ゲームで不遇職を極めた少年、異世界では魔術師適性MAXだと歓迎されて英雄生活を自由に満喫する スペルキャスターLv100
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ゲームで不遇職を極めた少年、異世界では魔術師適性MAXだと歓迎されて英雄生活を自由に満喫する スペルキャスターLv100

この異世界、ゲームよりおもしれー!!
神ゲー以上の体験が待つ、本物の『魔法世界』へ!
憧れの異世界を自由に満喫する、MMORPGライクファンタジー開幕!
著者: あわむら赤光 (著者) / ミチハス (イラストレーター)
シリーズ:「ゲームで不遇職を極めた少年、異世界では魔術師適性MAXだと歓迎されて英雄生活を自由に満喫する/スペルキャスターLv100」シリーズ

あらすじ紹介

この異世界、ゲームよりおもしれー!!
神ゲー以上の体験が待つ、本物の『魔法世界』へ!
憧れの異世界を自由に満喫する、MMORPGライクファンタジー開幕!


道成寺九郎は覇権MMORPG『アローディア』にハマる少年。呪文を音声入力しないと魔法が発動しない謎仕様の不人気職〈魔術師〉に、逆にロマンを感じ、百種の呪文を自在に暗唱できるまでやり込んだトッププレイヤーである。

そんな彼が最難関クエストをソロ攻略した瞬間、異世界に召喚されて――!?
「最高の魔術師適性を持つ九郎様に、究極魔法を創造して頂きたいのです」
「なにそれカッコイイ!」
あのゲームは『呪文詠唱の達人<スペルキャスター>』を選別する神の試練だったのだ!!
さぁ、神ゲー以上の体験に満ちた本物の魔法世界へようこそ!
憧れの異世界を自由に満喫する、MMORPGライクファンタジー開幕!!

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • アウル

    ゲームでは魔法を唱える際コマンドではなく実際に詠唱しなければ発動しないという使用から不遇職として扱われていた魔術師だったが、そんな魔術師を極めた主人公が異世界に召喚され究極な魔法を創る事になる物語。う~ん、個人的にはイマイチかな~といった感想。サクサクと読みやすいんだけれどもサクサクと行き過ぎて厚さがないというか薄い感じ。もうちょい深みがあったら良かったかなと~。あと今巻ではとりあえずキャラと世界観の紹介という感じのプロローグで次巻から話の本番といった所かな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    大人気ゲームで不遇の職業を極めた少年が、ゲームの元となった異世界へ召喚され究極の魔法を創る事になり始まる物語。―――見せてやれ、好奇と探求が極めた究極を。 無双も可愛いヒロインも熱いバトルも全部ある、正に王道を全部てんこ盛りにしたと言わんばかりの物語であり、王道に忠実であるからこそ安心して面白いと言える物語である。真っ直ぐな物語を読んでみたい読者様は是非。始まったばかりの異世界生活。守りたい人を守り、一つ強くなり。果たしてまだまだ道は五里霧中な中、少年は究極の魔法を創れるのか。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    ★★★☆ 実際に呪文詠唱を声に出して言わないといけない職は、流石に不人気になるも仕方なしじゃね? あわむら作品、軽妙なのは結構多いけれどこれだけ主人公がノリノリで地の文もノリノリでライトに振り切っているのは珍しいかと。とはいえ主人公ノリは良くてもふざけてたり不真面目ではなく、むしろゲーム廃人として実にストイック。異世界でリアル化したゲームの差異を偏執的なまでに検証したり、ゲームの方でも他人の情報ではなく自分で培い確かめたモノで強くなってるんですよね。そういう意味では極めて楽しく努力できるタイプだよなあ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    俺TUEEE、可愛い女の子との邂逅、強敵との対峙、主人公の固有スキルによるバトル、そして窮地に立たされた女の子を救う。タイトルから想像して望むものは全て押さえられているのでは? その辺は流石のあわむらさんで安定している。女性陣が207cmの女神と3歳年上のメインヒロインなので、おねショタ的な要素も。主人公は14歳で個人的にはショタ感はあまり感じなかったが、からかい上手のお姉さんが好きなら刺さりそう。主人公の絶妙な厨二感と少年らしい無鉄砲さが相まってカッコいいところはあった。楽しさを極めて世界を救ってくれ! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 石束鳳碩

    魔法は無詠唱が基本の異世界モノが標準になってる中で、厨二病に刺さる詠唱ありの魔法も好みなので、呪文を詠唱して魔法を使うをメインにしてる作品かと気になり読んでみたけど、正直期待外れもいいとこ。主人公はネットスラング多めな三下な喋り方してるし、ヒロインとのからかわれ多な掛け合いは読んでてキツイし、詠唱はどれも一行程度の短文で詠唱とも呼べず厨二病的にも浅すぎるし、出てくるキャラは読み飛ばしたか?って程唐突に話に割り込んでくるしで総じて微妙。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2023/03/15
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784815617561

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK