継母の連れ子が元カノだった 10 手を伸ばせれば君がいる
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

継母の連れ子が元カノだった 10 手を伸ばせれば君がいる

今ふたたび、好き同士。TVアニメ放送大好評御礼!
紙城境介 (著者) / たかやKi (イラスト)
シリーズ:継母の連れ子が元カノだった(角川スニーカー文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

再び恋人同士になった結女と水斗は――浮かれていた。一つ屋根の下に恋人がいる新しい日常に!
両親に隠れてイチャつき、「もう少しだけ……独り占めにしたくて。ダメ?」友達にもしばらくは内緒。
秘密の関係を噛みしめる一方、“家族”としてのボーダーを超えられない環境に焦れてもいた。
バレンタイン・ホワイトデーは恋人らしく楽しんで、期末試験を支え合って乗り越えても、お互いにあと数センチ手が伸ばせず……。
「結婚記念日だからね。遅めの新婚旅行に行こうと思うんだ」
 ついに訪れる、両親不在の三日間。
でも――自分から誘ったら負けなのでは!? 恥じらいと意地、根比べの行く末は!

みんなのデータ

  • 39
    評価する
  • 24
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    【BW】最終章を読み終え、「手を伸ばせば」ではなく「手を伸ばせれば君がいる」という副題が、物語の一つの到達点である今回にいかに相応しいものであるかを感じ、そしてその意味の深さに感銘を受けています。水斗と結女のこれまでの積み重ねが綺麗な花を咲かせた今回は、二人の新らしい関係性が確固たるものになったことを強く印象づけてくれました。進級して二年生になった彼らが、これからどんな学生生活を送っていくのか。続きを楽しみにしています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    再び恋人同士になって、一つ屋根の下に恋人がいる新しい日常に浮かれる結女と水斗。秘密の関係を噛みしめる一方、家族としてのボーダーを超えられない環境に焦れる第十弾。両親に隠れてイチャつき、友達にもしばらくは内緒。バレンタイン・ホワイトデー・期末試験などがある中で、繊細な心理描写を積み重ねて描かれてゆくカップルたちそれぞれの変化。もう何でも題材にしてしまういさなとか、結女によるいさなと水斗の距離感判定には思わず笑ってしまいましたが、少しずつ意識してゆく中で挿入される両親不在の三日間がほんと良かったですね(苦笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    互いの好意を受け入れ、再び恋人になった水斗と結女。友人達にもしばらく秘密にしながら 恋人らしく過ごしていたものの、家族としてのボーダーを越えられないでいて。そんなある日、両親が新婚旅行に出かけることになった2人の運命は? バレンタインやホワイトデーを通じて水斗と結女はもちろん小暮や暁月達のカップリングにも動きがあって、中でも紅さんは報われて良かったなと。そして迎えた両親が新婚旅行で不在の夜は互いの心理描写を交互に描きながら、その時を迎える瞬間はドキドキが止まりませんでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★開始数十ページ目で既に瀕死状態だった。紆余曲折あって…本当に紆余曲折、悲喜交々あってようやく再び付き合いだした二人。1回目の時を反省して、この9か月の関係の延長線上に交際を始めている感じが随所に出ていて読者が求めていることを十二分に提供してくれているのが最高すぎる。水斗と結女のカップルだけでもそんな感じなのに、それに加えてこれまで登場していた残り3組も本気で読者を殺りにきていて、終始、顔のニヤケが止まらなかった。何度、本を置いて叫びだしたくなる衝動を抑えたことか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひぃす

    恋人関係に戻った結女と水斗は、遂に一歩先へ。正直、この環境だと関係もった後の方が大変よね…。我慢して欲求不満を抱えるのか、タガが外れて関係露呈に向かうのか…。しかし、初体験に向けて「誘った方が負け」って思想でやりあってますが、どう考えてもきちっと誘った方が大人で功労者だよなぁ。本当に面倒くさい子達だ。さて、話としてはそろそろ終盤なのかな。それぞれのカップルが一気に収まるところに収まりだした巻。そして、唯一その恋愛旋風の外にいた蘭の様子が…。でも、どう絡んでくるんだろう…。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

関連サイト

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK