死亡遊戯で飯を食う。 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

死亡遊戯で飯を食う。 4

第18回MF文庫Jライトノベル新人賞《優秀賞》受賞作、第四弾!
鵜飼 有志 (著者) / ねこめたる (イラスト)
シリーズ:死亡遊戯で飯を食う。(MF文庫J)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

『ニーア オートマタ』『シノアリス』 等の ヨコオタロウ 絶賛!?
「面白いのに、妙な違和感がずっとつきまとう。こわい。
作者の方、どういう脳の構造してるんですかね……すごいなあ。すごい」


〈クラウディビーチ〉を乗り越えた私・幽鬼に、同時期に行われたゲームで参加者の大半が殺害される惨事が発生したとの報が舞い込む。
かつて出会ったプレイヤー・毛糸とともに調査へ繰り出し、『殺人鬼』の再来を私は知る。
いずれ訪れる邂逅を覚悟していると、さらなる凶報が訪れる。
それは〈キャンドルウッズ〉で消えない傷を刻まれた右目の動向を伝えるもので……?
おまけに近頃は夜間学校のクラスメイトからも監視されていて心配事は山積み。
そんな中で私が挑むは、生者と死者の行き交う夜〈ハロウィンナイト〉。
ある時は学校帰りに。
ある時はカボチャ畑で。
我らその身が朽ちるまで、死亡遊戯で飯を食う。

みんなのデータ

  • 18
    評価する
  • 11
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 雪紫

    電子書籍にて読了。解説がない!?幽鬼の日常?を挟みつつも元プレイヤーの人生や(結構驚く)ゲーム外でも一線を踏み越える殺人狂まで控えてるという・・・どうなってんだあの世界。日常が崩れるのは他の日本より紙一重なのか?殺人鬼紫苑はあれでいいキャラしてるし、読んでる分にはどう転がるかわかんないという意味でもいいけど、こんなハロウィン体験したくないよ(ハロウィンのせいもあるのかなんか怖い)。そりゃ出て来たお菓子みたいに辛いわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    〈クラウディビーチ〉を乗り越えた幽鬼のもとに舞い込む、同時期に行われたゲームで参加者の大半が殺害される惨事。かつて出会ったプレイヤー毛糸とともに調査へ繰り出した幽鬼が『殺人鬼』の再来を知る第四弾。消えない傷を刻まれた右目の動向、幽鬼が通う夜間学校のクラスメイトからの監視と気になることが増えてゆく中で挑むことになるゲーム、生者と死者の行き交う夜〈ハロウィンナイト〉。今回は幽鬼の私生活面やゲーム関係者たちの出会いだったりも描かれる中で、復讐や因縁も絡めたゲームが彼女の日常となっていることを改めて実感しました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★クラウディビーチと同時期に開催されたガベージプリズンにて、ゲームの進行とは直接関係しないプレイヤーの虐殺が起きてしまう。それは奇しくもキャンドルウッズを彷彿とさせるもので…と始まる4巻。今回はデスゲームをリタイアした人物たちと、反町友樹としての学校生活に焦点を当てる内容。これまで日常生活を敢えて描かないことで、死亡遊戯に興じる姿が幽鬼の日常であると示してきたわけではあるが、いざそれが開示されてみると、表と裏との対比がハロウィンナイトのいいアクセントになっていたと思う。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    クラウディアビーチを乗り越えた幽鬼だったが、夜間学校で素性を怪しまれたりキャンドルウッズの後遺症に悩まされたり。そんな中でとあるゲームで大量殺人が起きたという噂を聞いた幽鬼は件の殺人鬼と邂逅を果たすことに。 幽鬼の素性を怪しむ人物との駆け引きは命を賭けたものではないけれど、それが逆に現実味のあるものにしていて。そんな中で迎えた死亡遊戯は個人的に今までで一番怖かったですし、殺人鬼との直接対決はスリルがありました。今回で明らかになった後遺症と意図せず出来た弟子とどう向き合うのか楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひぬ

    【電子】珍しく大半がゲーム外の出来事。キャンドルウッズの再来と言われる参加者の大半が殺害されたゲームの殺人鬼の情報を探すべく、毛糸(懐かしい名前…)と共に調査へと繰り出す幽鬼。彼女の学校での姿も見れたり、ゲーム外の出来事が主だったからか今までと比べて少し落ち着いていた雰囲気でした(もちろんアクションはありますが)。後半の「ハロウィンナイト」は紫苑が主役な感じでした。幽鬼はハンデを背負ってしまったので不穏な因子もありますが、予想外の出来事もあったりしたので、弟子(仮)との関係がどう発展するか気になります。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2023/08/25
  • 定価
    726円(本体660円+税)
  • ISBN
    9784046827654

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK