王様のプロポーズ 4 黄金の神子
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

王様のプロポーズ 4 黄金の神子

無色、初恋の少女――彩禍とついに邂逅!?
橘公司 (著者) / つなこ (イラスト)
シリーズ:王様のプロポーズ(富士見ファンタジア文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

「スーに会いたかったんだよね……? ――おとうさん――」

はぐれ魔術師から偶然助けた少女――スーリヤ。彼女はアンヴィエット・スヴァルナーのことを父と呼び、甘えてきて!?
アンヴィエットは娘の存在を否定するも、隠し子発覚のニュースが駆け巡り!
〈庭園〉が騒がしくなる中、玖珂無色の前に融合したはずの彩禍が黒衣がいるにも関わらず現れ――。

「君はどちらにプロポーズするつもりなのかと思ってね?」
「俺は……どちらの彩禍さんも、等しく愛してみせますっ!」

初恋の少女との再会。プロポーズの約束を果たすため、〈庭園〉内で繰り返し発生する不可解な事件を解決せよ!

みんなのデータ

  • 9
    評価する
  • 8
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    はぐれ魔術師から偶然助けた少女スーリヤ。突然父と呼び、甘えてくる彼女の存在をアンヴィエット・スヴァルナーは否定するものの、隠し子発覚のニュースが駆け巡る第四弾。庭園が騒がしくなる中、黒衣がいるにも関わらず無色と融合したはずの彩禍が現れ、大真面目にプロポーズの約束を果たすために不可解な事件を解決しようとする無色。明らかになる彩禍とアンヴィエットの過去の因縁、事情を知った瑠璃は二人が大好き過ぎて、彩禍のためならどんな困難も乗り越える無色の頑張りがありましたが、事態に決着をつけた彩禍の優しさが効いていましたね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★今回メインとなるのは庭園の騎士アンヴィエット。彼の娘を自称する少女スーリヤと出会ったことから、彼と彩禍さんとの過去の因縁が紐解かれる4巻。面白かった。自分の娘ではないと拒み続けるものの、生来のお節介焼きのせいで決して見捨てはしないところがやっぱり彼の良いところだなあと。そんな彼の過去話はかなりキツいものがあったのだが、そこから完全無欠のハッピーエンドに導いてしまうのが、いつものことながら最高だなと。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    アンヴィエットの過去がしっとりすぎてて良い。 こんな耽美な王様じゃ世界滅ぼしてでも惚れるしかないわなぁ! 結末はドラクエⅣを思わせる。自身の幸せよりも仲間だった敵だった者たちの愛を優先する。それが出来るから主人公は世界のヒロインに恋が出来るのだ。 やはり作風として明るい展開が多いのだが、見え隠れしていた大人側の事情がフォーカスした今回は別の面白さが出てきたように思う。なんとなく悲恋になってもおかしくないと思うのは悲観しすぎだろうか……? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    アンヴィエットを父と呼ぶ謎の少女、スーリヤを保護する中、彩禍が突然無色から分離する今巻。―――願いを叶えるその力、今叶えるのは残された願い。 彩禍が復活したり瑠璃が物凄くデレたり、予想外の事態に振り回される中でアンヴィエットの過去に触れていく巻であり、男同士の譲れぬ感情が激突し合う熱さがある中に、相変わらずの面白さがある巻である。少しずつ世界の秘密も明かされていく中、少しずつ強くなっていく無色。果たして彼の進む先、其処に待っている展開とは。次なる災厄はどんなものか。 次巻も須らく期待であるべし。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    ★★★★☆ アン先生好きだわあ。無色としても男としてこれほど尊敬出来る人居ないんじゃないだろうか。絶対モテるだろ、この先生。故にこそ、結構隠し子疑惑って波紋を呼んだんじゃないの? にしても、子供いなかったはずなのに世話の仕方が甲斐甲斐しすぎてこれ生来の性格なのか? 元は王様だったというけど家庭的過ぎない? 絶対イイお父さんにしかならないよ。ラストの展開はかなりびっくりしたんだけれど、表紙絵を飾るヒロインが主人公のヒロインじゃないってのは中々斬新なんじゃないだろうか。でも好き。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK