七つの魔剣が支配する 11
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

七つの魔剣が支配する 11

学園を離れ旅行に赴くオリバー達。世界の美しさと残酷さが彼らを待つ――。
宇野朴人 (著者) / ミユキルリア (イラスト)
シリーズ:七つの魔剣が支配する(電撃文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

★TVアニメ2023年7月放送開始の魔法学園ファンタジー★

 四年生への進級を控えたオリバーたち。恒例の長期休暇に、彼らは仲間の故郷への帰省旅行を計画した。剣花団のメンバーにテレサとマルコを加え、連合各国を巡る船旅が始まる。

 旅先でキンバリーの面々と遭遇しながら、やがてカティの故郷、連合北方の湖水国へと到着する一行。広大な森林と無数の湖、人里の間近に息づく湖竜、本来の姿を保ったままの亜人種の集落――数々の光景が彼らを圧倒する。そんな中、逗留先のアールト家では、異端が絡むカティの両親の過去を知ることになる。

 旅は進み、一行はシェラの実家、大英魔法国南部の旧家マクファーレン家を訪れる。シェラの母の豪快な性格に振り回されながら忙しなく過ごす中、彼らは一風変わったケンタウロスと出会い――。

 ファン必見! ゴッドフレイ統括と生徒会メンバーの過去を描く外伝『七つの魔剣が支配する Side of Fire 煉獄の記』も同時発売!

みんなのデータ

  • 9
    評価する
  • 6
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ばたやん@かみがた

    《約束された悲劇》登場人物も読者も息抜きの感。「湖国」は、名前とサウナ登場でフィンランドのイメージ?大阪はイタリアなのか…ロッシ兄弟のボケ突っ込みは漫才そのもの。しかし、少年少女各々が背負った宿命、悲劇性が、理解の外にある〈異端〉という作中設定と相まってどんどん作中の彼らを追い込んで来ているのが了解される。本巻は、彼らがカタストロフへ陥る前のせめて骨休めということは作者も隠していない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    四年生への進級を控えたオリバーたち。恒例の長期休暇に、彼らは仲間の故郷への帰省旅行を計画した。剣花団のメンバーにテレサとマルコを加え、連合各国を巡る船旅が始まる第十一弾。カティの故郷、連合北方の湖水国でカティの両親が語る異端が絡む過去の悔恨。英魔法国南部のシェラの実家で出会った豪快なシェラの母とケンタウロスの英雄と戦ったエピソード。満喫する仲間たちの様子だったり、オリバーに対する二家の評価も興味深かったですけど、各キャラの掘り下げもさらに進んで、マルコとテレサそれぞれのエピソードもなかなか良かったですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • くんぴー

    面白かった!今回はキンバリーで過ごす彼らにとっての長期休暇。剣花団のメンバーと共にカティとシェラの実家へいく。カティの実家は想像以上に生物に囲まれていて驚いた。カティの両親の想い、そしてオリバーの想い。どちらも両親、そして魔法使いという点で理にかなう思い。また、人語を話すマルコのあり方、そして今後の人権運動への考え方なども、いろいろ考えなければならない部分があり、興味深い。シェラのお母さんはキャラがすごく、圧倒された。グノーシスとの交戦も良い経験になったと思う。続きも楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    四年生へと進級する前の長期休暇も迎えたオリバー達は仲間の故郷への帰省旅行に行くことに...な第11巻。三人討たれたという事で教師側も色々と動き始めてきたな。しかもこの旅行が穏やかに過ごす最後の時間になるかもと相当不穏な感じになってるし。ついにキンバリーの外について書かれたな喜ばしいだけではなくて考えさせられる様な問題があったりと中々にきたで。果てさてどうなっていくのか次巻以降も楽しみだわ。外伝も同時発売したしそちらも読まないとな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • きんばら いつき

    ラノベだがテーマが重いのがよい。人語を話す異人種は、よくも悪くも種の運命を背負うことになる。彼の言動により、種のイメージが変わる、ひいては未来も変わる。よかれと思って人語の理解を進めたことが、想像より遥かに大きな事態を招いている。そして、人間によい影響を与えるため、自らの脳みそを弄るという発想の異人種がいるのにも驚いた…。人間以上の知能を持った種族が現れた場合、同じことを考える人間もいるのだろうか…? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2023/03/10
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784049149340

関連サイト

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK