死亡遊戯で飯を食う。 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

死亡遊戯で飯を食う。 3

第18回MF文庫Jライトノベル新人賞《優秀賞》受賞作、第三弾!
鵜飼 有志 (著者) / ねこめたる (イラスト)
シリーズ:死亡遊戯で飯を食う。(MF文庫J)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

【カンザキイオリ(『あの夏が飽和する。』)&斜線堂有紀(『恋に至る病』)&冬野夜空(『一瞬を生きる君を、僕は永遠に忘れない。』)解説を収録!】

〈三十の壁〉を私・幽鬼は乗り越えた。
失った手指も取り戻し、完全復帰。
続く目標としていた四十回目も乗り越え、順風満帆のプレイヤー生活を送っていた。
しかし――そこに暗雲が立ち込める。
クリア回数三十超えの強豪が集う四十四回目のゲーム〈クラウディビーチ〉。
そこで見たものは、あの忌まわしき殺人鬼を彷彿とさせるばらばらに刻まれた遺体だった。
犯人を探すべく、絶海の孤島を駆け回るプレイヤーたち。
それを嘲笑うかのように増えていく犠牲者。
そして私が最後に対面したのは〈キャンドルウッズ〉にいた彼女の後継者だった。
ある時は制服の遊園地で。
またある時は水着のビーチで。
私たちは今日も――死亡遊戯で飯を食う。

みんなのデータ

  • 30
    評価する
  • 11
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    〈三十の壁〉を乗り越えた幽鬼。四十回目も乗り越え、順風満帆のプレイヤー生活を送っていた彼女が、強豪が集う四十四回目のゲーム〈クラウディビーチ〉に挑む第四弾。どんなルールかもわからないまま、ばらばらに刻まれた遺体を目の当たりにる幽鬼たち。疑心暗鬼になる思いもあって団結もできないまま増えていく犠牲者、複雑に絡み合う因縁の決着。回数を重ねた参加者ばかりになると用心深くなって、ああいう展開になるのかなと思いましたけど、幽鬼たちの対立を煽った挙げ句自分はしれっと生き延びた彼女はちょっと性格悪いなと思いました(苦笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    三十の壁を越えて勢いに乗る幽鬼が挑む遊戯は強者達が集っているにも関わらず、突然死者が出る不穏な幕開け。犯人はプレイヤーなのか、外部犯がいるのか。誰もが疑心暗鬼になる中、幽鬼は勝ち抜けのか? 離れ小島というクローズドサークルでの連続殺人というよく見る設定でしたが、プレイヤー達の思わぬ繋がりや因縁が明らかになっていく展開がこの遊戯をより複雑なものにしていて。そして肝心の犯人が用いたトリックに関しては引っかかりを覚えたものの、この作品ならではの設定を上手く使ったなと。そして何よりエピローグが良かったですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★シリーズ初の長編「クラウディビーチ」を収録。絶海の孤島に集められた熟練プレイヤーたちが毎夜一人ずつ殺されていくという、バチバチのクローズドサークルで犯人当てゲームが始まるかなりミステリに寄った展開になっていて、まさかこの作品でミステリが読めるなんて…と感激した。著者の引き出しが多すぎる。また、ゲーム自体は個々で完結しているはずなのに、1巻で出てきた要素をこう効かせてくるのかと、シリーズの連続性を感じさせるものだったのも良かった。巻末には3人もの作家による解説文まで収録されていて豪華。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひぬ

    【電子】30回を超え、順調にゲームクリアを続ける幽鬼。強豪が揃った44回目のゲーム「クラウディビーチ」に挑むことになります。今回も面白かったです。クローズドサークル風なゲームに仕上がっていて、ちょっとしたミステリー風な感じが良かったです。そして件の彼女がまだ生きていたことが一番の驚きでした。最後の出来事は次巻にどう影響してくるのでしょうか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 翡翠

    今回はほぼ1つのゲームで、舞台は孤島でルールが不確実な中で次々と殺されていく〈人狼ゲーム〉なのだが〈犯人役〉があの人だとはすぐ分かった。猛者のプレイヤー達が疑心暗鬼になりながら犯人を捜したり、〈犯人役〉が予想外の行動を起こしたり、幽鬼の他に色んな弟子がいてその因縁があったり、最後に師弟の関係など色々と良かったねぇ。次回はまさかの学校編があるので今までに夜でしか活動してなかった幽鬼がどのような生活を送っているのか気になりますね。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2023/04/25
  • 定価
    726円(本体660円+税)
  • ISBN
    9784046824059

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK