午後4時。透明、ときどき声優 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

午後4時。透明、ときどき声優 1

これはわたしが、お芝居という「運命」に出会う物語──!
岬鷺宮 (著者) / いちかわはる (イラスト)
シリーズ:午後4時。透明、ときどき声優(MF文庫J)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

わたし、山田良菜は『無色透明』で地味な女子高生。
憧れの創作に挑んでも全く目立たず、自分は脇役だなんて諦めにも慣れてしまった。
そんな高3の春、突然目の前に現れたのはわたしと同じ声の超人気声優・香家佐紫苑! 
彼女が言った、“世界中で良菜にしか頼めないこと”は……。

「わたしと──入れ替わってくれない?」

素人の私が、紫苑の替え玉声優に!? 絶対に無茶……! 
でも、やってみたいと思ってしまった。『わたしの声』が必要とされて、胸が高鳴った。
紫苑に変装して飛び込んだ、痺れるようなアニメ作りの世界。
意外にもそこには、透明なわたしにしかできない芝居があって──!

みんなのデータ

  • 15
    評価する
  • 14
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ばたやん@かみがた

    《最初で蹴つまづく》これいいの?声優の「入れ替わり」なんて相手先に対する最悪の背信行為じゃないか。ばれたら出禁必至では。小娘の思いつきに事務所も、監督もいい大人が易々と乗るんじゃない。その点に両目瞑ってしまえば「自分だけの芝居を発見していく物語」として受け取ることは可能だが、そうであるのならば声質・容姿の類似性だけで成り済ます行為はその極北にあるものだろう。ダメでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    『無色透明』で地味な女子高生山田良菜。そんな高3の春、彼女の前に突然同じ声の超人気声優・香家佐紫苑が目の前に現れる青春小説。憧れの創作に挑んでも全く目立たず、脇役だなんて諦めにも慣れてしまっいた良菜にもたらされる、紫苑の替え玉声優の依頼。やってみたいと思い、自らの声が必要とされて胸が高鳴った良菜が変装して飛び込んだ痺れるようなアニメ作りの世界。戸惑いながらもチャレンジする声優の仕事は楽しくて、取り組んでいくうちに高まる想いがあって、熱い決意を胸にぶつかってゆくこれからの展開がとても楽しみな新シリーズです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    クリエイティブの世界に憧れながら挫折して、自分は『無色透明』だと思っている高3女子の山田良菜が、超人気声優・香家佐紫苑の代役を務めることから始まる青春物語。岬さんの新作は「自分なんて」という少女が、自分の世界を広げていく素敵な作品でした。良菜の「透明」は、透明だからこそ何色にでもなれる、という作品中で語られる良菜の強みであるとともに、透明だからこそ演者・良菜という「フィルタ」の向こうにある様々な色や形を、ありのままにみせられる彼女の表現者としての力を示しているのではないかなと思いました。続きが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★氏のMF文庫Jでの初めての作品である今作は、声優をテーマにしたお仕事モノ。大人気声優である香家佐紫苑と声質が似ていることでバズった主人公、山田良菜。とある事情によって紫苑から代役を頼まれたことをきっかけに、二代目「香家佐紫苑」として入れ替わり生活をおくることになるという内容。まず最初に、この作品の最大の問題点である、入れ替わりに対して納得のできる理由付けがされていなかった点について触れる。演技をしたこともないただの素人を、プロであると偽る時点でファンへの裏切りや声優業に対する冒涜なのでは 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    これといった特徴のない“無色透明”の少女・山田良菜が密かな夢を叶えたいという有名声優の香家佐紫苑と入れ替わり、声優世界に飛び込む青春物語。 紫苑と声だけでなく容姿までそっくりな良菜が声優の魅了に引き込まれていく展開で、“無色透明”だった良菜が全力で声優の道を歩き出す結末はなかなか良いものでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

関連情報

「次にくるライトノベル大賞2023」12/6(水)17:59まで投票受付中!!

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2023/06/23
  • 定価
    726円(本体660円+税)
  • ISBN
    9784046824417

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK