武器に契約破棄されたら健康になったので、幸福を目指して生きることにした 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

武器に契約破棄されたら健康になったので、幸福を目指して生きることにした 1

超病弱から一転、健康に! 膨大(ぼうだい)な魔力を使って自由に生きる!
著者: 嵐山 紙切 (著者) / kodamazon (イラスト)
シリーズ:武器に契約破棄されたら健康になったので、幸福を目指して生きることにした(MFブックス)

あらすじ紹介

代々騎士であるレズリー伯爵家の長男・ニコラは、幼い頃から膨大(ぼうだい)な魔力に体を蝕まれ、ろくに運動もできなかった。
『人格を持った道具(サーバント)』と契約すれば魔法が使えるはずだったが、ニコラが契約した武器のサーバント・カタリナはほとんど協力してくれず、彼は体内の魔力を放出できずにいた。
家族からも冷遇され辛い日々を送っていたニコラはある日、ありもしない理由をつけられ、父とカタリナに殺されかける。
武器との契約を破棄され家を追放され、ニコラは遠く離れた場所で目を覚ますと、自分が健康体になっていることに気がつく。
その上、彼はなぜだかサーバントとの契約なしに一人でも魔法が使えるようになっていた――!
「この膨大な魔力を使って、次こそ幸福を目指して自由に生きよう!」
健康になった少年の、魔法を研究しながら自由を謳歌する生活が始まる!

パートナーのおすすめレビュー

  • 健康になった身体で新たな人生がスタート! 自由を謳歌するッス!!

    ディアナ
    ディアナ
    貴族の少年ニコラは膨大な魔力に身体を蝕まれ、週の半分をベッドで寝て過ごすほどの病弱なんス。そのせいで家族からは冷遇され、辛い日々を送っていたある日、ついに家を追放されてしまうんスよ。

    だけどその後、遠い場所で目覚めたニコラは、不思議なことに健康体になっていたんス。持ち前の膨大な魔力を自由に使いこなせたなら、怖いものなしッスね! ってことで、辛い日々から解放されたニコラは、ここから新しい人生を歩み始めるんスよ!

    病弱だった頃のニコラは魔法の修行ができなかったから、健康になって自由に魔法が使えるようになると、すごく熱心に研究を始めるんスよ。

    魔物が大量発生する森をショートカットする必要があれば、得意の水魔法の出番ッス! 水を温めることで蒸気を発生させ、それを両手に持った剣の鞘の中で行えば、魔法のジェットの完成ッス! 試行錯誤の末に完成させた魔法で空を飛ぶなんて、ロマンあるッスよね~!

    そんな感じでニコラは自由に動く身体を使って、魔法の研究をしたり、冒険者としてお金を稼いだりしながら、解放感いっぱいに自由を謳歌していくんスよ。さんざんな人生を送ってきたニコラには、これから幸福を掴んで欲しいッスね!
  • サーバントなしでも最強!! 熱いバトルに興奮が止まらない!

    レオン
    レオン
    この世界では『人格を持った道具(サーバント)』という存在がいて、人間は彼らと契約することで魔法を使えるようになるんだよ。サーバントの形は剣やペンなど様々なんだけど、人間と契約すると人型に顕現でき、常に傍らに控える存在になるんだ。唯一無二の相棒って感じですごく良いなぁ!

    ニコラにもカタリナっていう剣の美人なサーバントがいたんだ。けど、ニコラのことを見下していて、良好な関係とはいえない。さらにニコラが家を追放されたときに、カタリナとのサーバント契約も破棄されてしまう…。

    だけど不幸中の幸いか、ニコラが気付いたときにはサーバントなしでも魔法が使えるようになっていたんだ!

    それからニコラの才能はどんどん開花し始める。遠距離型サーバントを持つ熟練の冒険者たちが数人がかりで倒す魔物に対して、ニコラはたった一人で敵に接近。魔道具の火剣を突き立てて魔力を流し込み、自分の身体が炎に飲まれようとも敵が倒れるまで燃やし尽くす! 当然ニコラも無事じゃないんだけど、火の熱さは得意の水魔法で氷を創り出すことで凌ぐんだ。サーバントいらずなニコラの膨大な魔力の才能が、花開く瞬間がたまらなくて、胸が熱くなる物語だよ!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • たてつ

    ウェブ版は未読で、本屋であらすじに魅かれて読みました。よくある成り上がりなのかもしれませんが、文章も読みやすく、主人公が悲観的でもなく、前向きで好感が持てるので、気持ち良く読めました。1とあるので、次巻を期待しています。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2023/01/25
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784046821027

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK