恋人以上のことを、彼女じゃない君と。 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

恋人以上のことを、彼女じゃない君と。 3

「どう告白すればいいんだろう?」大学一年生である俺、山瀬冬は恋に悩んでいた。相手は、サークルの同期である皆瀬糸。ーーこれは、糸と出会い、恋人となり、青春を紡ぐ物語。そして、恋人であることを諦める物語。
持崎湯葉 (著) / どうしま (イラスト)
シリーズ:恋人以上のことを、彼女じゃない君と(ガガガ文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

“恋人”だった、俺たちの物語。

山瀬冬、大学一年生、童貞。四国は香川の高松から上京してきた俺は、新生活が始まった今も悩みを抱えていた。「皆瀬に、どうやって告白すればいいんだろう?」俺は、同じサークルの皆瀬糸が気になっている。別に、一目惚れというわけではない。むしろ初対面の頃は、目立たない子とさえ思っていた。けれど、その微妙にずれた感性や、やけに綺麗な所作が新鮮で、気づけば彼女を目で追うようになっていた。俺は、皆瀬糸に恋い焦がれてしまったのだ。ーーこれは、糸と出会い、付き合い、青春を紡ぐ物語。そして、恋人であることを諦める物語。

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 海月

    すごい綺麗にまとめるこらおしまいと覚悟してました。 何気に最近のラノベで一番好きな本なので続編もあるのに安堵しつつしっぽりな読了巻です。 今回は基本的に大学時代編と言うべき内容で合間合間に現実(なぜかピロートークなのがまたいいですな)が挟まれてる構成。今まで少しだけ語られていたものが全て語られた感じです。次巻はいつかなー? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    第3巻は大学生編と知ったときから、なぜこのタイミングで?と疑問に思っていました。というのも最後に別れることが分かっているので、単なる過去語りならシリーズの進行を妨げるものでしかないと考えたからですね。しかし読み終えてみて、まず現在の冬が回想する形で進行する構成の妙に感激するとともに、今の冬と糸が過去に決着をつけ先に進むために、確かにここで語られるべきエピソードであったと納得することになりました。この展開は実に巧緻だな。冬の思いは固まった。あとは糸の決断によって物語の結末が決まる。続きを楽しみにしています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    両親からは勘当同然ながらも、束縛から解放されやりたい仕事に取り組めるようになった糸。そんな彼女との正月休みを満喫する中で、二人の大学時代を思い出す第三弾。現在のエピソードと絡めながら回想する大学時代。香川の高松から上京してきた冬が、気がつけば目で追うようになっていた糸の存在。ふとしたことから気づいた彼女の秘密を知り、付き合い始めた二人の日々と別れ。二人で過ごした楽しい思い出と、気づき得なかった限界を痛感するからこそ、今の関係がかけがえのないものなのは間違いなくて、だからこそ彼女の真意が気になるところです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    冬と糸が如何にして出会い、どのような交際をして、どうして別れたのかがが描かれる大学生編です。2人の会話は相変わらず独特のセンス溢れるものであり、初めての恋愛を純粋に楽しむことが出来たからこそ今の関係があるんだなと思うと同時にこの別れ方はキツい。 読む前は『何故このタイミングで大学生編?』と思いましたが、このエピソードを挟むことで糸とやり直したいという冬の覚悟が伝わってきました。糸の返事はどのようなものになるのか、次巻も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★事前情報で過去編だとしっていたので、このような展開になるのはわかっていたのだが、それにしたって描き方ってもんがあるだろうがと、心に大きなダメージを負った。二人の大学時代。とある共通点をきっかけに惹かれあって、愛し合って、キラキラ輝く素敵な恋をして、そして別れるまでを描く内容。終わってしまった恋の話の時点でどう頑張ったところでハッピーエンドにはなりはしないのは重々承知している。だが、二人の交際する様がこの上なく幸せそうで、ただ無邪気にこの関係がずっと続くことを疑いもしていないところが、 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2023/09/19
  • 定価
    814円(本体740円+税)
  • ISBN
    9784094531497

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK