許嫁が出来たと思ったら、その許嫁が学校で有名な『悪役令嬢』だったんだけど、どうすればいい? 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

許嫁が出来たと思ったら、その許嫁が学校で有名な『悪役令嬢』だったんだけど、どうすればいい? 3

幼馴染の智美と涼子から告白された浩之。でもその心の中に“許嫁”である彩音がいた。二人を断ったものの複雑な関係は更に加速して?
疎陀陽 (著者) / みわべさくら (イラスト)
シリーズ:許嫁が出来たと思ったら、その許嫁が学校で有名な『悪役令嬢』だったんだけど、どうすればいい?(ダッシュエックス文庫DIGITAL)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

ついに幼馴染である智美と涼子から告白された浩之。
だけどその心の中には“許嫁”である彩音がいた。
今はまだはっきりと好きかどうかは分からない、だけど大切にしたい――そう想う浩之は告白を断ったけど……。
「「私たち、諦めないから!」」
と、2人から宣戦布告を突き付けられたのだった。
それからというもの、浩之を奪還すべく、今まで以上に猛アタックをする智美と涼子。
そんな屈強コンビを前に少しタジタジの彩音。
前途多難な四角関係がはじまったかのように見えたが……そんな4人のいざこざに巻き込まれていた後輩・瑞穂が黙っていなかった。
瑞穂にとって浩之は尊敬する先輩であり、想い人でもあって――。

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 5
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    ついに幼馴染・智美と涼子からの告白を断った浩之。しかし相変わらず諦めない2人から宣戦布告を突きつけられてタジタジ気味の浩之と彩音に、後輩・瑞穂が動き出す第三弾。尊敬する先輩であり想い人でもあった浩之に、打ち込むバスケで直面する悩みを打ち明けて教えを請う瑞穂。そんな彼女のために特訓に協力した成果が出始めた矢先の悲劇。誰が悪いわけでもない、どうするのが正解なのか難しい状況で、浩之が出した提案と応えてくれた仲間たち。思わぬ副産物もありましたけど、彼らの頑張りが瑞穂の心を揺さぶることができるのか続刊が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    スポーツに怪我は付き物。それが本気で打ち込んでいるものであればあるほど絶望は深くなるもの。そんな怪我を負った瑞穂の為に男女混合の市民バスケット大会で優勝を目指す彼らの努力する姿はまさに青春。新たな恋の予感を感じさせる中、浩之達の思いが瑞穂に届くのか続きが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    前回、浩之は幼馴染みの智美と涼子からからの告白を断ったけど、「諦めない」という二人の宣戦布告に許嫁である彩音は戦意を燃やすが…。とラブコメ展開へ移行すると思いきや、今回はバスケの試合中に深刻な怪我をした妹分・瑞穂のためにと浩之たちが動くバスケ回でした。瑞穂のためにと集った面々が、練習を通じて絆を深めていく展開は実に青春。特に今回はサブキャラの藤田君の活躍が目覚ましく、彼にバスケの指導している後輩の有森さんが惚れてしまうのは当然と言えましょう。浩之たちの思いは瑞穂をどう動かすのか。続きを楽しみにしています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ゆ〜た◢◣

    ★★★★★ 藤田△!!カッケーー!! この巻は完全なスポ根!そうなった理由が辛い…… 1人の為に皆で頑張る姿は、これぞアオハル! バスケがメインになってるので恋愛要素が薄いかと思ったが藤田がやってくれた。この男の株が一気に上がりましたね! しかしここで終わるのか・・・4巻早く読みたい!! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク@ぼっち党員

    い、いつの間にかバスケラノベになってる…。これはこれで面白いんだけど、ラブコメとしての進展は全くなかった。まぁ、一つのことを協力して行うことで育まれる絆は確実にあるので、将来振り返れば繋がってるのかも。スポ根モノとしては怪我からの葛藤という中々重い内容。これまでの努力が無に帰すのはツラい。そこからの好きなことに努力という言葉は使わないというのは刺さった。確かにできなかった時の言い訳に使っていたかもしれない。友達のために時間を費やせる藤田はホントすごい奴だ。そして大会は次巻に続くという生殺し。早く続きを…。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK