望まぬ不死の冒険者 12
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

望まぬ不死の冒険者 12

最弱不死者からめざす最強冒険者、第12弾!
著者: 丘野優 (著者) / じゃいあん (イラスト)
シリーズ:「望まぬ不死の冒険者」シリーズ(オーバーラップノベルス)

あらすじ紹介

不死者の弟子、護衛依頼を受ける。

王都で諸々の依頼を終えたレントとロレーヌは、総冒険者組合長ジャン・ゼーベックと合流し、彼を連れてマルトへ帰還することに。
一方マルトでは、アリゼとともにイザークの指導を受ける鉄級冒険者リナの姿があった。
しかし周囲の実力者と比べてしまい強くなった実感を得られず、少し自信喪失気味のリナ。
見かねたイザークによって、一人で冒険者組合の依頼を受けることを勧められる。
シェイラの助けもあり、女性行商人ドロテアの護衛依頼を受注したリナ。
父親の反対を押し切って実家の商会から独り立ちしたドロテアだったが、多数のトラブルに遭っているために護衛を依頼したのだという。
行商の旅を無事に終えるべく、リナは己の技術、そして“吸血鬼”の力を振るうと決め――!?
強大な魔物と戦い、多くの謎を解き、そして強くなる。
死してもなお遙かなる神銀級を目指す、不死者レントの『冒険』、第12弾――!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • こも 零細企業営業

    あれ?彼女レントと同じ存在になってたんだっけ?どの巻くらいだったかな?読み直さないと。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    ★★★ イザーク、ずっとリサの冒険道中見守っていたのか。そこまで仕事が丁寧だと過保護なくらいじゃない? 表紙になっているようにリサの方の話がメイン。レントによって人外となって、イザーク達の指導を受けて強くなっているという以上に、自分に自信が持てていなかったと言う割には仕事中はずっと冷静でクレバーでしたよね。自覚あるようにメンタル面が前よりも感情が抑制されてるように見えるなあ。レントはのほほんと変わらんかったのに。レントの方は首都から戻って依頼していた新しい武器を手に入れるまで。いや全然話進んでないんだが。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK