週に一度クラスメイトを買う話~ふたりの時間、言い訳の五千円~
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

週に一度クラスメイトを買う話~ふたりの時間、言い訳の五千円~

気まぐれな女子高生の日常は、少しずつ変化していく。
羽田 宇佐 (著者) / U35 (イラスト)
シリーズ:週に一度クラスメイトを買う話(富士見ファンタジア文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

彼女――宮城は変だ。週に一回五千円で、私に命令する権利を買う。一緒にゲームしたり、お菓子を食べさせたり、気分次第で危ない命令も時々。秘密を共有し始めてもう半年経つけれど、彼女は「私たちは友達じゃない」なんて言う。ねぇ宮城、これが友情でないのなら、私たちはどういう関係なの?

 あの人――仙台さんでなければいけない理由は、今も別にない。私のふとした思い付きに彼女が乗った、ただそれだけ。だから私は、どんな命令も拒まない彼女を今日も試す。……次の春、もし別のクラスになったとしても彼女はこの関係を続けてくれるだろうか。今は、それがちょっとだけ気がかりだ。

パートナーのおすすめレビュー(宣伝)

  • お金で買う”友情”ってどんな感じ?

    綾乃
    綾乃
    陽キャで才色兼備な仙台さんとちょっと根暗で変わった雰囲気の宮城さん。正反対な二人は、放課後宮城さんのお家で一緒に遊んだりするような仲なんだけど、普通の友達ってわけではないみたい。だって二人で過ごす時間には、「五千円」というお金が発生しているんだよ!?

    宮城さんは五千円を支払って、「仙台さんに命令できる」権利を買っているの。宿題を代わりにやってもらうといった軽い命令から、「えっ!? そんなことまで!?」ってちょっぴり過激なものまで……。あのキラキラした仙台さんが、自分なんかの命令を聞いているっていう状況に、ドキドキしている宮城さん。その危ない思考に、わたしの方がドキドキしちゃったよ〜!

    でもね、仙台さんにとっても宮城さんと過ごす時間は居心地が良いの。学校の友達と違って流行のドラマを見て、話を合わせる必要もない。気を使うことがなく、本心でいられるからね。

    スクールカーストの異なる二人は、本来だったら関わりあうこともなかったはず。五千円というお金が、そんな見えない壁を壊してくれたのかも? だけど、これが健全な関係とは言い難いし……。お金と友情について、すっごく考えさせられちゃうなぁ。
  • 「知り合い以上友達未満」なふたりの関係は…?

    華恋
    華恋
    放課後にお金を払って命令したり聞いたりする、びっくりな関係の宮城さんと仙台さん。ですが、この二人は言うほど怪しいコトはしていませんよ♪

    命令と言っても、一緒にゲームで遊んでもらったり、少々過激な恋愛漫画を読み聞かせしてもらったりと、女の子同士のちょっとしたお遊びみたいなものなんです。きゃっきゃうふふで実によきですね〜。

    だけど、どこまで命令を聞いてもらえるのか気になった宮城さん。命令の内容がちょっとずつ過激になっていくんですっ! 仙台さんの腕にキスマークをつけたり、彼女の体に隠した消しゴムを探すといって、スキンシップをしちゃったりもするんですっ!

    命令を重ねていくうち宮城さんは、学校では決して出さない仙台さんの姿や、自分の前だけに見せてくれる素顔にドキドキし始めちゃいます。さらに宮城さんだけでなく、仙台さんも命令されるのを楽しむようになっていって……。命令に、より一層のめり込んでいく二人の関係は、いったいどうなってしまうんでしょうか!?

    秘密の命令で繋がる女の子たちの放課後は、まるで女子高生二人だけの世界を覗き見しているかのよう。とっても、背徳的な気分になれちゃいますよ♪

みんなのデータ

  • 31
    評価する
  • 59
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    標題通り、とある切っ掛けで高校2年の女子・宮城が、一回五千円で同級生女子の仙台さんを買うお話し。友達でも恋人でもない、かといって赤の他人でもない二人が”売買契約”のもとに交流を深めていくうちに、何となくお互いがお互いの居場所になっていく。そんな二人の様子が淡々と綴られていく様子が、実に美しく心に突き刺さります。名前の付けられない関係の彼女たちが最後に行った行為は、二人のあり方を変えていくに違いない。二人がこらからどんな関係になっていくのか。続きを楽しみにしています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    ふとしたきっかけから、1回五千円で週に1~2回、同級生の宮城の部屋で命令される権利を行使される仙台。いつしか気まぐれな彼女の日常に振り回されるようになってゆく青春小説。一緒にゲームしたり、お菓子を食べさせたり、気分次第で危ない命令も時々。秘密を共有し始めて半年経っても、友達でも恋人でもないそんな曖昧な関係。ストレスの溜まる学校生活や家庭環境に疲れて、なのに居場所となりつつある宮城の考えていることが分からないことにイライラする展開は分かる…と思いながら読みましたが、踏み込んでここからどう変わるのか期待です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★☆め…めんどくせえええええ。スクールカースト中の下である宮城さんが、決して交わることのなかったスクールカースト上の下である仙台さんの放課後を1回5000円で買い取ることから、二人っきりの名前のない関係が始まるという物語。この形容しがたいぞわぞわした感覚はなんなんだ。「命令」という暇つぶしの延長線のような、たまに危なっかしいお遊びによって繋がる奇妙な関係が淡々と描かれていくのだが、これが快と不快の間を行ったり来たりしていて妙に落ち着かない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 翡翠

    百合百合しい作品かなと思ったら全然そんなことなかったけど最後まで読むとこれはこれで良きの百合!最初は命令で足を舐めるところから始まって色んなプレイをする。その時のお互いの感情を上手く表していて週1に1回しか会わない距離の関係も良かった。友達でもないもどかしかった関係が最後に足を踏み入れたのでこれからどうなるか楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ユウ@八戸

    週に一度、クラスメイトを5千円で買う話。盛り上がりもないしふたりは女子高生らしくひねくれてるし文章も淡々としてるのに、続きが気になって読む手が止まらない。背徳的で、官能的でもあるお金を払った『ふたりきり』の空間にとても心打たれました。宮城、めちゃくちゃひねくれてるけどな。仙台さんもスクールカースト上位で真面目だけど家庭がアレという、似てないけれど似た者同士な関係がおもしろい。友達ではない関係から少しだけ進んだふたり。2巻が来月出るので楽しみに待ってます。『実は寂しがり屋』という注釈が全て物語ってる宮城。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

関連情報

次にくるライトノベル大賞2023」受賞作特集
ファンタジア文庫『週に一度クラスメイトを買う話 ~ふたりの時間、言い訳の五千円~』キミラノ試し読み
おすすめ百合ラノベ

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK