男子禁制ゲーム世界で俺がやるべき唯一のこと 百合の間に挟まる男として転生してしまいました 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

男子禁制ゲーム世界で俺がやるべき唯一のこと 百合の間に挟まる男として転生してしまいました 1

絶対に百合にはなり得ない新感覚の学園バトル&ラブコメ!
端桜 了 (著者) / hai (イラスト)
シリーズ:男子禁制ゲーム世界で俺がやるべき唯一のこと(MF文庫J)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

男子禁制のゲーム世界に、どんなルートでも破滅確定のお邪魔キャラとして転生してしまった俺、ヒイロ。
迫りくる死亡フラグを回避するには強くなるしかない。そんな必死の努力を重ねた影響か、エルフの姫ラピス、メイドのスノウ、妹のレイ、主人公キャラの桜など、ゲームのヒロインたちから好意を寄せられることに……。
このままでは「百合の間に挟まる男」認定されて抹殺されてしまう! やっぱり死ぬの? どうする俺!? 
さらに、俺というイレギュラーをめぐって彼女たちが争いはじめて……って、女の子同士が仲良くなる設定はどこいったんだよ。
百合の間に挟まる男は●ね!

みんなのデータ

  • 19
    評価する
  • 12
    読みたい

みんなからのレビュー

  • オセロ

    99円セールだったので購入したのですが面白かったですね。百合を愛する男が百合の間に挟まれて死ぬ役の三条燈色に転生するファンタジー。死ぬ運命を回避しようと強くなろうとする過程で出会うヒロインたちの好感度が無意識に上がっていくお決まりの展開でしたが、緋色が百合を愛するあまりの拒否反応が半端なくてツボ。そして予想以上に戦闘が多くて驚きましたね。タイトルで避けていたのですが、これは続きも楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    男子禁制の百合ゲーム世界に、どんなルートでも破滅確定のお邪魔キャラとして転生してしまったヒイロ。大好きな展開を愛でるために努力する彼が、なぜかヒロインたちに好かれてしまう学園バトル&ラブコメ。迫りくる死亡フラグを回避するために頑張ったら、エルフの姫ラピスやポンコツ師匠、嫌われていたはずの妹レイや、しれっと偽婚約者の座に収まったメイドのスノウ、主人公キャラ桜たちになぜか懐かれてしまうヒイロ。空回りする願いとは裏腹に、彼女たちのために奔走する姿がさらなるカオスを引き起こしてゆく展開はなかなか楽しかったですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★タイトルで敬遠していたのだが思っていた以上に面白かった。百合に挟まる男を蛇蝎の如く忌み嫌う主人公が、何の因果か百合ゲー世界の、百合に挟まろうとするお邪魔男性キャラに転生したことから始まる物語。正直に言うと、文章との相性があまり良くなく、ところどころ咀嚼できていない場面もあったのだが、百合への愛とハイテンションなコメディで最後まで押し切られてしまった感じ。それはそれで全然アリだったなと。付き合うことが秒読みの百合ップルの間に挟まるのは確かに禁忌で、わたしも苦手ではあるが、 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★★★☆ 面白かったです。 物語は男子禁制の百合ゲー世界に超嫌われ者の軽薄な男性キャラとして転生してしまったヒイロが、どう転んでも迎えてしまう死亡ルートを回避しながら自身の求める未来、無事にヒロイン達が百合エンドを迎える事が出来るように奔走するお話でした。 ゲームの世界に転生して原作知識を使って上手く立ち回る、という作品は割と見掛けますが、今作は他作品との差別化要因として百合ゲーへ転生してしまうという設定が付け足されています。これが面白い。主人公であるヒイロがなんやかんやとヒロイン達に懸想してしまう事→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひぃす

    百合ゲー愛好者の主人公が、百合ゲーのお邪魔キャラ男性に転生してしまい、死ぬことを回避しつつ、本来のゲーム通りの百合を成立させようとする話…なんだけど、割と序盤から、主人公だけが設定に捕らわれていて、周りは普通にラブコメやってるように見えるのがなんとも…。というわけで、個人的にはちょっと変わった設定のハーレムラブコメだと思って読んでます。というか、そういう読み方じゃないとツラいと思う。ギャグのノリが性に合うハーレム系が好きな人にはおすすめ。逆に百合を求める人は読まない方がいいかな…。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

関連情報

次にくるライトノベル大賞2023」受賞作特集

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2023/04/25
  • 定価
    770円(本体700円+税)
  • ISBN
    9784046824004

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK