼の日常を知る人間。彼の求める幸せを知るからこそ、幸せな結末を迎えてほしいと願い、彼のために何でもする覚悟があった。そんなある日、カリバーンエージェントとクランマスターたちが一堂に会し、“複数の被害者たちが囚われた特殊偽世界事件”について話し合っていた。そこでエージェント・住ノ江郁人は――

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    非日常と日常を行き来しながら自身の結末を目指す覚醒者・灰空瑠宇。そんな彼がグランドマスターが集められた場で複数の被害者たちが囚われた特殊偽世界事件の参加を求められる第三弾。直前の因縁も絡めた様々な思惑が垣間見える合同作戦。密かに自らの目的のため機を窺っている瑠宇と、唯一彼の日常を知る存在でストーカーを公言する狛芽献の過去。事件自体は予想通りの展開から思わぬ結末を迎えたわけですけど、その始末の過程で思っていた以上にヤバい背景もいろいろ明らかになってきて、だからこそ瑠宇や雉子たちの育んできた絆が印象的でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 碧海いお

    読む前に漫画のリバライが連載中止だと知ってしまったので、クロスオーバーだ!!と楽しめる気分ではなくなってしまいました…。 にじさんじを役者として起用をする作品ではなく、オリジナルのファンタジー小説として出した方がよかったんじゃないか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 凜音

    読了 今巻は立派な瑠宇のストーカーである狛芽献と、瑠宇くんの2人の出会いとバックボーンを交えた巻。 これである程度主要キャラの背景が見えてきました。 前巻までより更に1歩深みへと足を踏み入れた印象。結局クロスオーバーの漫画読めていないのですが、ラノベ版だけでも十分に楽しめるなと読んでいて感じます。 特に今巻は一気に物語の重さが乗ってきた。 献のと言うよりは瑠宇の過去というのが衝撃的で、元々の飄々とした印象との差がまた効いてる。 何やらこの森浜市には思ってい以上にいろいろな思惑が渦巻いていた様だ… 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ARI

    これはこれは、一段と面白くなってきましたね〜! 今回は瑠宇のストーカーを自称する狛芽献の過去を中心に展開する巻で、そんな彼女が見る世界には当然瑠宇がいるからこそ彼を取り巻く日常もぐっと掘り下げられていく。ヒロインの深堀りを、主人公に絡めていけるのがすごく上手。そして見えてくるのは、彼の異常な家庭環境……、どころかその奥にある偽世界が生じるこの街の闇の片鱗。瑠宇たちそれぞれに物語があって、その中で自分たちの望むハッピーエンドを掴もうとするように。クラン上層部たちもまたそれぞれの思惑があって動いている。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 中山バスター

    瑠宇のストーカーを公言する献は、唯一瑠宇日常を知る人間。求める幸せを知るからこそ、何でもする覚悟があった。ある日、カリバーンとクランマスターたちが、複数の被害者が囚われた偽世界事件について話し合っていた◆瑠宇と献のバックグラウンドがかなり闇があるね。クラン同士の確執や方向性も露わになってきて少しずつ世界が広がってきている印象。雉子もスゴイ力を持ち始めたみたいだし、続きが楽しみになってきました。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2023/11/25
  • 定価
    792円(本体720円+税)
  • ISBN
    9784046829849

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK