魔女と猟犬 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

魔女と猟犬 4

4年前に処刑された“お菓子の魔女”が復活した。その真偽を調査するため王国アメリアより、4人の異端尋問官と記録係として宮廷詩人が派遣される。彼らはお菓子の家があるという危険な森へと足を踏み入れるが……。
カミツキレイニー (著) / LAM (イラスト)
シリーズ:魔女と猟犬(ガガガ文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

4年前に処刑された”お菓子の魔女”争奪戦

“首飾りの森”近くの村エイドルホルンで、魔女災害が発生。

4年前にこの村で捕らえられ処刑された“お菓子の魔女”が復活したのだという。その真偽を調査すべく王国アメリアより異端尋問官のカルル、アビゲイル、ザミオ、そして見習い尋問官のエイミーと、その冒険譚を記録すべく宮廷詩人のリオ・ロンドが村へと派遣される。

だが村ではすでに、魔女集めを行っているという“キャンパスフェローの猟犬”と、“鏡の魔女“と思しき人物の姿が目撃されていた。その情報が本当なら、彼らに先を越されて”お菓子の魔女“を奪われることはなんとしても避けねばならないと躍起になるカルルたち異端尋問官。

そんな彼らをよそに、宮廷詩人のリオは見習い異端尋問間のエイミーとともに、村人たちの証言から独自に“お菓子の魔女”へと迫っていく。やがて二人は驚くべき真実に行き当たる……。

そして異端尋問官たち一行は、魔女の潜むという“お菓子の家”がある森へと足を踏み入れる。この先に、彼らの想像を絶する驚愕の事態が待ち受けるとも知らずにーー。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • なっぱaaua

    今巻は今までと違って主人公ロロと鏡の魔女がテレサリサがなかなか登場しないことに少し驚きを感じながらスタートしていきます。表紙のペロペロキャンディを舐めているお菓子の魔女を巡る攻防戦。お菓子の魔女は何でもお菓子に変えて食べてしまうというのです。その魔女は処刑されたはずなのにどうやら復活したということから異端尋問官たちが女王から遣わされた宮廷詩人とともに探索をするというお話しです。いつもと雰囲気が違うので戸惑いながら読み進めるもやはりワクワクするお話しでした。キャンパスフェロー側の反撃に繋げたいですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    首飾りの森近くの村エイドルホルンで発生した魔女災害。四年前に村で捕らえられ処刑された「お菓子の魔女」が復活したという真偽を確かめるため、王国アメリアより異端尋問官たちが派遣される第四弾。異端尋問官のカルル、アビゲイル、ザミオ、そして見習い尋問官のエイミーと、その冒険譚を記録すべく村へと派遣される宮廷詩人リオ・ロンド。そこに魔女集めをしているロロたちがいれば激突は不可避でしたけど、お菓子の魔女を巡る優しく切ないエピソードは印象的でしたね。激闘の末に新たな因縁も生まれましたが、次回の魔女争奪戦も楽しみですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    この作者は親子と言うか家族関係の話を書かせると、本当に強い。 容赦ない秘密と罪を重ねて「愛」を表現して見せる。そこに今回の舞台である閉鎖的環境、今作の世界観である中近世の宗教社会が重なったため、もう何しても不幸と言うか。 魔女と言う言葉が強かな女性を意味するなら、村のいうこともあながち間違いじゃなかった。そら死ぬまで演技して村人を怖がらせたんだから。 カルルの言動と言い、描写が細かく展開を反復させるミステリ要素があるので、行間というかキャラの裏事情を想像しやすい。(1/2) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しおり

    「昔処刑されたはずのお菓子の魔女🍭が現れた」との噂を聞きつけ、主人公達だけでなく異端尋問官も森外れの村に集結し…今までよりさらに魔法バトルがダイナミックになり、御伽噺の雰囲気もミステリー要素も際立っていて面白かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    ★★★★ ふわーーっそう来たか! いきなりこの巻だけ、敵側である異端審問官の側の視点で物語が描かれだした時は随分と驚かされたけれど、一度処刑されたはずのお菓子の魔女が再び現れたという謎が紐解かれていくミステリーとしても非常に引き込まれた。いやホントに面白かったよ。謎が謎を呼ぶというのとは少し違って、真実が明らかになった場面や心情に、さらに奥があって、それを見つける事でようやく全貌が明らかになっていく展開。って意識を完全にそちらに引っ張り込まれていたから、猟犬の登場は完全に死角からの一撃だった。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2023/05/18
  • 定価
    858円(本体780円+税)
  • ISBN
    9784094531152

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK