灰原くんの強くて青春ニューゲーム 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

灰原くんの強くて青春ニューゲーム 4

寄せ集めバンドによる一度きりの文化祭、開演!
雨宮和希 (著) / (イラスト)
シリーズ:灰原くんの強くて青春ニューゲーム(HJ文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

寄せ集めバンドによる一度きりの文化祭、開演!

夏休みの一幕を経て陽花里との距離が急速に縮まった夏希。その一方で詩からの積極的なアプローチも続き自分の気持ちに迷う中、夏希は夏休みの旅行で仲良くなった芹香からバンドに誘われる。
心から音楽を愛し「一緒に世界を変えよう」と絡んでくる芹香の熱意に絆され、文化祭ライブへと動き始める夏希。加えて彼女が作ったオリジナル曲の作詞を夏希が担当することになって!?

「この曲を、俺が好きな女の子に捧げます」

文化祭という青春の特等席で歌う夏希の想いが向かう先は――?

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 6
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    【BW】寄せ集めの仲間とバンドを結成し、練習を重ねて文化祭でライブ。学園青春ものの花形イベントといえばこれでしょう。一巻から積み重ねてきた夏希たちの思いが花開き、結実に向けて迎えた本巻のクライマックスも、それが大いに盛り上げていたと思います。恋に一区切りが付いた今回ですが、手放しに喜べないような一抹の不安が残ります。夏希たちそれぞれがまだ心に抱えるものが残っていて、これから先『いつもの仲良しメンバー』はどんな関係を築いていくのでしょうか。今後の展開がとても楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    心から音楽を愛して「一緒に世界を変えよう」と絡んでくる芹香の熱意に絆され、文化祭ライブへと動き始める夏希。加えて彼女が作ったオリジナル曲の作詞を夏希が担当する第四弾。夏休みの一幕を経て陽花里との距離が急速に縮まる一方で、詩からの積極的なアプローチで自分の気持ちに迷う中、バンドの活動にのめり込むようになってゆく夏希。芹香もなかなか魅力的なキャラっぷりでしたけど、音楽に想いをぶつけて三角関係についてもあるべきところに収まった感じですかね。むしろそれによって変わってゆく様々な距離感が気になるところではあります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    詩と陽花里の好意に気付きながらもどうするのがいいのか分からなくなった夏希。そんな時に音楽の趣味で意気投合した芹香と文化祭に向けてバンドを組むことになった夏希は自らの想いを綴った歌詞を乗せた曲で想いを伝えることを決意する。軽音部に馴染めないベースの篠原とドラムの岩野先輩を仲間に加え、練習を通じて彼らが音楽にかける熱量は熱く、幕間で語られるそれぞれの心境は恋愛への真剣さが伝わるもので。そうして迎えた文化祭は青春そのものでしたが、変わってしまった人間関係がどうなるのか今後の展開が楽しみでもあり不安でもあります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★めっちゃんこ良かった。溢れ出す青春のキラキラで脳髄が灼かれた。陽花里と詩、異なる魅力を持つ少女たちから向けられる好意を前に、尻込みをする主人公。そんな彼を「一緒に世界を変えよう」とバンドに誘う芹香。それを契機に自分の気持ちと向き合っていくという内容。誰かを選ぶということは別の誰かを選ばないということ。シンプルが故に残酷な真理を突き付けられるのは、当事者でなくてもやっぱりツラい。だからこそ、主人公の選択を助けるガジェットとして「音楽」を持ってきたのには納得感しかなかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • rotti619

    タイムリープした夏希による無双物語、ではなくそのハイスペックさと中身のギャップに苦しむお話第4巻。夏休みで詩・陽花里との距離が縮まり、その気持も理解した今、文化祭で結論を出すことになる。3巻で登場した本堂芹香の誘いでバンドを組むことになるのだが、その過程と仲間との絆を深める流れとクライマックスのライブシーンは、定番ではあるが熱い展開で非常に楽しめた。その上で夏希が出した結論は、意外な事にハードランディング。はっきりしないのも良くないが、まさかここまでバッサリ行くとは。この状態で続く5巻は苦難が予想される。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2023/03/01
  • 定価
    737円(本体670円+税)
  • ISBN
    9784798630946

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK