迷宮狂走曲~エロゲ世界なのにエロそっちのけでひたすら最強を目指すモブ転生者~ 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

迷宮狂走曲~エロゲ世界なのにエロそっちのけでひたすら最強を目指すモブ転生者~ 1

「とりあえず最強目指すか」
宮迫宗一郎 (著者) / (イラスト)
シリーズ:「迷宮狂走曲」シリーズ(オーバーラップ文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

「とりあえず最強目指すか」

伝説の陵辱RPGエロゲ【あの深淵(ダンジョン)へと誘(いざな)う声】の世界に転生したハルベルト。
ダンジョンを攻略し報酬を得る冒険者がいるこの世界では「HP0=モンスターに襲われ凄惨な目に遭う。
なのでHPを減らすのは極力避ける」のが常識だった。
しかし、ゲームの知識を持つハルベルトがとった行動は「HPを削っては回復する」という、この世界の人々を驚愕させる常識破りのレベル上げで!?
(端から見れば)狂気的な行動をとるハルベルトは「ぶっちぎりでイカれた奴」だと畏れられ始め――?
エロそっちのけで、ひたすらダンジョンを攻略し「最強」だけを追い求める異世界ファンタジー、開幕!

パートナーのおすすめレビュー(宣伝)

  • 前世の知識で最強な主人公と周囲のすれ違いっぷりが笑えるッス!!

    ディアナ
    ディアナ
    ダンジョン要素が売りのエロゲ世界に転生したハルベルト。この世界ではHPが0になれば悲惨な目(意味深)にあうんスよ。にもかかわらず前世でこのゲームをやりこんだ彼は、回復前提の立ち回りで平気で笑いながら魔物の群れに突っ込んでいくんス! 「黒き狂人」という異名は言い得て妙ッスね。

    ダンジョン攻略に熱意を燃やすハルベルトッスけど、その思いとは裏腹に異世界の住民は彼を恐れちゃうッス。自身のパーティにギルドの人達を誘っても全力で拒否されたり、仲間を増やそうと奴隷市場に赴いても肉壁を探しにきたと思われてしまったり…。まぁ、冒険者が束になってもかなわない敵を瞬殺する光景を見れば致し方ないッスよねぇ~。

    ダンジョンを攻略する度にハルベルトの体は鍛えられ、レアアイテムもどんどん増えてきたッス。その結果、凶悪なモンスターを倒すことで街への被害が減ったり、致命傷だった人をレアな回復アイテムを使って治したりと、気づけば皆のために貢献していたッス~。最初は「狂人の所業」と見ていた人々が「勇者の偉業」と改め始める展開は、変な爽快感があるッスよ!

    無自覚な主人公と彼を誤解する周囲の人々とのすれ違いコントは、とにかく笑えるッス!
  • 無表情なルカがハルベルトに甘える姿がとっても可愛いの!!

    ノエル
    ノエル
    仲間を探していたハルベルトはモンスターのルカを奴隷にするの。

    ルカは最初、反逆しようと考えていたの。でも絶対的な捕食者であるモンスターがハルベルトによって全てを奪われていく光景を見て思い込むの。「ハルベルトの奴隷でいればハルベルト以外の全ての恐怖から解放される」って。
    「ハルベルトに捨てられたくない」と考えたルカはあの手この手で特別な存在になろうとするの。そしてついに人間の姿になるの! 

    一方でハルベルトはそんなルカに警戒心を抱いてしまうの。ハルベルトは確信していた。――ルカが「凶悪な能力」を持っているって! 「とびっきりの美少女モンスター」、それは”ヤバいモンスター”の特徴だったの。だからルカと距離を置こうとするんだけど、ルカは常にハルベルトから離れないの。

    いつも無表情のルカだけど、心の中では「ハルベルトに捨てられるかも」って不安になっていたの。それもあってある日体調が悪くなったんだけど、ルカの異変に気付いたハルベルトが優しくルカの背中をさすって落ち着かせるんだよ。そして「ルカが望む限りずっと一緒にいる」と約束するの。そんな彼に安心して、一緒に眠る二人の姿はもう奴隷と主人の関係じゃないよね!

    二人の心の距離が近くなっていく度にルカはハルベルトにくっついて離れないの。ルカの甘える姿は可愛くてほっこりしちゃうよー!

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 5
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まっさん

    ★★★☆ 面白かったです。 物語は伝説の陵辱RPGエロゲである「あの深淵へと誘う声」、略してあへ声へと転生してしまった主人公・ハルベルトが、HPが0になる=尊厳を破壊された上で命を散らす世界において原作知識を用いてエロそっちのけでダンジョンを攻略するお話でした。 エロゲーというよりモンスターによる陵辱ゲーという要素が強い世界観で、スライムに生きたまま溶かされ捕食されたり、ノームに土に埋められ腐るまで養分として搾り取られたりと鬱エンド寄りな末路が有り得る世界。そんな世界でHPが少しでも減る事は自身の悲惨→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    伝説のRPG陵辱ものエロゲの世界に転生した男が、エロそっちのけで最強になるため駆ける物語。―――命知らずに突き進む、狂気こそが最強への鍵。 一歩間違えれば陵辱エンド真っ逆さまな道を、笑いながら全てのフラグをへし折り突き進む物語であり、最早どっちが魔物だと言わんばかりの所業に変な笑いが湧く、かもしれない物語である。最強を目指し突き進む、趣味人の酔狂はいつの間にか希望へ。果たして男の爆走は何処まで突き進むのか。そんな彼に魅了されていく人間は、どこまで増えていくのだろうか。 次巻も須らく期待であるべし。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 尚侍

    ものすごく面白かった。いやーこれはエロゲーマーであれば間違いなく読んで楽しい作品ですね。エロゲの世界でもそっちの要素が薄くイベント攻略要素の方が強い作品はありますが、そこを模した世界に攻略系のオタクが転生すればそりゃこうなるだろうというあたりをうまくなぞっているので、読んでいて非常に楽しかったです。また、その世界観ゆえにエロイベントに対して警戒心が高いのがまた良く、うまいところに目をつけたなと思いました。物語の展開的に三巻で終わりそうな雰囲気ですが、そこまではきっちりと描き出してもらいたいですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    ★★★★ 渾名が狂人って、こいつアタマおかしい以外の意味がないじゃないですか。実際その通りなのですが。前世持ち故の価値観の違いとかじゃない。ゲームと現実の区別がついた上でゲーム基準を現実に当てはめてしまえるブッチギリにヤバいヤツである。表紙絵だと普通に爽やか青年に見えるけど、基本眼が奈落みたいな黒い虚だからなあ、こいつ。これで普通に社交性とか倫理観があるので、ダンジョンに潜らないとそのヤバさがわからないというのは結構な地雷じゃないだろうか。あと、ノームの子をあそこまで無理やりヒロインにするとは思わんかった 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八千

    清々しいまでの振り切り方と言うべきか。ゲーム世界に転生し、メタ知識を武器に無双するとか、ゲームと違ってリアル異世界はシビアだとか、そういう要素は最早定番だが、今作はそれらの要素を徹底的にギャグへと落とし込んでいる。ゲームなら基本的な効率ムーブが狂人扱いされる流れだけで幾らでも書けそうな充実度には感心するし、そう読んでいくと意味なさげに見えたエロゲ設定もコメディ文脈を維持しながら異世界の理不尽さを表すには最適だったように思える。それでいて最終的には真面目にダンジョン攻略してるのがまた小癪。楽しかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK